親御さんに伝える、「勉強ができない中学生」の2つのタイプと解決法

親御さんに伝える、「勉強ができない中学生」の2つのタイプと解決法

2018年12月3日 月曜日 投稿

親御さんに伝える、「勉強ができない中学生」の2つのタイプと解決法

こんにちは。キズキ共育塾の佐野澪です。

この記事をご覧になっているあなたは、中学生のお子さんの成績に関してお悩みがあるのではないでしょうか。

中学生になると、定期テストも本格化し、いずれ高校受験も迫ってきます。

「うちの子は勉強ができないので、この先が不安……」
「勉強ができないままだと、将来の選択肢が狭まってしまうのでは?」

そんなふうに懸念されているのではないでしょうか。

親御さんとしては、お子さんの今後が心配ですよね。

なんとか成績が上がるように、塾に通わせたり、通信教材を試したり――。

さまざまなご苦労をなさっていると思います。

しかし実際には、お子さんは勉強ができないのではなくて、現在の学習法が合っていなかったり、勉強をしていなかったりするのかもしれません。

本コラムでは、勉強が苦手なお子さんがどうやったら勉強ができるようになるか、タイプ別にご紹介します。

また、個人にあった学習の必要性・成功事例もお伝えしてまいります。

この記事が、お子さんの可能性を広げるための一助となれば幸いです。


「勉強ができない中学生」2つのタイプ

「うちの子は勉強ができない。もう中学生なのに、どうしよう…」
とは、巷でよく耳にする言葉です。

しかし、「勉強ができない」とは、いったいどういうことなのでしょうか?

ひと口には言えないとは思いますが、大きく分けると次の2タイプがあります。

あなたのお子さんは、
①一生懸命勉強しているのに、成績が伸びない
②勉強をしていない(勉強にやる気が出ていない)
の、どちらのタイプでしょうか。

前者と後者では問題へのアプローチの仕方が異なりますので、それぞれ別の問題ととらえて対策していきましょう。


①一生懸命しているのに、成績が伸びない

一生懸命しているのに、成績が伸びない〜

学校の授業をしっかり受けているし、
自宅でも学習に取り組んでいるし、
塾に通ったりもしている。

それなのに勉強ができない(成績が伸びない)……。

そんなお子さんは、効果的な勉強、自分に合った勉強ができていないのかもしれません。

具体的には、「いつ・何を・どれだけ・どのようにやるか」が明確になっていないということです。

ただやみくもに「勉強」しても効率が悪く、思うようには成績が伸びません。

現状を改善するためには、
(1)現在の学力を知る
(2)目標を定める
(3)目標達成に必要な学習をする
というステップを踏むことが必要です。


(1)現在の学力を知る

現在の学力を知る

まずは、お子さんの現在の学力を正確に把握しましょう。

くだけた言い方をすると、
「どこがどこまでわかっていて、どこがどこからわかっていないのか」を明確にする
ということです。

現在の学力がわかれば、これから勉強する範囲、単元ごとの勉強量、難易度などが考慮できるようになります。

とは言え、勉強の専門家ではない親御さんが「お子さんの学力を明確に把握する」のは、ちょっと難しいことだと思います。

例えば、
学校の先生に、三者面談、家庭訪問、参観日のときなどに相談する
塾の担当講師に、学校のテスト、模試、習熟度テストの結果を持っていって相談する
などをすることで、苦手部分やつまずきポイントが把握できます。

また、巻末に復習テストがついていたり、単元ごとに理解度が把握しやすかったりする市販の教材を利用して家で勉強しているようであれば、その利用結果も相談の材料になると思います。

