学校が嫌いだった私が最少出席日数で卒業できたワケ

学校が嫌いだった私が最少出席日数で卒業できたワケ

2019年11月29日 金曜日 投稿

学校が嫌いだった私が最少出席日数で卒業できたワケ

「学校が嫌いだから行きたくない…」

あなたは、そんなふうに学校嫌いで悩んではいませんか

筆者も学校が嫌いだったうちのひとりで、そのために高校で不登校になりました。

しかし「学校が嫌い」という気持ちを受けいれることで、最少出席日数で無事に高校を卒業することができました。

そこで今回のコラムでは、「学校嫌い」とどう向きあえばいいのかを、私の体験談を交えながら考えていきたいと思います

学校が嫌いな学生さんだけでなく、そうした子を持つ親御さんも気づくところがあるかと思いますので、よかったら一緒にお読みください。

学校が嫌いだった私の体験談:最少出席日数で卒業できたワケ

まずは、「学校嫌いな人の過ごし方」の例として、高校時代に学校が嫌いだった私自身の話をします。

私は高校2年生の始めから卒業するまでの間、学校が嫌いで、ほとんど学校に通いませんでした。

しかし、最少出席日数で高校を卒業することができました

卒業するときに担任の先生からは、「君の出席日数は、(病欠の生徒を除いて)歴代でいちばん少なかったぞ」と言われました。

なぜ登校を極力避けたままでも卒業できることができたのか、理由は次の2つだと思います。

  • 学校がなぜ嫌いかを考えた上で、「嫌いなら嫌いなままでもいい」と思いきることができた
  • 家族や先生に、学校の何が耐えられないかを何度も説明して理解してもらった

順に見ていきましょう。

学校が嫌いで不登校になるまで

学校が嫌いで不登校になるまで

私が明確に学校を嫌いになったのは、高校2年生のときでした

それまでにも、大きな学校行事や緊張する発表の前などに、ぼんやりと「学校へ行きたくない」と思うことはありました。

特に私が疲れていたのは、学校の人間関係です。

私の学校には、何年生になってもクラス内にグループの上下関係がありました。

俗にいう「スクールカースト」ですね。

高校2年生のときには、その上下関係が強いクラスになってしまったのです

違うグループの人と話すときにも気を遣う上に、授業やグループ学習で発表をするときには場の空気を読んで発言できないと「シラケる」という緊張感がありました。

「学校には勉強をしに来ているのに、どうして勉強以外のところでこんなに疲れなきゃならないんだろう?」

この時点で、私は「学校が嫌いだ」と明確に思うようになっていたのです

さらに、1年生のときから塾に通っていた私は、学校の授業の進みを遅く感じるようにもなっていました。

人間関係と勉強について考えるうち、だんだん「学校に通う意味」もわからなくなってきました。

そして高校2年生の梅雨の時期に熱っぽさを感じて休んだ日から、登校するのが面倒になり、そのまま不登校になりました

不登校だった時期に私が考えたこと

不登校になると、様々な考えが頭をよぎります。

「こうしている間に、同級生は自分のことをウワサしているんじゃないか」
「このまま留年したり退学したりしたら、どうなるんだろう」
「学校に行けない自分は、社会に出てもやっていけないんじゃないか」

個人的につらかったのは、両親や担任の先生を心配させていたことです

子どもが不登校になった親御さんの中には、お子さんを怒る人もいます。

ですが私の場合は逆で、親から気を遣われすぎて、はれ物を扱うような対応になっていました。

怒ることも気を遣うことも「愛情」からだと頭ではわかるのですが、状況としてはどちらもつらいものです

私の場合は、「自分は親を心配させている親不孝者だ」という罪悪感に支配されていたのを覚えています。

学校の嫌いなところを書き出す

学校の嫌いなところを書き出す

そんな状況が続いた高校2年生の夏、担任の先生が家庭訪問に来てくれました。

そして、「学校の何が嫌いなのかを紙に書いてみたら?」と提案してくれたことで、流れが変わりました

私は自室に戻り、自分が考える「学校の嫌なところ」を次のように書き出してみました。

  • 教室にいると、緊張して心臓がバクバクする
  • 授業の進度が合わないから、時間を無駄にしている気がする
  • グループでいると疲れるし、独りでいても目立つから嫌だ
  • 学校行事や班行動で苦手な人とも仲よくしようとするとストレスを感じる
  • 毎日同じ時間に同じ制服を着て登校しなきゃならいのが非人間的な気がする

