1. トップ
  2. コラム
  3. 通信制高校について
  4. 通信制高校の学費はどれくらい?公立と私立に分けて徹底解説!

通信制高校の学費はどれくらい?公立と私立に分けて徹底解説!

2021年3月29日 月曜日 投稿

通信制高校の学費はどれくらい?公立と私立に分けて徹底解説!
こんにちは、通信制高校生の勉強や生活を完全個別指導で応援するキズキ共育塾の寺田淳平です。

こんにちは。通信制高校への進学(転校)を考えていて、学費がどれくらい必要なのか知りたいです。
公立か私立かによって大きく違いますし、もちろん学校によっても異なります。

この記事では、通信制高校の学費について、公立と私立に分けて徹底解説します

平均の学費、代表的な通信制高校の学費、学費を安くできる制度などについてもわかりやすく説明しますので、通信制高校への入学・転入をお考えの方は、ぜひ読んでみてください。

私たちキズキ共育塾(→トップページへ)では、通信制高校の選び方や受験対策について、無料相談を行っています。お気軽にご相談ください。

キズキ共育塾を詳しく知る

通信制高校とは、毎日の通学が必要ない高校のこと

最初に、通信制高校の概要を改めて知りたいです。
通信制高校とは、毎日の登校が必要ない高校のことです

学校から送られてくる教科書や動画などの教材を利用して、自宅で勉強を行い、レポートの提出やテストの点数によって成績が決められます。

もちろん、通信制高校は「正規の高校」のため、卒業したら学歴はもちろん「高卒」です

また、学校やコースにもよりますが、通信制高校には「スクーリング」という制度があります

スクーリングを定めている通信制高校では、週に1日〜5日、または一定期間に集中して、登校して授業などを受けることが必要です。

一般的には、スクーリングが多いほど学費も高くなります。

その他、通信制高校の全体的な説明は、コラム「通信制高校とは?特徴・メリット・選び方・オススメの高校などをご紹介」で紹介していますので、ご興味があればお読みください。

私たちキズキ共育塾(→トップページへ)では、通信制高校の選び方や受験対策について、無料相談を行っています。お気軽にご相談ください。

キズキ共育塾を詳しく知る

通信制高校の学費の内訳・種類

通信制高校の「学費」の内訳(うちわけ)を教えてください
初年度に必要な学費の主な内訳・種類は、主には以下のような感じです(学校によって名称が違うこともあります)。

  • ①入学金
  • ②授業料
  • ③教科書代
  • ④諸雑費
①入学金について

入学時のみ必要な学費なので、2年目以降は不要です。
補足して、受験時には受験費(出願料)も別途必要になります。

②授業料について

通信制高校の授業料は、「科目ごと=単位(たんい)ごと」に計算されることが多いです。
単位とは、「各科目で、高校で必要なことを学んだ」という証明のようなものです。
通信制高校を卒業するためには、学校が定めた科目で「合計74単位(以上)」が必要になります(英語で○○単位、世界史で○○単位…といった感じの合計)。
また、単位を取得するためには、各科目で試験の成績が一定の基準を上回るなどの条件があります。
学費としては、通常「1単位○○円」で計上され、1年当たりの費用としては、25単位を目安にすることが多いです。

③教科書代について

文字どおり「教科書の費用」です。
学校によって「教材費」などの名称になっている場合もあります。

④諸雑費について

学校ごとに様々な名称・利用目的があり、金額もそれぞれです。
例えば、次のようなものがあります。
○修学旅行の積立金
○登録手数料
○施設設備費
○スクーリング費
○教育拡充費
○学校徴収金(がっこうちょうしゅうきん)

【公立・私立】通信制高校で初年度に必要な平均学費を紹介!

【公立・私立】通信制高校で初年度に必要な平均学費を紹介!

公立と私立では、通信制高校の学費は違うんですか?
2020年度の通信制高校の初年度の平均学費は、それぞれ以下のようになります。(25単位履修の場合。学費出典:学びリンク『不登校・中退生のための進路相談室2021』)

 
公立 私立
入学金 500円 40,000円
授業料 8,400円 225,000円
教科書代・諸雑費 学校によって異なる 102,000円
合計 8,900円+教科書代・諸雑費 367,000円
就学支援金を利用した場合の合計
(年収約590万円未満)
500円+教科書代・諸雑費 142,000円
就学支援金を利用した場合の合計
(年収約590~910万円未満)
500円+教科書代・諸雑費 246,700円

公立の方がだいぶ安いんですね!
はい。ただし、私立高校の方が、学費が高いぶんサポートが手厚いようです。

表の下の方にある「就学支援金(しゅうがくしえんきん)」とは、ご家庭の収入によって、国からもらえるお金のことです。

このお金は、授業料に利用できます(詳しくは後で紹介します)。

通信制高校の、公立と私立の違いについては、コラム「通信制高校の公立と私立の違いを比較紹介!〜学費・サポート・コースなど〜」で紹介していますので、ご興味があればお読みください。

