高校留年が不安なあなたに伝える、留年の基準、救済措置、中退後の進路

2019年6月19日 水曜日 投稿

高校留年が不安なあなたに伝える、留年の基準、救済措置、中退後の進路
こんにちは。キズキ共育塾の内田青子です。

こんにちは。高校を留年するんじゃないかと不安です

高校を進級・卒業するためには、各科目で「単位」の取得が必要です。

次のような状況で単位を取得できなかった場合、留年することがあります。

  • 出席日数が少ない
  • 赤点が多い

高校を留年すると、同じ学年にもう一年留まらなくてはいけません。

一学年下の生徒たちと一緒に机を並べることを嫌だと思うことなどから、留年はぜひとも避けたいという人も多いでしょう。

そこで今回は、高校留年について徹底解説します!

この記事を読んでわかること

  • 進級・卒業に必要な「単位」とは
  • 高校留年の基準
  • 留年しそうな人への救済措置
  • 留年せず中退する場合の、その後の進路(高校・高認)

この記事を最後までお読みいただくことで、きっと、高校留年に関するあなたのお悩みが解決すると思います。

監修キズキ代表 安田祐輔

やすだ・ゆうすけ。発達障害(ASD/ADHD)によるいじめ、転校、一家離散などを経て、不登校・偏差値30から学び直して20歳で国際基督教大学(ICU)入学。卒業後は新卒で総合商社へ入社するも、発達障害の特性も関連して、うつ病になり退職。その後、不登校などの方のための学習塾「キズキ共育塾」を設立。経歴や年齢を問わず、「もう一度勉強したい人」のために、完全個別指導を行う。また、不登校の子どものための家庭教師「キズキ家学」、発達障害やうつ病の方々のための「キズキビジネスカレッジ」も運営。

【新著紹介】
学校に居場所がないと感じる人のための 未来が変わる勉強法『学校に居場所がないと感じる人のための 未来が変わる勉強法(2022年9月、KADOKAWA)』

Amazon
KADOKAWA公式【略歴】
2011年 キズキ共育塾開塾(2022年7月現在9校)
2015年 株式会社キズキ設立
2019年 キズキビジネスカレッジ開校(2022年7月現在4校)

【著書など(一部)】
暗闇でも走る(講談社)』『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に勉強するための本(翔泳社)』

日経新聞インタビュー『働けたのは4カ月 発達障害の僕がやり直せた理由』 現代ビジネス執筆記事一覧

【メディア出演(一部)】
2022年 NHK総合「日曜討論」(テーマ:「子ども・若者の声 社会や政治にどう届ける?」/野田聖子こども政策担当大臣などとともに)

執筆内田青子

うちだ・あおこ。1982年生まれ。上智大学文学部卒。
大学卒業後、百貨店勤務などいくつかの仕事を経た後、2018年から発達障害・不登校・中退経験者などのための個別指導塾・キズキ共育塾で講師として国語(現代文・古文・漢文)と小論文を指導し、主任講師となる。
並行して、聖徳大学通信教育部心理学科を卒業。現在、公認心理師の資格取得を目指して、発達障害や不登校支援についてさらに勉強中。

サイト運営キズキ共育塾

「もう一度学び直したい方」の勉強とメンタルを完全個別指導でサポートする学習塾。多様な生徒さんに対応(不登校・中退・引きこもりの当事者・経験者、通信制高校生・定時制高校生、勉強にブランクがある方、社会人、主婦・主夫、発達特性がある方など)。授業内容は、小学生レベルから難関大学受験レベルまで、希望や学力などに応じて柔軟に設定可能。トップページはこちら。2022年7月現在、全国に9校とオンラインコースがある。

高校留年の基準となる「単位」の説明

高校で進級・卒業するためには、「単位」を取得する必要があります。

「単位」って、たまに聞くんですけど、なんのことなのかよくわかっていません。
「単位」とは

「各科目で、高校で必要な勉強をきちんと完了した」という証明のようなものです。単位は、各科目の「成績」と「学習した量=出席日数」が基準を満たすことで取得できます。

各学年で必要な単位を取得すると進級(3年生の場合は卒業)し、足りなければ留年になります

少し別の言い方をすると、「各学年の時間割」について、「全ての授業」で成績と出席日数が基準を満たせば進級・卒業、一つでも満たさなければ留年、ということです。

以下、単位について説明します。

単位取得の条件①成績

成績

「その科目の定期テストで基準以上の点を取ること」が、単位取得の条件の1つです。

つまり、定期テストで基準に満たない点(赤点)を取ると、単位を取得できず、留年します

ただし、学校によっては、次のようなパターンもあります。

  • 定期テストの点数ではなく、通知表の成績が基準になる
  • 定期テストの点数だけではなく、「提出物を出したか」「授業や生活の態度がどうか」などが成績に影響する