そして、こうした「学校の嫌なところ」がもしなくなったら、学校に通うことができるかもしれないと考えたのです。

学校がなぜ嫌いかを必死で説明した

私は後日、母親と先生がいる三者面談の場で、「学校の嫌なところ」を話しました

「甘えだ」と言われるかもしれないと思うと話すのが怖かったですが、自分にとってそれがどれくらい嫌なのか、なぜ嫌なのかを必死で訴えたことを覚えています。

話すことで私がどれだけ苦しんでいるかを知ってもらえたのか、その後は3人でひとまずどういう仕方であれば通えそうかを考えることになりました。

そのときに先生のおっしゃった話の中でいまでも印象に残っている言葉があります。

「学校が嫌いなら嫌いでもいい。無理に好きにならなくても大丈夫。自分に合った仕方で通って卒業すればいいよ」

この言葉で気が楽になったことを覚えています。

そして、「クラスの人間関係や教室の雰囲気が耐えられないなら、毎日でなくてもいいし時間も気にしなくていいから、まずは夏休み明けに保健室登校から始めてみよう」という結論に至りました

なお、保健室登校についてもっと知りたいという方は、コラム「保健室登校って何?〜意味・効果、不登校との関係、教室復帰の方法〜」にまとめてありますので、よかったら読んでみてください。

保健室登校をしながら学校との折り合いをつけた

保健室登校をしながら学校との折り合いをつけた

私の場合は、保健室であれば学校に通うことに抵抗がなかったので、夏休み明けからしばらくは保健室登校を続けました

先生から「教室に戻ってみてはどうか」という提案がときどきあり、自分の調子と合わせて切り替えるという仕方で、自由にさせてもらえました。

個人的に驚いたのが、私の他にも保健室登校をしている人が何人もいたことです

教室にいる同級生に比べておだやかな性格の人が多く、人数も少なかったため、居合わせた人といろいろな話をすることができました。

どうして学校が嫌なのかを教えてくれる人もいて、共感することで気が楽になりました。

3年生になってからも、教室で授業を受けたり、保健室登校をしたり、家で自習したりと、自分の気持ちを周囲に相談しながら「学校嫌い」と折り合いをつけることで、私は最少出席日数で高校を卒業することができたのです

その後は大学に進学・卒業し、今は社会人として働いています。

学校が嫌いでもなんとかなる、将来が閉ざされているわけではない、という話です。

学校嫌いの代表的な理由7点

私自身の例以外にも、学校が嫌いになる理由はたくさんあると思います。

この章では、文部科学省などの資料や、私が過去に見てきた不登校の人の意見をもとに、学校が嫌いになる代表的な理由を見ていきましょう

あなた以外にも、学校嫌いな人はたくさんいるということを知ってください。

参照:文部科学省「平成30年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について」、千葉県「不登校の要因と背景」、日本財団「不登校傾向にある子どもの実態調査」

理由①教師や友達との関係がうまくいかない

教師や友達との関係がうまくいかない

教師や友達との人間関係は、学校嫌いや不登校の原因として例年上位に入ります

文部科学省の調査でも、不登校の要因として人間関係は毎年40%を超えてきています。

教室で長い時間授業を受ける生徒にとって、教室内の人間関係は、学校の好き・嫌いに大きなウェイトを占めます。

教師やクラスメイトとの関係がうまくいかない場合、学校を嫌いになるのは当然と言えるでしょう。

理由②嫌がらせやいじめを受けている

嫌がらせやいじめも、学校嫌いの代表的な理由です

家族や先生が気づきにくい場合もある上に、自分から家族や先生に相談するのを恥ずかしく思う人もいるでしょう。

メディアでも学校の対応が批判されることが増えてきたため、「相談できないこと」の深刻さも知られるようになってきていますが、まだ充分とは言い切れません。

嫌がらせやいじめで学校が嫌いになって通いたくないという人は、信頼できる周りの大人や相談期間などに相談するようにしましょう。

いじめの原因や対策については、コラム「どうしていじめは起こるの?いじめの原因と対策・予防、対応まとめ」にまとめていますので、気になるようでしたらご一読ください。

理由③朝、起きられない

朝、起きられない

学校の始業時間は決まっているため、朝に起きられないという人は通学に苦労します

昼夜逆転になっていたりすると、日中眠いなか授業を受けなくてはならない状況になり、学校通いがつらくなり、学校を嫌いになるのです。

夜遅くまでゲームやスマートフォンをしてしまう人などは、特にこの傾向が強いかと思います。

なかには起立性調節障害(OD)という病気の場合もありますので、あまりに朝起きられないことが続く場合は病院へ行くようにしましょう。

参考:社会福祉法人恩賜財団済生会「子どもに起こりやすい起立性調節障害」

朝起きる方法については、コラム「朝起きるのが苦手なあなたへ~ぜひ試してみてほしい!朝起きるための10個の方法~」にまとめていますので、よかったら読んでみてください。