こうした相談は、お子さんの性格や状況によって、
「お子さんに任せる」
「親子で一緒に相談する」
「親だけで相談する」
などのパターンが考えられます。

現在の学力を把握したら、理解できていない単元までさかのぼって勉強することができます

英語を例に挙げると、中学1年生のはじめに「be動詞」を学習しますが、このbe動詞は高校に入ってからも理解が必要である、重要な単元です。

塾講師としての筆者の経験上、この単元でつまずく子は、その後に習う単元も芋づる式にわからなくなってしまうことが非常に多いです。

逆に言えば、つまずいた部分からていねいにやり直すことで、「勉強ができない」状況は解決に向かい、今学んでいる単元まで追いつけるようになります。


(2)目標を定める

目標を定める

さて、現在地を把握し、今の単元まで追いついたら(追いつくための勉強ができるようになったら)、次は目標を定めましょう。

きちんとした目標を定めるのは、実は大切なポイントです。

目標を曖昧にしてしまうと、それに従って結果も曖昧になってしまいます。

悪い例に、
「次のテストで70点取る」
「1日3時間勉強する」
といったものが挙げられます。

目標を数値化している点はよいのですが、これではまだ不十分です。

このままではぼんやりとしていて、具体的な行動につながりません。

具体的な行動につなげるためには、「いつ、何を、どれだけやるか」を明確にする必要があります。

例えば、

・次のテストで70点取る
→そのためには1日にテキストを◯◯ページずつ進めていく

・1日3時間勉強する
→ある科目のこの単元は苦手部分だから◯時間勉強して、得意なこの部分は◯分だけ勉強する

といった具合です。

その際、(1)のように現在地を把握していれば、目標を具体化することはそう難しくありません。

目標設定の方法についても、
「(いったんは)お子さんに任せる」
「親御さんとお子さんで一緒に決める」
「学校の先生や塾の講師と話しながら決める」
などのパターンが考えられます。


(3)お子さんにあった勉強法を知る

お子さんにあった勉強法を知る

上記のように現在地を把握して、目標地点を定めたら、あとは少しずつ目標地点を更新していくことで、自ずと成績は伸びていくと思います。

また、勉強に取り組む際には、「お子さんにあった方法」を見つけるようにもしましょう。

「勉強する」とひと口に言っても、その方法はたくさんあります。

自分に合わないやり方で勉強を続けてしまうと、いくら取り組んでも、思うような成果が出ないことがあります。

あなたのお子さんにどんな方法が合っていて効率がよいのかは、一概には言えません。

方法は無数に存在するので、どんな方法がお子さんにしっくりくるのか、試行錯誤を重ねていきましょう。

ご参考までに、いくつか例を提示いたします。

【勉強方法の例】

  • 家で集中できなければ、外で勉強する
  • お子さんにとって効率的に勉強できる時間帯を把握する
  • 集中するために時間制限を設ける(タイマーをセットする)
  • お子さんにあったサイクルをつくる(寝る前に知識を身につけ、朝起きてから問題演習を行うなど)
  • 視覚と聴覚、どちらを使った学習法によって理解が捗るか知っておく
    →単語帳選びやノートテイクの際に役立つ
  • 英単語や古語をふせんに書き、目につく場所に貼る(例:表に英語、裏に日本語訳を記入)
    →何度も目にすることで、記憶に定着しやすくなる
  • 勉強に関する本から学ぶ(例:『ドラゴン桜』、『ビリギャル』、和田秀樹氏の著作など)
    →教育者の編み出した学習法から学ぶことは効率がよい

お子さんに合った勉強法の具体例については、後に詳しくご紹介します


このように、「一生懸命しているのに、成績が伸びない」お子さんは、
(1)現在の学力を知る
(2)目標を定める
(3)お子さんにあった勉強法を知る
の3ステップを踏むことで、「勉強ができない」という状況は変わっています。


②勉強をしていない(勉強にやる気が出ていない)

勉強をしていない(勉強にやる気が出ていない)

さて、「一生懸命勉強しているけれど、成績に反映されない」お子さんばかりではありません。

勉強をしていない(勉強にやる気が出ていない)から勉強ができないお子さんも、たくさんいます。

そんなお子さんに対しては、どうのように接したらよいのでしょうか?

「こうすれば必ずやる気がでる」という確実な答えはありませんが、塾講師としての筆者の個人的経験に基づけば、
(1)自己肯定感を高める声かけをされる
(2)学習習慣を身につける(ために外部機関を利用する)
(3)成功体験を積む
の3つが大切であると考えます。


(1)自己肯定感を高める声かけをされる

自己肯定感を高める声かけをされる

勉強に限らず、やる気の出ない子というのは、たいていの場合、自己肯定感が低くなっている状態です。

勉強について言えば、これまでの経験で「勉強」によいイメージがなく、
「勉強したってどうせ自分には分からない」
「自分には勉強ができるようになるはずがない」
などというイメージを抱えている、といった状態です。

そんな状態で「勉強しなさい!」と言われても、勉強の大切さを説かれても、お子さんは親御さんの言うことを素直に聞く気になれないでしょう。

まずは、ありのままのお子さんを受け止めて、子どもが安心感を抱けるような接し方を心がけましょう

例えば、
「勉強については、できなかったことはそっとしておき、できたことを褒める」
「勉強にはあえて触れず、勉強以外のいいところについて褒める」
などです。

否定されない、肯定されるという安心感は、お子さんが親御さんの言うことを聞き入れやすくなる土台となります。


(2)学習習慣を身につける(ために、外部の場を利用する)

学習習慣を身につける(ために、外部の場を利用する)

