大丈夫です。中学不登校からの高校進学

大丈夫です。中学不登校からの高校進学

2017年3月31日 金曜日 投稿

大丈夫です。中学不登校からの高校進学

キズキ共育塾で講師をしている深山修二と申します。

「中学校に行けなくなってしまったけど、この先どうしよう」
「うちの子はまた学校に通えるようになるのだろうか…」

こうした悩みは、不登校になってしまったご本人と保護者さまに広く見られるものです。特に、中学校で不登校の場合に顕著な傾向があります。

中学校卒業後の進路は、ほとんどが高校進学です。

そのため、「現在不登校の自分が(我が子が)高校進学できるのだろうか、進学できても通い続けられるだろうか…。」そんな不安が心の重荷になってしまうケースが多いのです。

もちろん、「中学卒業後は必ず高校進学することが正しい」ということではありません。中学卒業後に働いたりすることも一つの選択肢です。

ですが、私の見てきた中学不登校の生徒さんは、学校そのものに対する拒否感は持ちつつも、同時に「高校進学し、学校生活をやり直したい」「高卒資格がほしい」といった意識も持っている人が多いようでした。

そうした方々にとっては、「中学校を不登校であっても、高校進学し卒業できる」という事実は、過去にとらわれすぎず、新たに歩みを進める上で非常に重要です。

今回は、私の指導経験をもとに、中学不登校から高校進学への道筋と、どのような高校があるのかについてご説明します

なお、公立の中学校は、卒業自体は出席日数とは関わりなく可能です。

転校して別の学校を卒業するなどの手間をかけなくても、いま所属している中学校で「別室登校」などをしながらでも卒業できるということは、覚えておくと、ちょっと気が楽になるかもしれません。


中学不登校から進学できるのはどんな高校?

私の見てきた場合、不登校の中学生の高校進学の選択肢は大きく分けて3種類あります。それぞれのケースについて、具体的な事例を交えながら解説いたします。


不登校からの高校進学①通信制高校

不登校からの高校進学①通信制高校

多くの中学不登校の生徒さんにとって、通信制高校への進学は有力な選択肢です。

特に「学校という空間」への拒否感が強かった場合、高校でも、校舎であったり教室であったり、そういう「自分にとっての嫌な経験」を連想させる「学校に関わる様々なもの」があると、足が進まなくなってしまうことがあります。

通信制高校の授業は自宅などで行う「課題」ベースで進むため、スクーリング(通学する日)を除き、学校に行く必要はありません。また、自分なりのペースで学習を進められることも特徴です。

「出席・講義型の通常の授業以上にきちんと自己管理をする必要がある」という意味では大変ですが、適切なフォローアップがあれば、むしろ自由な時間を活用して順調に学習を進めることができるという強みになります。

スクーリングの回数・日数、大学進学や就職へのフォローの大小、修学旅行や文化祭などのイベントの有無は学校によって異なりますので、その辺りを重視したい方はしっかり調べてから学校を決めましょう。


厳しい中高一貫校で不登校となり、通信制高校へ進学したAさん

以前受け持ったある生徒さん(以下、Aさん)は、厳しい校風の私立の中高一貫校に入学したのですが、その厳しさについていけず、中学生時点で不登校になりました。

それでもなんとか中学を卒業した時点で、あと3年も「いまの生活」を続けることは考えられず、同じ高校には進学しませんでした。

Aさんは、「厳しく拘束されない」という理由で通信制高校に進学しました。

どの通信制高校にするかは、先生の雰囲気に加えて、「スクーリング回数の少なさ」も重視して決めたとのことです。

Aさんは通信制高校の課題をきちんとこなし、高校生としての基礎的な学力を身につけつつ、通信制高校ならではの自由な時間を活かして、好きな絵を描くために絵画教室に通ったりするなど、のびのびと過ごしていました。

そして、大学受験のための勉強は通信制高校の課題と独学だけでは足りなかったため、やはり自由な時間を利用してキズキ共育塾に通い始めました。

その後Aさんは、無事に志望する大学に合格しました。

「毎日校舎に通う」形ではありませんが、Aさんは充実した高校生活を楽しみ、次のステップに進んでいったのです。


不登校からの高校進学②単位制高校(定時制高校)

不登校からの高校進学②単位制高校(定時制高校)

一般にイメージされる高校は、「学年ごとに、決まった時間割で授業を受け、各科目で一定以上の成績を修めたら進級し、卒業する」というタイプではないでしょうか。

そうした高校では、いずれかの科目で一定未満の成績だった場合は、留年になります(こうした高校は、俗に「学年制高校」と言われることもあります)。

それに対して単位制高校では学年の縛りが緩く、卒業までに必要な「単位」を取得すればよいということが特徴です。

自ら選んだ授業ごとに「単位」を重視するという意味では、大学に近い通学スタイルになります。

通学時間にも朝から夜までいくつかのコース分けが用意されていることが多く、その点でも通常の全日制高校よりも融通が利き自由度が高くなっています。

また、通信制高校と比べた場合には、単位制高校は部活動や学校行事などが充実しており、「高校に通っている」という実感が持ちやすいのが大きなメリットです。

学校やコースによっては3年間では卒業できないこともありますので、その辺りも調べて学校を選びましょう。


単位制高校で部活動と生徒会を楽しんだB君

私が受け持っていたある生徒さん(以下、B君)は、通学式の単位制高校に通っており、部活動と生徒会活動に積極的に関わっていました。

B君は中学時代に不登校で、部活動などにもあまり関心はなかったのですが、高校進学後にできたクラスの友人に誘われる形で、部活や生徒会に関わるようになったそうです。

B君は、今の生活について「高校生活がこんなふうに充実するなんて、(不登校の)中学生のときは想像もしてなかった」と言っていました。

また、必修の単位さえ取ってしまえば残りの自由科目の単位は好きなように選択できるため、「1年生の時点でこれだけやっておけば後が楽になる」と3年間の見通しが立つことで、通学の意欲を維持できているという話もしていました。

