1. トップ
  2. コラム
  3. 不登校について〜キズキ共育塾の事例から〜
  4. 「学校に行きたくないけど行かなきゃ」な気持ちと向き合う6つの方法

「学校に行きたくないけど行かなきゃ」な気持ちと向き合う6つの方法

2017年12月4日 月曜日 投稿

2021年4月20日 更新

「学校に行きたくないけど行かなきゃ」な気持ちと向き合う6つの方法
こんにちは、学校に行きたくない方々の勉強やメンタルを完全個別指導で応援するキズキ共育塾の岡田和哉です。

学校に行きたくなくて、でも「行かなきゃいけない」とも思っていて、悩んでいます。

「学校に行きたくない」…そう思ったことは、多かれ少なかれ、誰にでもあります

学校に行きたくなくなるきっかけや理由は、次のようにたくさんあります。

  • 外が寒くて布団から出たくない
  • 髪を切りすぎた
  • 宿題が終わっていない
  • 嫌いな科目の授業がある
  • 教室に居場所がない
  • 理由を言葉にできないけれど、どうしても行きたくない…

この記事は、次のような方に向けて書いています。

  • 学校に行きたくないけど、でもがんばって通学している人
  • 学校に行きたくないと思ったことが少しでもある人

この記事を読んでわかること

  • 学校に行きたくない気持ちと向き合う方法
  • 小中高別・学校に行きたくない気持ちの解決法
  • (親御さん向けに、)学校に行きたくない子どもへの接し方

この記事を読むことで、あなたの、「学校に行きたくない気持ち」を抱え続ける状況を変えるきっかけが見つかると思います。

「次の一歩」を見つけませんか?

無料相談で、「あなたのための、状況を変える方法」を一緒に探します

キズキ共育塾を詳しく知る

【関連動画】「学校に行きたくない!」そんな気持ちと向き合うにはどうする?

↑動画では、このコラムの内容に関連して、キズキ共育塾のスタッフが中学校に行きたくなかったときの話、自己肯定感を身につけた方法などを語っています。
ご興味がありましたら、ぜひご覧ください。

学校に行きたくない気持ちと向き合う6つの方法

学校に行きたくない気持ちと、どう向き合えばいいんでしょうか。
主な6つの方法を紹介します。

方法①学校に行くプラスとマイナスの部分を比べて、折り合いをつける

学校に行くプラスとマイナスの部分を比べて、折り合いをつける

あなたにとっての、次の2つを比べてみてください。

比べるもの

  • 学校に行くプラス・ポジティブな部分(楽しさ・価値・いい意味など)
  • 学校に行くマイナス・ネガティブな部分(行きたくない気持ちを抱えながら学校に行く努力・苦労・大変さなど)

「学校に行きたくない」と思いながら学校に通い続けるには、努力が必要です。

あなたは、次のような状態ではありませんか?

「学校に行きたくない」と思う一方で、「学校には○○な価値があるから、行かなきゃいけない」という思いもあるために、努力して通い続けている。

「学校に行きたくない」という言葉は、月間数万回も検索されていて、ツイッターにも日々たくさんの声が投稿されています。

あなたと同じように、多くの人が「学校に行きたくない気持ち」を抱えながらも、「学校に行く価値」のためにがんばって学校に通っている、ということです。

例えば、次のような感じです。

  • 学校には嫌なところもあるけれど、全てが嫌なわけではなくて、好きなところもある
  • 親の期待に応えたい
  • 学校に行かないのは逃げているようで嫌だ
  • いま在籍している学校をどうしても卒業したい

「学校に行くこと」に「努力と見合う価値」があるのかを考えることが大切です。

ポイント

「学校に行くこと」について、「プラスマイナスで考えて、学校に行くことにプラスが多い(大きい)場合は学校に行き、マイナスの方が多い(大きい)場合は行かない」という選択もありえます。

別の言い方をすると、「学校に行くこと」に「努力と見合う価値」がないようであれば、「学校に行かない」ということです。

そうカンタンには選べません…。
そんな人は、プラスとマイナスに折り合いをつけるために、マイナス(努力・苦労・大変さ)のハードルを下げることで気持ちのバランスをとってみましょう。