とは言え、中学生というと思春期まっさかりなので、親には反発したがるものです。

残念ながら、言うことを素直に聞いてくれないこともよくあります。

そこで一つの助けになるのが、学習塾や家庭教師など、外部の機関です。

こういった外部の場を定期的に利用することは、学習習慣を身につける第一歩となり得ます。

また、家庭でも学校でもない、第三者の大人の存在――いわゆる“ナナメの関係”が、中学生のお子さんにとっては大きな刺激となります

しかし、同じ塾でも集団授業と個別指導では勝手が違います。

お子さんの性質や状況・目的に応じて、上手に利用しましょう。

以下に、集団授業と個別指導の塾の特徴をまとめましたので、塾選びのご参考になさってください。


【集団授業塾の特徴】

  • 授業料が比較的安い
  • 複数の生徒と一緒に受講するので、切磋琢磨できる
  • 自分の学力を相対化しやすい(どの位置にいるのかわかる)
  • 授業内容、教材、指導時間などがパターン化しており、個人に合わせた指導を受けづらい
  • 個人の学力に合わせた宿題設定ができない
  • ○集団授業が向いているお子さん
    ある程度の学力がある子が、学校の授業の補習として利用するには最適です。
    また、負けず嫌いな性格の場合、周囲からよい刺激を受けることがあります。

    ○集団授業が不向きなお子さん
    基礎ができていなかったり、そもそも勉強のしかたからわからなかったりする子には、あまり向いていません。
    また、自分のペースで勉強したい場合には、全員一律の授業にストレスを感じるかもしれません。


    【個別指導塾の特徴】

  • 授業料は比較的高額
  • 個人対個人なので、一人ひとりに合わせた授業を受けられる
  • 生徒に自由にしゃべらせ、その子の思っていることを知ることができる
  • 勉強内容だけでなく、勉強方法についても相談や指導が可能
  • 自分の学力が相対化しづらいので、緊張感がないこともある
  • 目的意識がないと気が緩みがち
  • ○個別指導が向いているお子さん
    学習の基礎段階からつまずいており、ていねいに復習する必要のある場合には、頼りになります。
    また、学習法――暗記の方法、ノートの取り方、日頃の宿題の取り組み方など、きめ細かく指導してもらいたいお子さんにはぴったりでしょう。

    ○個別指導が不向きなお子さん
    学校の授業にある程度ついていけており、かつ周りと切磋琢磨したいお子さんとっては、やや物足りないかもしれません。
    また、1対1の状況に強いストレスを感じるお子さんにとっては、授業が苦痛になる可能性があります。


    (3)成功体験を積む

    成功体験を積む

    勉強のやる気アップに大切なのは、成功体験を積み重ねていくことです。

    「自分はできる」という実感が伴うと、勉強への意欲がぐっと増すものです。

    勉強それ自体だけでなく、勉強ができる自分自身に自信がついてきて、ますます楽しくなってくるという相乗効果が生まれます。

    そのために、まずは小さな目標を設定して、1日1日、できることを増やしていくことが大切です。

    例えば、
    「英単語を1日に○個覚える」
    「漢字を1日に○個覚える」
    「数学の公式を使った問題を1日に○個解けるようになる」
    といったようなことです。

    日ごとにできることが増えていく感覚というのは、思春期である中学生のお子さんの自己肯定感をぐっと押し上げる体験です。

    無力感は成功体験により断ち切れるという経験は、お子さんの今後の人生において大きな希望になるでしょう。


    ご紹介してきたように、勉強をしていない(勉強にやる気が出ていない)ために勉強ができないお子さんは、
    (1)自己肯定感を高める声かけをされる
    (2)学習習慣を身につける(ために、外部の場を利用する)
    (3)成功体験を積む
    ことで、勉強ができるようになっていきます。


    自分にあった勉強法のススメ〜成功事例から〜

    ここからは、自分にあった学習法によって成績が上昇した例をご紹介しますので、お子さんのためのご参考になさってください。


    (1)通信教育で勉強中のkarisuma0525さん

    次の画像は、karisuma0525さんの「ふせんノート」です。 (出典:Instagram/Karisuma0525さんから許可を得て転載)

    karisuma0525さんの「ふせんノート」

    Karisuma0525さんは現在、大学の通信教育課程で学ぶ、現役の学生さんです。

    高校時代は勉強が嫌いで苦手意識も強く、成績は決してよくなかったそうです。

    しかし、大人になって、インターネット上で「ふせんノート勉強法」に出会ったことにより、彼女の勉強に対する姿勢は一変

    「ふせんノート」を活用することによって勉強が楽しいと感じられるようになったkarisuma0525さんは、自分なりにノート作りを工夫しながら、意欲的に勉強に取り組むようになりました。

    結果、成績が急上昇し、現在はつねに成績上位者に名を連ねるほどになったと言います。

    ふせんノートのポイント…
    「覚えたいことをノートに書かず、ふせんに書いてノートに貼る」
    「1枚のふせんにつき1つの情報を記入する」
    「情報を細かく分けることで、グループ分けや入れ替えがしやすく、整理がしやすくなる」
    (Karisuma0525さんより)