理由④学校のイベントが嫌い

定期的に催される学校のイベントが嫌いというのも、理由としてよく挙がるものです

運動の苦手な人であれば運動会や体育祭、集団行動の苦手な人であれば学園祭の催し準備などでストレスが溜まるので、学校が嫌いになってしまうようです。

学内行事ではグループ行動がメインになってきますので、理由①で挙げた人間関係に難を感じている人には余計につらいと考えられます。

理由⑤授業の進度が合わない

授業の進度が合わない

授業の進度が合わなくて学校嫌いになるケースは、2種類あります。

ひとつは、進学塾などでの勉強が進みすぎて、学校の勉強が無意味に感じられるケース(私と同じケースですね)。

もうひとつの方が数は多いかと思いますが、勉強についていけずに授業が苦痛に感じられるケースです

どちらにしろ、学校で過ごす時間の多くは「座って受ける勉強の授業」ですので、自分に合わなければ毎日毎日「嫌な時間」を過ごすことになるでしょう。

なお、勉強のやる気が出る方法については、コラム「勉強したくないあなたへ〜元劣等生が伝える、やる気が出る4つの方法〜」にまとめていますので、ぜひご覧ください。

理由⑥学校のルールや暗黙の了解に縛られたくない

学校には、校則や暗黙の了解がたくさんあります。

そうしたルールに縛られるのがわずらわしくて、学校が嫌いになるケースがあります

実際に私は、毎日同じ制服を着て同じ時間に通学するのが嫌でした。

他にも、好きな髪型にできない、アルバイトができない、部活で謎のルールがある、課題提出が大量など、学生は様々なルールに縛られます。

ルールに納得できない、一応納得はしているけどストレスにもなるなど、ルールは学校嫌いの要因になるのです

なお、「どうしても遅刻してしまう」「どうしても課題提出を忘れてしまう」など、どうしてもルールを守れない人の中には、発達障害やアスペルガー症候群など、脳の機能が関係する場合もありますので、気になるようでしたら病院へ行ってみるのもひとつの手です。