例えば、次のようなイメージです。

  • テストの目標を10点下げてみる
  • 人の輪に無理に入らない時間をつくる
  • 苦しくなったら保健室登校や早退をするようにする
  • 朝がつらいなら遅刻もしてみる
  • 調子が悪いなら2、3日学校を休んでみる
ポイント

「学校に行くのは大変だけど、マイナスよりも大きなプラスがある」と思えた場合は、「自分は価値あることのために努力している」という感覚を持てて、気が楽になります。

また、「学校には『プラス部分』のために通っているんだ」と割り切れたりすることで、肩の荷を下ろすこともできます。

そして、「マイナスに見合うプラスがない」場合は、学校を休んで、「じゃあ次にどうするか」ということを前向きに考えましょう(心身がすでにかなり不調な場合はまず休養が大事ですので、焦らず、調子がよくなってからから次のことを考えましょう)。

【補足:筆者の思い】

私は、高校がすごく息苦しい場所でした。ずっと人目を気にしながら過ごしていて、一日中緊張していなくてはならないような状態で、すごく無理をして学校に通っていました。そして「学校に行きたくないなあ」と毎日毎日思い続けていた私はある日突然学校に行けなくなって、そのまま不登校となり中退、そして引きこもりになりました。こうした経験もあるからこそ、私は、「学校に行きたくない人は無理に行かなくてもいい」と思っています。

方法②学校に行かなかった人の価値観に触れる

世の中には、有名人を含めて「学校に行かなかった人」がたくさんいます。

学校に行きたくないあなたには、学校に行かなかった有名人のインタビューなどを読んでみてほしいです。

探し方の例

インターネットで、「不登校 芸能人 インタビュー」「不登校 有名人 本」などでネット検索すると、見つかります。

有名人は「特別な人」で、自分とは違うから、生き方の参考にならないんじゃないでしょうか?
直接の参考になるとは限りませんが、「学校に行かずに生きてきた人」の考え方や価値観に触れてみることに意味があります。

あなたは、次のように思っていませんか?

  • 学校には、絶対行かなくてはいけない
  • 学校に行きたくない、けど行かないと人生が終わってしまう

そんな悩みや迷いがあるときに新しい価値観に出会うことは、解決のヒントに繋がることも多いのです。

方法③相談できる人を見つける

相談できる人を見つける

自分のことを相談できる人を探してみましょう。

相談には次のような効果があり、一人だけで悩むよりもずっとオススメです。

相談の効果

  • 悩みに対する直接的な「答え」が見つかる
  • 答えが見つからなくても、人に悩みを話すだけで気が楽になる

身近な相談相手の候補としては、次のような人たちがいるでしょう。

身近な相談相手の例

  • 親・きょうだいなどの家族
  • 友人
  • 学校や塾の先生
  • 保健室の先生やスクールカウンセラー

身近な人に相談するのは、ちょっと恥ずかしいです。
公的機関やNPOなどが行っている、電話、メール、LINE、ネット掲示板などの相談先もあります。

探し方の例

インターネットで「○○市(県) 中学生 悩み相談」「厚生労働省(文部科学省) 高校生 悩み相談」のような検索をしてみましょう。お住まいの地域・年齢・お悩みに応じて、様々な相談先が表示されます。

なお、相談相手が身近かどうかに関わらず、「自分のことを人に相談すること」に抵抗感のある人もいるでしょう

  • 自分の悩みは自分で解決しなきゃと思う人
  • 相談するほどのことではないと思う人
  • 相談することが恥ずかしいと思う人
  • 相談しても解決しないと思う人
  • どんな言葉が返ってくるか不安な人

私も、人に悩みを相談するのは昔から苦手でした。

ただ、大人になったいまは、次のようなことがわかってきました。

  • 相談すると、自分では気づけないアドバイスをもらえることがある
  • 相談して悩みを聞いてもらえるだけで心が晴れることがある
  • 誰かに話そうとすることで、自分の悩みを自分で整理できて、自己分析のきっかけとなることがある