成績と単位について、あなたの学校がどのような基準を採用しているのか、先生に聞いてみましょう。

単位取得の条件②出席日数

出席日数

「その科目の授業に基準以上の出席をすること」も、単位取得の条件の1つです。

一般的には、「4分の1から3分の1」欠席すると、単位が取得できず、留年します

ポイント

  • 出席日数は、科目ごとに判定される。「数学の授業を受けた後、世界史の授業の前に早退した日」は、世界史の出席日数はカウントされない
  • 病気で入院したり、素行不良で停学処分になったりしても、出席日数が足りなくなる可能性がある

単位取得の条件③成績・出席日数の両方が必要

「成績」か「出席日数」のどちらかが基準を満たしていれば単位は取得できるんですか?
いいえ。「成績」と「出席日数」の両方が必要です

たとえば、「世界史」の単位を取得するには、次の二つの基準を満たす必要があります。

  • ①世界史の成績(テストの点数、通知表の評定)
  • ②世界史の授業の出席日数

逆に言うと、次のようは場合は留年となる可能性があります。

  • テストの点がいいけど、欠席が多い
  • 出席はしているけど、テストが赤点だった

ただ、留年の基準は高校によって違います。

あなたについても、「何点以下は絶対に留年」「何日欠席すれば絶対に留年」とは言えません。

高校留年の不安がある場合、自分の状況や学校の制度を、高校の先生に相談してみましょう

なお、ご紹介したのは、「学年制の高校」の留年についてです。

「単位制の高校」は学年の概念がないので、別途注意が必要です(学年制・単位制については後述します)。

私たちキズキ共育塾は、高校を留年や中退をした人(しそうな人)のための完全個別指導塾です。勉強や生活について、無料相談ができます。高認・大学合格実績多数。お気軽にご連絡ください。

詳細を見る

高校留年する人は1万人以上

高校を留年する人は、どれくらいいるんですか?
2019年度には、10,719人と、全高校生の0.3%が留年しています。

出典:文部科学省「令和元年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査

高校留年する人の数は、「少なくはない」と言っていいのではないでしょうか。

人生すべてが順調である人はいません。

どんな人でも、人生のどこかの段階で「理想どおりではないこと」を経験します。

高校留年しそうなあなたは、「今がたまたま人生でうまくいかない時期」なのだというだけなのです。

「留年しても、それで人生が終わるわけではない」と心を落ち着かせましょう。

私たちキズキ共育塾は、高校を留年や中退をした人(しそうな人)のための完全個別指導塾です。勉強や生活について、無料相談ができます。高認・大学合格実績多数。お気軽にご連絡ください。

資料を無料ダウンロード

高校留年しそうな人への救済措置

定期テストで赤点を取ったのですが、僕は留年するんでしょうか?
高校によっては、成績・出席日数が基準に満たない人への救済措置があります。

救済措置の例

  • 赤点を取った場合は、追試や補習を受ける
  • 出席日数が足りない場合、夏休みなどに補習を受ける
  • 赤点を取った科目が少ない場合、進級できることもある

繰り返すように、留年の基準は高校によって異なります。

その上で、留年する生徒を出さないよう、救済措置を豊富に設けている高校も少なくありません。

「留年するのではないか」と不安な方は、次のように行動してみてください。

  • まずは気持ちを落ち着ける
  • 自分の成績・出席日数の状況を、先生に聞く
  • 実際に留年の可能性があるなら、今後の対策や救済措置についても先生に相談する

留年が決まったとき、同じ高校に在籍し続けるべき?

留年が決まったとき、同じ高校に在籍し続けるべき?

留年が決まった場合、今の高校に在籍し続けるか、中退して別の進路を選ぶか、迷っています。
在籍または中退で自分がどうなりそうか、考えてみましょう。

年下の同級生たちと一緒にもう一年やり直すことに不安を感じる人も多いと思います。

在籍と中退、選択の理由となるであろうポイントを以下に記します。

①在籍し続ける理由

  • もう一年がんばれば、進級・卒業できる可能性が高い
  • 転校や中退の手続き、転校先探しなどが不要
  • 一年先に卒業した同級生から大学や就職の情報が得られる
  • メンタルが強くなる(年下の同級生とやり直す体験を通じて、どのような環境でもやっていけるメンタルが身につく)

②中退を考える理由

  • 同級生たちが先輩になり、下級生と一緒に勉強することになる。友人関係がぎくしゃくすることも
  • 進学校など成績の基準が厳しい場合、赤点を取った科目をもう一年がんばっても基準点が取れるとは限らない
  • 病気・体調不良・不登校などで出席日数を確保できなかった場合、体調や状況が変わらないなら、もう一年在籍しても通学できるとは限らない
  • その学年の全ての授業をもう一度やり直さなくてはいけない
  • 学費が一年分余分にかかる