発達障害やアスペルガーについては、コラム「発達障害やアスペルガーって何?〜親御さんのための定義・対応・Q&A〜」で詳しく述べています。

理由⑦集団よりもひとりでいる方が楽

集団よりもひとりでいる方が楽

学校では、集団行動が基本です。

ひとりで過ごす方が楽だという人にとって、集団行動を強いられることは、学校嫌いの一因になるでしょう

学校は、科目の勉強をするだけでなく、社会生活や人間関係を学ぶ場でもあるので、集団行動もある程度は受け入れる必要があります。

しかし、「自分にどうしても合わない集団」というのはありますし、またそもそもひとりの方が楽だというのもひとつの個性です。

「集団に馴染めない自分はダメな人ではないか…」と変に不安になる必要はありません。

学校が嫌いな人におすすめしたい4つのこと

様々な人がいろいろな理由で学校を嫌いになる、ということを紹介しました。

学校嫌いな人が多いということは、その気持ちをなんとかする方法もたくさんあるということです

ここからは、学校が嫌いな人が学校と折り合いをつけるためにおすすめしたいことを、4つ紹介いたします。

大切なのは、「学校が嫌い」という一言で投げ出すのではなく、具体的にどこが嫌いなのかを考えることです。

そして、周囲の人を適切に頼ることです。

ひとつずつ、一緒に確認していきましょう。

①学校が嫌いなのは変なことじゃないという意識を持つ

学校が嫌いなのは変なことじゃないという意識を持つ

学校が嫌いな人にまず覚えておいてほしいのは、「学校が嫌いなのは、変なことじゃない」という意識を持つことです

学校が嫌いなのはあなただけではありません。 無理に好きになる必要もありません。

人によって、環境の合う・合わないはどうしてもあるからです。

まずは、学校が嫌いということを特別視せずに受けいれることから始めましょう。

②好きなところと嫌いなところを紙に書きだす

続いてオススメしたいことは、「学校の好きなところと嫌いなところを紙に書きだす」です

これは私の体験からも言えることですが、単に「学校が嫌い」と一言で片付けてしまうと、学校の何が気になっているのかが見えてきません。

嫌いなところを具体的に紙に書きだしてみることで、あなたが具体的に何をストレスに思っているのかが見えてきます。

具体的なストレス源が見つかると、具体的な対処法や、親・学校への具体的な相談内容もわかってきますし、そのときの説得力も出てきます

また、好きなところも書き出すことで、「嫌いな部分もあるけど、全体的には大丈夫だな」と考えが変わり、悩みが減ることもあります。

学校嫌いでお悩みの方は、好きなところと嫌いなところを紙に書いてみてください。

③耐えられないことは両親や先生に相談する

耐えられないことは両親や先生に相談する

学校で耐えられないことがあるときは、両親や先生に素直に相談するようにしましょう

大人であっても、悩みを一人で抱え込むと心身の調子を崩してしまうことがあります。

逆に言うと、いろんな人を頼ることで、悩みは適切に解決していくということです。

ましてや、あなたはまだ子どもであり、悩みの解決方法を知らないことも珍しくありません。

親や先生は、どんどん頼りましょう

ですがもしかすると、知り合いに自分の悩みを話すのを恥ずかしいと思ったり、周りの誰が信用できるのかわからなかったりするかもしれませんね。

周囲を頼れないときは、市役所やNPO法人が運営する相談窓口を利用しましょう

例えば、インターネットで「○○市 中学生 悩み相談」のような検索を行うと、相談窓口が見つかると思います。

人に相談すると、まずそれだけで気持ちが軽くなりますし、具体的な解決方法も自分一人よりも見つかりやすくなりますよ。

④本当に嫌で登校したくないときは休む

最後にオススメしたいのは、「本当に嫌で登校したくないときは休む」という方法です

嫌いな学校に無理に登校すると、嫌な記憶が染みついて、次の登校が余計につらくなる可能性があります。

そういったときには、これまでご紹介した方法も試しつつ、思い切って休みましょう。

一度休んで、気力・体力が回復すれば、学校への嫌悪感がやわらいで、また元気に登校できるようになります

しかし、一度休んだ後に登校再開する気にならないと(=不登校になると)、出席日数が少なくなります。

出席日数が少なくなると、授業についていけなくなったり、人間関係が希薄になったりする場合もあります。

また、中学生では高校入試に影響があったり、高校生は留年・退学の可能性があったりするということは、考慮に入れた方がいいでしょう。

とは言えそんな場合も、変に不安になる必要はありません。

次章でご紹介するように、「今の学校」や「全日制高校」以外にも、選択肢はたくさんあります。

勉強や人間関係の充実を、「今の学校」以外に求めるの方法を模索してみてください。

「今の学校」以外の選択肢

この項目では、どうしても「今の学校」が合わないという人に向けて、大きく次の4つの選択肢を紹介いたします。

  • フリースクール
  • 通信制高校(入学・転校)
  • サポート校・学習塾
  • 高卒認定試験

昔に比べて、学校嫌いだったり不登校だったりする人を対象とした学びの場が増えてきています。

あなたにあった学びの場が見つかるかもしれないので、以下の紹介を参考にしてぜひ調べてみてください。

①フリースクール

フリースクール

フリースクールとは、ひきこもりや不登校の人など、主には学校に馴染めない人たちのための教育機関です

NPO法人や個人により運営されていることが多いです。

団体によって運営方針も異なり、勉強に力を入れているところ、精神面や生活面での支援が中心のところ、人との交流がメインのところなど様々です。