「自分だけで思い詰めないでほしい」というのが、誰にも相談できずに不登校となった私からのアドバイスです。

方法④学校以外の居場所を探す

「学校(授業、クラス)に行けなくなったら、ここに行こう」という「居場所」を探してみましょう。

学校内の居場所の例

  • 保健室
  • 図書室

授業の時間帯での利用方法や許可は、担任の先生、学年主任の先生、保健室の先生、怖くない先生などに相談してみましょう。

また、居場所の候補は、学校の外にもあります。

学校外の居場所の例

  • 習い事
  • 趣味の団体
  • 学習塾
  • フリースクール
  • (高校生年齢なら)アルバイト先
探し方の例

インターネットで「○○市 昼 習い事(○○教室、○○サークル)」「○○市(県) 中学生 居場所(フリースクール)」のような検索をしてみましょう。

気になるところが見つかったら、一度試しに行ってみて、次のようなことを確認してみてください。

確認事項の例

  • 安心できそうな居場所か
  • 自分の好きなことが思いっきりできそうな居場所か
ポイント

「学校や教室以外にも、居場所がある」と安心することで、「学校に行きたくない気持ち」を和らげることができます。

また、もし本当に学校に行けなくなったときにも、居場所がなくて困ることがなくなります。

それに、見つけた「居場所」は、「学校(教室)に行かない場合の、学校に代わる居場所」になるだけではなく、「学校に行っている場合の、学校に加えた新しい居場所」になることもあります。

自分を表現できる「居場所」が学校以外にあれば、前向きな気持ちを持つことに繋がっていきます。

自分に合う「居場所」を探してみましょう。

【補足:筆者の経験】

「新しい居場所」では、「新しい自分」に出会えることもよくあります。
例えば、私が中学時代に通っていたサッカーのクラブチームでは、チームメイトが「ここだとオレは学校とキャラが変わるんだよな」と不思議がっていたことを覚えています。チームメートのみんなにとって、クラブは、「学校とは違い、自分を飾らなくていられる居場所」だったのだと思います
また、私の場合は(これは大人になってからですが)月に数回行っていたフットサルが楽しみで、いろんなことをがんばれたということもありました。

方法⑤「いま在籍している学校」に行かない選択肢を調べる

「いま在籍している学校」に行かない選択肢を調べる

「いま在籍している学校」に行かない場合の選択肢を調べてみましょう。

人生には、学校以外の選択肢も、意外とたくさんあるのです。

キズキ共育塾の生徒さんや講師だけを見ても、次のように様々な人がいます。

  • 中学不登校から通信制高校に進学して、部活も生徒会活動も充実した学生生活を送っている人
  • 高校を中退して、高卒認定を取得して大学に進学した人
  • 大学中退後に、別の大学に入学し直して学業に励んでいる人
ポイント

あなたが中学生なら、「不登校になって内申点が低くなっても進学できる高校」を調べてみましょう。
高校生なら、「いまの高校と違うタイプの高校」や「高卒認定の取得方法」などを調べたりしてみましょう。

逆説的ですが、「別のルートがある」ということを覚えておくと、「いざとなればそっちに進める」と思えるようになり、いま在籍している学校に行きたくない気持ちが楽になるのです(④の「居場所」と似ていますね)。

方法⑥将来に希望を持ち、何よりも生きていく

⑥将来に希望を持ち、何よりも生きてく

学校に行くことが体や心を壊すほどつらいなら、死にたいと思うほど苦しいのなら、行かなくていいと思っています。

なぜなら、何よりも「生きていてほしい」と思うからです

あなたと同じような境遇の人が目の前で命を絶とうとしているとしたら、あなたはどう思いますか?生きてほしいと思うのではないでしょうか?