以上が、判断のポイントです。

在籍続行と中退、どちらがよいというものではありません。

留年が決まった場合、自分の状況や性格などをよく考えて、在籍し続けるか、中退するか決めましょう

学校の先生、親御さん、友人などに留年について相談することも大切です。

恥ずかしいな…。

あなたのことを大切に思ってくれる人たちは、留年が決まったあなたに冷たい視線を向けることはありません。

あなたを思ったアドバイスをくれるはずです。

一人で悩まず、まずは誰かに相談してみましょう

私たちキズキ共育塾は、高校を留年や中退をした人(しそうな人)のための完全個別指導塾です。勉強や生活について、無料相談ができます。高認・大学合格実績多数。お気軽にご連絡ください。

校舎一覧を見る

高校留年せずに中退した場合の進路

留年せずに高校を中退する選択をした場合、別の高校などに行ったりできるんでしょうか。
転校できる高校も、それ以外の進路も、もちろんありますよ!

高校留年によって中退した方の、その後の進路の候補を紹介します。

進路①通信制高校へ転校

通信制高校・定時制高校へ転校

通信制高校は、中退から転校(編入・転入)しやすい学校です。

通信制高校の特徴

  • 毎日の通学が必要ない
  • 入試は面接や作文のところも多く、無試験の学校もある
  • 勉強は、学校から送られてくる教材を利用して、自宅学習を中心に進める
  • 単位取得は、レポート提出・年に数回の登校授業・定期テストなどで行う

不登校などで留年になった場合、通学の必要のない通信制高校は適切な選択肢かもしれません。

通信制高校の概要は、コラム「通信制高校とは?特徴・メリット・選び方・オススメの高校などをご紹介」をご覧ください。

進路②定時制高校へ転校

通信制高校・定時制高校へ転校

定時制高校も、高校中退から転校しやすい高校です。

定時制高校の特徴

  • 平日は毎日学校に通って授業を受ける
  • 授業が、昼から夕方・夜にかけて行われる(朝から行う高校もある)
  • 入試は面接や作文のところも多く、無試験の学校もある
  • 昼間に働いている社会人や、高校を卒業していない高齢者なども在籍している

定時制高校は、毎日通って授業を受けるため、いわゆる「高校生活」を送りたい人にはオススメです。

定時制高校については、シリーズコラム「定時制高校ってどんなところ?定時制出身の私が紹介する、定時制のリアル」もご覧ください。


■補足①高校には、学年制と単位制がある

通信制高校・定時制高校には、「学年制」と「単位制」の二つがあります(通信制高校は、基本的には単位制です)。

あなたが転校しようとしている学校がどちらなのか、あらかじめ調べておきましょう。

カンタンに言うと、次のような区別があります。

学年制

  • 学校の決めた時間割に従って授業を受ける(単位を取得する)高校
  • 学年によって、クラス分けや時間割が決められる
  • 単位を取得できない科目があると、留年になる

単位制

  • 自分で、卒業までの時間割(単位取得スケジュール)を決める高校
  • 学年システムがなく、入学年次に関わらず、様々な人が同じ授業を受ける
  • 学年システムがないので、単位を取得できない科目があっても、「その学年を留年する」わけではない

単位制高校で単位を取得できなくても、留年にはならないんですか?
「学年としての留年」はありませんが、「卒業できない留年」はあります。

単位制高校で「単位を取得できなかった科目」があると、翌年にもう一度その科目の授業を受ける必要はあります。

場合によっては、「卒業までの期間が伸びる」「翌年に、より多くの授業を登録する」といった状態になります。


■補足②前の高校で取得した単位は、次の高校に引き継げる

前の学校で取得していた単位は、次の高校に引き継げるんですか?
はい。引き継げます。

ただし、学年制高校に転校する場合は、転校先の時間割に「すでに単位を取得した科目」が含まれていれば、もう一度同じ科目の授業を受けることになります。

また、学年の途中で中退すると、その学年で受けていた授業の単位は取得できていない状態となりますので、注意が必要です。

進路③全日制高校へ転校

全日制高校への転校は、現実的にはとても難しい選択肢です。

全日制高校の特徴

  • 高校と聞いてよくイメージされる、「平日に、朝から夕方まで学校で授業を受ける高校」のこと
  • 病気や引っ越しなどの特別な事情がないと、転校できないことが多い