学習に対して苦手意識を持っている方にとっては、特に「ここまでやる」という目標が明確な方がモチベーションを保ちやすいものなのです。

B君以外にも、高校に通い出してから初めて中学との違いを実感した生徒さんは数多くいます。高校進学が一つの転機になっているのです。これも、ぜひ覚えておいてほしいことの一つです。


不登校からの高校進学③全日制高校

不登校からの高校進学③全日制高校

全日制高校とは、いわゆる「普通の」高校です。

平日の午前中から午後まで授業があり、その後は部活動や生徒会活動があって…という、よくイメージされる高校のことです。

それまで「普通の」中学で不登校だったのに、「普通の」高校に進学したらまた不登校になるのでは…とお悩みでしたら、それはちょっと違います。

(特に学区で生徒が集められる公立の)中学までとは異なり、高校は、その校風などによって、人間関係や価値観に幅があるのが特徴です。

「学校での人間関係」が原因に含まれる中学不登校の場合、自分と価値観の似たような人がいる高校や、同じ中学校の出身者が少ない高校などに進学した結果、「普通に」通い続けることができた方は多くいらっしゃいます

逆に言うと、人間関係に限らず、自分に合わない高校に進学してしまった場合は、それを原因に新たに不登校になってしまう可能性もあります。

決して脅かすわけではありませんが、校風(雰囲気)、通学距離・時間、卒業後の進路が進学メインか就職メインかなどは、きちんと調べましょう

また、特に公立の全日制高校の場合、入試では「学科試験の点」だけでなく、「内申点」も含めて合否を判定されることがあります。

中学不登校の場合、残念ながら一般的に内申点は低くなっています。

校風などに加えて、「入試で何が判断されるのか」も調べておきましょう。


中学までの知人がいない全日制高校に進学したCさん

私がかつて担当していた生徒さん(以下、Cさん)は、中学時代に、学校の人間関係を直接の原因として不登校になりました。

ですが、その後進学した全日制高校には問題なく通学できていました。

授業のふとしたおりに高校の話になって「どうして今の全日制高校を選んだの?」と訊ねたところ、「校舎がきれいで、制服もかわいいと思ったから。でも、一番大きな理由は、同じ中学の人がほとんどいない学校だったから」と言いました。

Cさんは、「地元の人たち」と気が合わなかったのです。

Cさんはいじめにあっていたわけではなく、また誰か特定の「嫌な人」がいたわけではありません。

ですが、多感な思春期に「地元の人たち」とうまく馴染めなかったことを始まりに、不登校になっていたのです。

「いわゆる普通の高校生活」を送りたかったCさんは、高校進学にあたって、「地元の人たちが少なくて、自分の性格にあった校風で、入試で内申点をあまり重視しない全日制高校」を選びました。

その選択がうまくいき、高校では楽しく過ごせていたのです。

意外かもしれませんが、Cさんのように、中学ではうまくいかなくても、高校ではすんなり学生生活を楽しめる、というケースも少ないわけではありません

自分の(お子さまの)中学不登校の理由・原因がはっきりわかるのであれば、それに当てはまらないような高校を選べばよい、ということです。


高校進学せず、高卒認定をとって大学進学や専門学校進学を目指す

なお、将来的に大学や専門学校への進学を目標にしている場合、必ずしも高校進学をする必要はなく、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定、高認)の取得という方法もあります。

高卒認定に関してはこちらのコラムで詳しく解説していますので、ご参照ください。


「これまで」と「これから」は違うもの

「これまで」と「これから」は違うもの

いかがでしょうか。私が見てきただけでも、「中学は不登校だったのに、高校には通えている」という生徒さんは大勢いらっしゃいます。

これらのケースに共通して言えるのは、進学先をきちんと選べば、「中学不登校」という「これまで」と、「高校進学・通学」という「これから」には、実際にそれほどのつながりがあるわけではない、ということです。

いろいろな高校について調べると、自分にとって(お子さまにとって)通いやすい・継続できる進路が見えてくるのではないでしょうか。

とは言え、不登校の渦中にいるときは、ご本人も保護者さまも、気持ちの面でもしんどいでしょうし、何をする気力が湧かず、でも焦燥感はつのる…ということもあるでしょう。

キズキ共育塾では、学習指導だけでなく、メンタル的な支援も、そして進路相談も、生徒さん一人一人に寄り添って行っています。

ぜひご相談ください。経験豊富なスタッフと講師が、あなたの支えになります。


お問い合わせ・無料相談はこちらから

中学不登校から高校進学した体験談




中学不登校から高校進学した講師の体験談


関連リンク


※紹介した生徒さんの事例は、記事の趣旨を損なわない範囲で、個人の特定ができないように一部事実を変更しています。
※文中の写真は、全てイメージです。