私も、過去の私のように「学校に行きたくない」と悩んでいる人には、何よりも生きることを大切にしてほしいと思います。

私と同じように、あなたに生きてほしいと思っている人が他にもたくさんいることを、理解してほしいです

ポイント

学校に行かないことは、悪いことでも特別なことでもありません。

学校に行かなくても幸せに生きている人は、たくさんいます。人生には、「学校に行くこと」よりも大切なことがたくさんあります。

月並みな言い方ですが、最後にお伝えしたい方法は、「生きていれば、将来は明るい」という希望を持ってほしいということなのです。

【補足:マイナスをカバーする方法はある】

「学校に行かないことによるマイナス」がある可能性は否定しません。例えば、勉強やコミュニケーションの機会は減るでしょう。私自身も、「学校に行かなくても勉強は続ければよかったな」などの後悔はあります。ですが、前項で紹介した「居場所」のように、学校以外の場所・手段を通じてマイナスをカバーする方法もあります。私もいまは、自分のやりたいことに向かって生きています。「(いま在籍している)学校」に行かなくても、「次の一歩」に進み、楽しく生きていくことはできる、ということです。

ご相談は無料です

「あなたのための、学校に行きたくない気持ちへの対応法」を一緒に探します

キズキ共育塾を詳しく知る

学校別・学校に行きたくない気持ちの解決法

小中高校別に、「学校に行きたくない気持ち」を解決する方法はありますか?
これまで紹介した方法をそれぞれに当てはめてご紹介します。

学校行きたくない小学生へ!解決策を紹介

学校行きたくない小学生へ!解決策を紹介

まず、小学校(しょうがっこう)は、いかなくても卒業(そつぎょう)できます。

そうおぼえておくと、きもちがらくになります。

そして、次(つぎ)のことをやってみてください。

【学校(がっこう)にはいけるけど、教室(きょうしつ)にはいけないなら】

別室登校(べっしつとうこう)や保健室登校(ほけんしつとうこう)ができないか、先生やお父さん・お母さんに相談(そうだん)してみましょう。

【学校じゃないところにいたいなら】

お父さん・お母さんといっしょに、フリースクールなどの、「午前中や昼間の居場所(ごぜんちゅうや ひるまの いばしょ)」になるところをさがしてみましょう。

フリースクールなどはたくさん種類(しゅるい)があるので、気になるところが見つかったら、見学(けんがく)してみることをオススメします。

【クラスがえについて】

学年がかわるタイミングで、学校にいきたくないきもちが すくなくなることがあります。じぶんのきもちがどうなのか、かんがえてみましょう。また、クラスがえについては、「○○くんとおなじクラスがいい」「○○先生のクラスがいい」などの希望(きぼう)は、お父さん・お母さんが学校にいうと、かなうことがあります。希望があるなら、お父さん・お母さんにいっておきましょう。

学校行きたくない中学生へ!解決策を紹介

中学校に入学すると、小学校時代から生活がガラッと変わります。

なじめないと学校は居心地の悪いものになりますし、高校受験について不安に思うこともあるでしょう。

前提

中学校も、学校に行かなくても卒業できます。ただし、出席日数が少ない場合は、(塾などで勉強をしていても)内申点が低くなることもあります。

内申点が低いと、進学できない高校もあるというのは事実です。

しかし、出席日数(内申点)に関わらず入学できる高校もたくさんあります

「中学に行かないと高校には絶対進学できない」のように、変に思い詰めなくても大丈夫です。

【学校の中で居場所を見つける場合】

教室へ通えなくても、保健室登校や別室登校が出席扱いになることがあります。その場合は、高校受験に向けた内申点の不安が和らぐと思います。学校の先生と相談しながら、無理なくできる通い方を探してみてください。

保健室登校などをしながら、教室に行けそうと思ったら、出席しやすい授業だけ行ってみましょう。

【学校の外で居場所を見つける場合】

学校そのものに行きたくない、クラスメイトに会いたくない人は、フリースクール・塾・習い事などを探しましょう。学校以外の人と関わることで気持ちが楽になりますし、「これからのこと」も前向きに考えられるようになります。インターネットの「○○市 フリースクール」のような検索で候補が見つかります。

フリースクールや塾への通学も、学校の出席にカウントされる場合があります。気になるフリースクールを見つけたら、そのフリースクールと学校に確認してみましょう。

なお、「受験対策や将来のために勉強はしたいけれど、学校には行きたくない、学校の人とは会いたくない」などと思っているなら、家庭教師や、隣の地域の塾の利用をオススメします。