全く不可能とは言いませんが、ハードルは高いと言っていいでしょう。

現実的には、通信制高校・定時制高校・高卒認定をオススメします。

進路④高卒認定試験

転校や高校卒業とは異なりますが、高卒認定試験(高認)という進路もあります。

高認の特徴

  • 試験に合格すれば、高卒資格が必要な大学や専門学校の受験・入学が可能になる
  • 試験内容は、比較的カンタン
  • 満16歳以上であれば受験できる
  • 年に2回、各都道府県で実施される
  • 昔は「大検」と呼ばれていた

高認は、経済的な理由で高校に通うことが難しい方にもオススメです。

ただし、高認に合格しても、学歴は「高校卒業」にはなりません。

その後に大学や専門学校などを卒業しなければ、最終学歴は「中卒(高校中退)」のままです。

ですが、高認の合格は履歴書に書くことができますし、求人の際に高認合格を高卒とみなす企業や団体もあります。

高校中退後のことが決まっていないなら、「とりあえず高認取得を目指す」のもオススメです

進路⑤就職

中退後、就職するのはどうでしょうか。
残念ながら、学歴が中卒だと、求人の数や種類が少ないです。

もちろん中卒で就職して活躍している人もいるのですが、一般論としては「中卒でも大丈夫!」と断言はできません。

家業を継ぐなどの場合を除いて、何らかの方法で「高校卒業」「高認合格」を目指すことをオススメします。

また、働きながら定時制・通信制高校に通う、高卒認定を取得することも可能です

経済的に働く必要がある方も、「もう高卒資格は取れない」と思い込まず、並行して通える学校や高認対策を行う塾を探しましょう。

私たちキズキ共育塾は、高校を留年や中退をした人(しそうな人)のための完全個別指導塾です。勉強や生活について、無料相談ができます。高認・大学合格実績多数。お気軽にご連絡ください。

フォームで問い合わせ

まとめ〜一人で悩まず、しっかり相談しましょう〜

まとめ〜一人で悩まず、しっかり相談しましょう〜
以上、高校留年について説明してきました。

参考になりました!

カンタンに、内容をもう一度振り返ります。

  • 高校は、単位を取得できないと留年する
  • 単位取得のためには、各科目で、成績と出席日数の両方で基準を満たす
  • 成績や出席日数が不足していても、追試や補習などの救済措置もある
  • 留年が不安なら、すぐに学校の先生に相談しよう
  • 留年が決まっても、一人で悩まず、先生や保護者にも相談しながら今後のことを考えよう
  • 中退しても、別の高校に転校することはできる
高校を留年してもしなくても、あなたの人生はこれから広がっていると前向きになっていただければ幸いです。

わかりました!

留年の不安を抱えているあなたにぴったりの進路が見つかることをお祈りしています。

キズキ共育塾では、留年や中退に関連して、今後の対策・進路・勉強・メンタル・生活などについての無料相談も行っています。

教室では、次のような生徒さんなどが多数在籍して勉強しています。

  • 高校を留年した生徒さん
  • 中退して通信制・定時制高校に通う生徒さん
  • 高認合格を目指す生徒さん

高校留年についてお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください(親御さんだけのご相談も可能です)。

キズキ入塾に関して少しでもご興味があれば、まずはLINEで友だち追加を。
キズキのカリキュラムなど塾についての全般を知りたい方は「資料請求」を。
「お名前」「電話番号」「メールアドレス」だけの入力で、電子パンフレットをすぐに返信いたします。

電子パンフレットなら場所を取らないのでとっても気軽。
卒業生の声なども載せていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

いまから学び直せる

小学校レベルから大学受験対策まで。目的・学力に合わせた完全個別指導。

キズキ共育塾について詳しく見る


合格体験談を見る

高校は、どうなったら留年になるんですか?
一般論としては、「成績」と「出席日数」が基準を満たさない場合(=単位を取得できなかった場合)に留年となります。学校によって条件や救済措置は異なりますので、学校の先生に聞いてみることをオススメします。詳細はこちらをご覧ください。
高校留年が決まったとき、同じ学校に在籍し続けるべきでしょうか?
在籍し続けるかどうかは、いくつかの判断ポイントがあります。例えば、在籍を続けると、「転校や中退の手続き、転校先探しなどが不要」です。一方で、「学力や体調が変わらないなら、もう一年在籍しても通学できるとは限らない」という可能性もあります。詳細はこちらをご覧ください。

電話で相談・問い合わせ専門スタッフが丁寧に対応させていただきます!

0120-501-858

フリーダイヤル受付時間:
火〜土曜・10〜20時
※休塾日を除きます


受付時間以外にも、着信をいただければ、必ず折り返しご連絡します(電話番号非通知を除きます)。また、留守番電話にメッセージを残していただくことも可能です。日時を問わずお気軽にお電話ください。