共通する部分は、通う人にとって安心できる「居場所」としての面が強いことです

なお、「スクール」とは言うものの、正式な学校ではないため、例えば高校生年齢の人がフリースクールで「入学・卒業」をしても、正式な学歴には反映されません。

ですが、あなたの学校がフリースクールと提携している場合は、「フリースクールへの出席」を「学校への出席」にカウントできます

また、フリースクールで勉強して後述する高卒認定試験に合格することもできます。

自分に合うフリースクールがあるか、学校との提携があるかなど、気になる場合はインターネットで調べたり見学に行ったり学校に確認したりしましょう。

②通信制高校

中学校で不登校になって内申点が低い、通っている高校が嫌いで中退したいけど高卒資格はほしい、という人には、通信制高校への進学・転校という手段があります

通信制高校とは、カンタンに言うと、「通学して授業を受けるのではなく、学校から送られてくる教材や課題を自宅で勉強する」というシステムの、正式な学校です。

年に何回かは、「スクーリング」という、「登校する必要のある日」もあります。

学校の校舎や教室に抵抗感がある、毎朝起きるのが苦手、人とあまり会いたくないという方には、特に有力な選択肢かと思います

通信制高校は、他の高校と比べて入学・転校の際に内申点がほとんど関係なく、入試もカンタンということも、学校嫌いな人な人にオススメな理由です。

また、自分のペースで勉強を進められるという利点もあります。

ただし、怠けたりせず自分で勉強スケジュールを管理しなくてはならないため注意が必要です。

次項で紹介するサポート校と提携している学校は、サポート校で学校の教材・課題に合わせて勉強を教わることもできます。

スクーリングの回数、行事の有無、高校卒業後の進路に向けたサポートなどは学校によって異なりますので、何を優先したいかを考えて調べた上で、どの学校に行くかを検討するとよいでしょう

なお、中学不登校からの高校進学については、コラム「大丈夫です。中学不登校からの高校進学」にまとめています。

③サポート校・学習塾

サポート校・学習塾

サポート校とは、一般には、「通信制高校と提携した学習塾」という意味で知られています

通信制高校は「高校から送られてきた教材を自分で勉強する」というシステムであるため、「自分一人では勉強をうまく進められない」「中学校の勉強内容を理解していないから、高校の教科書が理解できない」という人もいます。

文字どおり、そういう人たちの勉強をサポートするために、それぞれの通信制高校の教材などに合わせて授業を行うサポート校があるのです

サポート校は、運営母体としては学習塾や予備校が多く、メインの内容は「中学校後半〜高校内容の勉強の指導」であることが、フリースクールとの違いです。入学のために筆記試験などがある場合もあります。

正式な学校ではないことは、フリースクールと共通しています。

なお、通信制高校の生徒以外にも、「なんらかの事情を抱えて学校へ行けない人」が入塾できるサポート校もあります

また、「サポート校」と名乗っていなかったり、通信制高校と連携していなかったりしても、不登校・学校中退などの人に勉強を教える学習塾はあります。

いずれにしても、「学校嫌い」や「不登校」などの事情を理解していることは、フリースクールと同じです。

サポート校や学習塾についても、自分に合うところがあるか調べてみましょう。

④高卒認定試験

特に高校生の場合、高校卒業の代わりに、高卒認定試験に合格する、という方法があります

高卒認定試験とは、カンタンに言うと、「高校卒業と同程度の学力がある」と認められる公的な資格です。

合格すると、高卒資格が必要な大学・短大・専門学校の受験や、一部の公務員試験の受験が可能になります(一部の民間企業も、高卒とみなして応募可能になります)。

高校に在学中でも受験できますので、例えば「転校・留年からの高校卒業」と「高卒認定の取得」の両方を目指し、早く得た方の資格で大学を受験する、といったことも可能です

なお、高卒認定試験の合格も、「学歴」にはなりません。

合格後に専門学校や大学などを卒業しないと、最終学歴が「中卒」のままであることは覚えておきましょう。

高卒認定試験の詳細は、コラム「【すぐ読める】高卒認定試験とは?意外と簡単!取得のメリット・合格のポイントをご紹介」に書いていますので、興味がありましたらご覧ください。

まとめ:学校が嫌いでもどうにかなる

まとめ:学校が嫌いでもどうにかなる

以上、学校が嫌いで不登校だった私の体験談を交えながら、「学校嫌い」に焦点をあてて見てきました。

あなた自身に当てはまるところはあったでしょうか?

大切なのは、学校が嫌いということで劣等感を覚えたり自尊心を失ったりしないようにすることです

学校が嫌いだと、毎日苦しい思いをするでしょう。

ですが、学校が嫌いなことは変なことではありませんし、あなたを助ける人もたくさんいます。

学校嫌いの自分を認めて、次の一歩に進んでいきましょう。

このコラムが、あなたの「学校嫌い」を見つめ直すきっかけになれば幸いです。

さて、私たちキズキ共育塾は、一人ひとりに寄り添う完全個別指導塾です。

生徒さんには、学校が嫌いで不登校中の人や中退した人も大勢います。

授業では、勉強だけではなく、「学校にどうやって復帰するか」「学校に復帰しないなら、どこに転校するか、転校しないならどうするか」といった様々な相談も可能です。

あなたのための「学校嫌い」の話ができると思いますので、少しでも気になったらお気軽にご連絡ください(親御さんからの相談も受けつけています)。

いまから学び直せる

小学校レベルから大学受験対策まで。目的・学力に合わせた完全個別指導。

キズキ共育塾について詳しく見る