補足:適応指導教室について

「いずれ学校に復帰すること」を目的に通う、公立の「適応指導教室」という仕組みもあります。「いまの学校・教室に戻りたい」と思っているなら、利用方法を学校の先生に聞いてみましょう。

補足:中学卒業後の進路について

居場所を学校の中・外のどちらで探す場合も、「中学卒業後の進路」は、詳しい人(学校や塾の先生など)に相談して、あなたに合ったものを探していきましょう。

私たちキズキではキズキ家学という不登校専門の家庭教師サービスを運営しています。ご本人だけ・親御さんだけでのご相談もOKですので、お気軽にご連絡ください。

キズキ家学を詳しく知る

学校行きたくない高校生へ!解決策を紹介

学校行きたくない高校生へ!解決策を紹介

高校は、義務教育だった小中学校とは、前提が異なります。

前提

高校は、出席日数が少ないと、進級・卒業できなくなる(=留年や退学になる)ことがあります。しかし、「高校生の「学校に行きたくない」に対する選択肢は、中学までと比べてグッと広がります。

ひとまずは、いまの学校に通い続ける場合(=今の学校を卒業したい場合)とそうでない場合にわけて考えてみましょう。

【いまの学校に通い続ける場合】

学校に「在籍し続けたい」「卒業したい」という意思を伝えて相談しましょう。学校から、進級・卒業に必要な出席日数・成績(テストの点数)などを教えてもらえるはずです。学校も、学生に対して「在籍してほしい」「卒業してほしい」と思っています。

保健室登校・別室登校、補習、課題提出なども組み合わせながら、進級・卒業を目指していくことができます。

出席日数も成績も、進級・卒業に必要な最低限のラインでがんばれば十分なのです

同じ学校にそのまま通うことで、顔見知りの先生が親身になってくれたり相談しやすかったりするメリットがあります。

学校を変えたときの新しい環境になじむ労力もありません。

【いまの学校をやめる場合①転校】

「いまの学校には行きたくないけど、高卒資格はほしい」なら、転校が考えられます。特に通信制高校・定時制高校は、転校しやすく、自分のペースで学びやすいというメリットがあります。また、集団行動が少ないことが多いので、人と関わることに不安があっても大丈夫です。

高校転校の詳細は、コラム「『高校中退から編入』の情報まとめ―転入との違い、注意点、学校の種類など」に書いていますので、ご興味がありましたらご一読ください。

【いまの学校をやめる場合②高認】

「大学などには進学したいけど、もう高校には行きたくない」なら、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験、高認)があります。高認に合格すると、高校を卒業しなくても、大学や専門学校の受験資格を得ることができます。

高認がオススメな人

  • 大学や専門学校に進学したいけど、高校には通いたくない
  • 将来「進学したい」と思ったときのために、受験資格を得ておきたい
高認についての注意

高認合格は、「正式な学歴」ではありません。高認合格後、大学などに進学して卒業しなければ、正式な学歴は「中卒」となります。

高認の詳細は、コラム「【すぐ読める】高卒認定試験とは?意外と簡単!取得のメリット・合格のポイントをご紹介」に書いていますので、ご興味がありましたらご一読ください。

【「とにかく学校に行きたくない、次のことは決まっていないけれど中退したい」なら】

高校中退は悪いことではありませんが、いきなり中退する前に、ちょっと休んで次のことを考えてみましょう。「次の一歩」が決まるまでは、通常の欠席を続けたり、休学したり、という方法もあります。

高校をやめたいあなたに知ってほしいこと、考えてほしいこと、高校をやめた後に選べる選択肢、親の説得法、今後の進路を考えるために検討すべきポイントなどを、コラム「高校をやめたいあなたの疑問に答えます。『後悔しないための情報』まとめ」で紹介していますので、ご興味のある方はご一読ください。

「次の選択肢」を考えます

「あなたのための、『次の選択肢』」を一緒に探します

キズキ共育塾を詳しく知る

「なんとなく学校に行きたくない」の原因とは?

「なんとなく学校に行きたくない」の原因とは?