    (2)キズキ共育塾の青柳講師

    キズキ共育塾の青柳翔太講師は、講師や家庭教師としての経験豊富な理系の講師です。

    中学生・高校生時代にどのように勉強していたか、質問してみました。

    【科目別勉強法】
    ・英語の勉強
    →自分にとっておもしろいところや、興味を持てる部分から入った。
    好きな洋楽の歌詞を翻訳することで学力が伸び、英語が苦手な状態から一転、学年1位にまでなった。

    ・歴史の勉強
    →教科書の内容に興味を持てず、ただ暗記するのが苦痛だった。
    司馬遼太郎の本を読むことで歴史のつながりが見え、楽しくなった。

    ・地理の勉強
    →ゲーム(桃鉄)を通じて、楽しみながら地理を学んだ。

    【勉強に取り組む上での工夫】
    ・日頃から見るものに勉強を結びつけた
    →散歩をしながら周囲を観察して、化学や生物の知識を当てはめていた。

    【勉強への意識の転換・リフレーミング】
    →「こうでなければいけない」という思考をやめ、柔軟に考えるようにした。
    例えば、数学の証明問題を解く際、多くの時間を要することがストレスだった。
    「先に解答を読んで理解を深める」という発想をするようになったことで、短時間で解けるだけでなく反復演習することができ、定着度も増した。


    いかがでしたでしょうか。

    このように、自分に合った方法を見つけることで、勉強に意欲的に取り組めるようになり、効果も上がります

    また、お子さんが試行錯誤しながら工夫する力は、学力の高低以上に大切なものだと言えましょう。

    とは言え、お子さんと親御さんだけ(ご家庭だけ)で勉強方法を見つけなければいけないということはありません。

    中学生のお子さんはまだまだ「子ども」ですし、先述のとおり親御さんも勉強の専門家ではありません。

    お子さんがいろいろな勉強法を探したり試したりできるようになるためには、学校の先生、塾、家庭教師、その他の先人など、「勉強の専門家」を適切に頼ることが必要です。

    親御さんには、お子さんが家庭で安心できる環境をつくるとともに、お子さんがそうした「勉強の専門家」を適切に頼れるよう、ご協力していただければと思います。


    まとめ〜お子さんの幸せな未来を祈っています〜

    まとめ〜お子さんの幸せな未来を祈っています〜

    この記事では、「中学生の我が子が勉強できない」とお悩みの親御さんに向けて、「勉強ができない」の2タイプ、タイプごとの解決法、個人にあった勉強法の成功事例をご紹介してきました。

    ここまでの内容をおさらいします。

    まずは、「うちの子は勉強ができない」と、ひと口に捉えないようにしましょう。

    「①一生懸命勉強しているのに成績が伸びない」のか、
    「②勉強していない(勉強にやる気が出ていない)」のかによって、
    アプローチのしかたが異なります。

    ①一生懸命勉強しているのに成績が伸びない場合は、
    (1)現在の学力を知る
    (2)目標を定める
    (3)お子さんにあった勉強法を知る
    ことが大切です。

    ②勉強していない(勉強にやる気が出ていない)場合は、
    (1)自己肯定感を高める声かけをされる
    (2)学習習慣を身につける(ために外部機関を利用する)
    (3)成功体験を積む
    ことが大切です。

    また、自分に合う勉強法を見つける・編み出すことによっても、「勉強ができない」という状況は変わっていきます。

    学校での勉強が合わなくても、「こうすると勉強することが楽しい」と思える方法などに出会うことで、意欲的に取り組むことができます。

    効果的に勉強すべく工夫する力の習得は、この先の人生において、科目の勉強以上に大切なことでもあります。

    「我が子は勉強ができないから」と一般化せず、親御さん自身も視野を広げることが大切です。

    何より、お子さんの勉強については、親御さんだけでなんとかしようと考える必要はありません。

    学校への相談はもちろん、昨今では体験授業や無料相談を行なっている塾もありますし、インターネットで勉強方法を公開している人もいますので、お子さんに合うものを試されることをオススメします。

    キズキ共育塾でも、無料相談を行なっております。何かお力になれることがございましたら、お気軽に御相談くださいね。

    キズキ共育塾にも、毎日たくさんの生徒さんが訪れます。

    はじめは渋々勉強していた生徒さんが、自主的に生き生きと取り組むようになる姿は、とてもうれしいものです。

    勉強というのは、可能性の扉を開く手段のひとつです。

    最適な学習法が見つかれば、お子さんにとって、より幸せな未来につながるでしょう。

    お子さんにぴったりの学習法が見つかり、その無限の可能性が開花されることを願っています。

    お問い合わせ・無料相談はこちらから

    ※文中の写真は、全てイメージです。


    通信制高校から大学に合格した生徒さんの声


    関連リンク