学校に行きたくないんですけど、なぜ行きたくないのか、自分でもわかりません。
理由がわからない背景には、無意識・無自覚な原因がひそんでいることもあります。

学校に行きたくない理由がわからないと、「怠けや甘えなのではないか」と自分を責めがちです。

ですが、「理由がない・わからない」=「理由がない」というわけではありません

例えば、次のようなことが考えられます。

  • 理由がいくつもあって、特定できない
  • エネルギー不足で、原因を考えることができない
  • 本当は理由があるが、無意識に押し殺している(理由を口に出してはいけないと思っている)
  • 「学校は行くものだ」と思い込んでいる

本人に自覚がないため、次のような「自分の反応」に自分でも戸惑い、周囲にうまく言葉で説明できない自分を責めるという苦しい状況になるのです。

  • 学校が近づいてくると、体がこわばったりするなどの拒否反応が出る
  • 学校に向かっても、途中で帰宅する
  • 学校のことを考えると、前の夜から憂うつになる
  • 学校のことを考えると、涙が出る

見えない敵と戦うような心境ともいえます。

「学校に行きたくない」という感情そのものが、「理由がある」という証拠なのです

加えて、学校は思いのほかエネルギーを多く必要とする場所です。

特に「なんとなく学校に行きたくない」と思う人は、人との関わりに次のような負担・不安に感じている傾向があります。

  • 人と会うことが怖い
  • いじめられているわけではないが、特に仲のいい友人がいない
  • 嫌われないようにしようとすると、うまく話せない
  • 友人がほかの友人の悪口を言っているのを聞くと、自分も陰で同じよう言われているんじゃないかと思う

そういう状況に、次のようなことが重なると、「学校に行きたくない気持ち」をさらに後押しされることがあります。

  • 身近な人やペットの死など、精神的にショックを受ける出来事
  • 没頭できる趣味の発見

同じことを経験しても人によって感じ方は様々です。

何が「学校に行きたくない」のきっかけになるかは、その人の性格やそのとき置かれた状況次第で、いくらでも変わります。

自分で明確な原因がわからないときでも、自分を責めず、落ち着いて自分をいたわってください

あなたの気持ちに寄り添います

学校に行きたくない気持ちをご相談ください。「あなたのための、解決法」を一緒に探します

キズキ共育塾を詳しく知る

学校に行きたくない子どもに、親がやってはいけないこと、やってほしいこと

この章は、学校に行きたくないお子さんの、親御さんに向けた内容です。

学校に行きたくないお子さんに向けて、親がやってはいけないこと、親にやってほしいことを、2つずつご紹介します。

お子さんの「学校に行きたくない気持ち」は、不登校の心理と共通する部分があります。

つまり、「学校に行きたくない気持ち」をそのままにしておくと、不登校なる可能性があるということです

不登校は「悪いこと」ではありませんが、不登校になることで、お子さんがより苦しい状況になることは考えられます。

この章の内容を、ぜひ参考にされてください。

やってはいけないこと①「学校に行け」と叱る

「学校に行け」と叱る

お子さんに「学校に行け」と叱るのは、逆効果です。

理由がなんであれ、「学校に行きたくない気持ち」には、休養が必要です。

そんなときに叱られると、お子さんの気が休まりません。

注意

叱られたその日は、学校に行くかもしれません。ですがお子さんは、次第に「叱られずに学校に行かない方法」を考えることにエネルギーを注ぎ出します。そうなると、「学校に行きたくない気持ち」の前向きな解決策を考える方にエネルギーを使えなくなるのです。

やってはいけないこと②「明日は行くから」を真に受ける

お子さんの「明日は学校に行くから」という言葉は、真に受けてはいけません。

【よくある例】

朝、お子さんを起こして「今日は学校どうするの?」と尋ねると「今日は休む。でも明日は行くから」と返ってくる。

「明日は行くんだ」と安心してその日は休ませ、翌朝起こしに行くとやっぱり布団から出てこない…という繰り返しになる。

親御さんとしては、「行くと言ったのに嘘だったのか」とお子さんを責めたくなるかもしれません。

ですが、お子さんの「明日行く」は言葉どおりではないことが多いのです

お子さんは嘘をついているのではなく、心の中に次のような葛藤を抱えています。

葛藤の例

  • 今日休んでしまったのだから、明日こそは行かなければ
  • どうしても学校に行けない、何とか行かなくてすむようやり過ごさなきゃ
  • 学校を休んでいると、親に見捨てられてしまうかもしれない
  • 学校に行けるものなら行きたい
  • 明日なんて来なければいいのに
  • このまま学校に行けなくなってしまったらどうしよう
  • 自分は不登校なのだろうか

こうした葛藤が、「明日は行くから」に凝縮されているのです。

お子さんからのSOSと考えて、どうか責めないでください。

やってほしいこと①専門家を頼る

専門家を頼る

次に、親御さんにやってほしいことをお伝えします。

一つは、「専門家を頼る」ことです。

親御さんは、「学校に行きたくない気持ち」の専門家ではありません。

専門家を頼る・利用することで、それぞれのお子さん・ご家庭に応じた「解決策」が提示されます。

専門家の例

  • 学校(担任、保健医、スクールカウンセラーなど)
  • 臨床心理士・公認心理師などのカウンセラー
  • 子どもの悩み相談を行う団体
  • 児童精神科
  • 市区町村の子育て相談窓口

親御さんだけでのご相談を受けつけているところもあります。

ぜひ、専門家・相談先を探してみてください(私たち、キズキ共育塾でも無料相談を受け付けています)。

やってほしいこと②親は親で生活を楽しむ

やってほしいもう一つは、「親は親で生活を楽しむ」ことです。

「お子さんにかかりっきりにならない」と言い換えることもできます。

注意

親御さんがお子さんにかかりっきりになると、お子さんは「親に迷惑をかけている」「自分は信用されていない」などと思い、逆効果になることがあります。

ポイント

将来に不安を抱えるお子さんにとって、親御さんが楽しく生活する姿は、「楽しい将来」のロールモデルになります。

ただし、「お子さんのことは放置しておこう」という意味ではもちろんありません。

前項のような専門家を適切に頼ることで、「あなたのお子さんとの、適切な距離感」もわかると思います。

親御さんだけの相談もOK

お子さんのこと、ぜひ私たちにご相談ください

キズキ共育塾を詳しく知る

まとめ〜あなたの状況は、必ず変えることができます〜

まとめ〜あなたの状況は、必ず変えることができます〜
「学校に行きたくないけど、それでも行っている人」に向けて、アドバイスなどをお伝えしました。

参考になりました!

学校に行きたくないと思う人も、学校に行きたくない思いを抱えながらがんばって学校に行っている人も、あなた一人ではありません。

ですから、あなたの苦しみを理解する人は必ずいますし、あなたの状況も必ず変えることができます。

思い詰めすぎないようにしてくださいね。

なお、「学校に行かない」という選択をしても、(できる範囲で)勉強は続けてほしいと思います

どんなルートに進むにしろ、勉強は、ある程度重要だからです。

ただ、自分一人で勉強を続けるのはかなり大変で難しいことです。

私も過去に独学で大学受験を目指して挫折した過去があります。

幸いなことに、いまの時代は学校以外にも勉強を教えてもらえる場所もたくさんできてきています。

どこか勉強ができる場所を探してみてください

あなたの今後が、よりよい方向に向かうことを願っています。

学校に行きたくない生徒さんも多数

あなたのための、「次の一歩」を一緒に考えます

キズキ共育塾を詳しく知る

キズキ共育塾は、お悩みを抱える方のための個別指導塾です。

あなたと同じように、学校に行きたくない気持ちを抱える生徒さんも珍しくありません。

この記事を読んでキズキ共育塾に興味を持ったなら、ぜひお気軽にご相談ください。

勉強のことだけではなく、「学校に行きたくない気持ち」そのものや、学校に行かない場合の進路などについてもご相談いただけますので、きっとあなたのお力になれると思います。

キズキ入塾に関して少しでもご興味があれば、まずはLINEで友だち追加を。
キズキのカリキュラムなど塾についての全般を知りたい方は「資料請求」を。
「お名前」「電話番号」「メールアドレス」だけの入力で、電子パンフレットをすぐに返信いたします。

電子パンフレットなら場所を取らないのでとっても気軽。
卒業生の声なども載せていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。