代表的な通信制高校のコース別の学費一覧

続いて、次の3つの観点から、代表的な通信制高校の初年度の学費などを紹介します(授業料は25単位分で計算)。

  • サポート体制が充実している通信制高校
  • 大学受験に向けた勉強指導が充実している通信制高校
  • 東京都立と大阪府立の通信制高校

なお、後で紹介する「就学支援金制度」を利用できる場合は、「授業料」の金額は大きく減ります。

①サポート体制が充実している通信制高校5校

■1:代々木高等学校(私立)

代々木高等学校(よよぎ-)は、通信制高校の中では歴史のある学校で、面倒見のよい学校です。

費目 金額
入学金 10,000円
授業料 264,000円
教育充実費 15,000円
教科書代 10,000円
登録手数料 2,000円
諸雑費 1,100円
合計 282,100円

■2:さくら国際高等学校(私立)

さくら国際高等学校は、不登校経験者への支援を長く行っており、面倒見がよい学校です。(学費出典:学びリンク『通信制高校があるじゃん! 2020-2021年版』)

【本校通学型】費目 金額
入学金 10,000円
学費 700,000円
(週5日通学型、通学型授業料450,000円を含む)
施設費 20,000円
入学選考費 20,000円
諸雑費の積立 12,000円
合計 762,000円
【集中スクーリング型(本校所属)】費目 金額
入学金 10,000円
学費 250,000円
施設費 20,000円
入学選考費 20,000円
合計 300,000円

■3:クラーク記念国際高等学校(私立)

クラーク記念国際高等学校は、日本最大の通信制高校です。
「普通の学校」に近いイメージで、行事や部活にも力を入れているので、学校生活を楽しみたい生徒さんには好まれます。
「国際」の名のとおり、留学プログラムなどもあります(下記金額は、キャンパスによって一部異なる場合もあります)。(学費出典:学びリンク『通信制高校があるじゃん! 2020-2021年版』)

【全日型コース】費目 金額
本校初年度納入金 453,000円
選考コース初年度納入金 658,800円
合計 1,111,800円

■4:NHK学園高等学校(私立)

NHK学園高等学校は、名前のとおり、NHK(日本放送協会)の関連団体が運営する学校です。『NHK高校講座』という番組を見ることで、スクーリングが少なくてすみます。

費目 金額
入学金 35,000円
受講料 300,000円
施設設備充実費 10,000円
教育運営費 20,000円
生徒会費 2,000円
小計 367,000円
その他 上記のほか、教材費が1科目あたり2,000円程度(実費)、教材送料1,100円(年額)が必要

■5:ルネサンス高等学校(私立)

ルネサンス高等学校は、サポートも厚く、オンラインの学習が充実しています。登校日は、最短だと年4日間です。(学費出典:学びリンク『通信制高校があるじゃん! 2020-2021年版』)

費目 金額
入学金 50,000円
授業料 250,000円
施設設備費 20,000円
教育関連諸費 60,000円
スクーリング費 65,000円
合計 445,000円
その他 Wスクールコース及び通学コース受講を希望する場合は、別途費用が必要

②大学受験に向けた勉強指導が充実した通信制高校3校

■1:屋久島おおぞら高等学校(広域)

屋久島おおぞら高等学校(やくしま-)は、通信制高校の中でも、学力の高い生徒が多いようです。

費目 金額
入学金 50,000円
授業料 375,000円
施設費 50,000円
合計 475,000円
その他 通学キャンパスに通う場合には、別途通学キャンパスの授業料等が必要

■2:駿台甲府高等学校 通信制課程(私立)

駿台甲府高等学校(すんだいこうふ-)は、駿台予備学校グループの高校です。大学受験に向けた学習は、駿台予備学校グループの良質な授業・個別指導・映像学習などの学習支援をフル活用できます。(学費出典:学びリンク『通信制高校があるじゃん! 2020-2021年版』)

費目 金額
入学金 50,000円
授業料 200,000円
その他費用 65,923円
合計 315,923円

■3:つくば開成高等学校(私立)

つくば開成高等学校(つくばかいせい-)は、運営方針として、大学受験対策にも力を入れています(下記費用は、拠点により一部異なる場合があります)。(学費出典:学びリンク『通信制高校があるじゃん! 2020-2021年版』)

費目 金額
入学金 0円
授業料 212,500円
施設設備費 36,000円
教育運営費 50,000円
合計 298,500円

③東京都立・大阪府立の通信制高校

公立の通信制高校の代表例として、東京都立高校大阪府立桃谷高等学校(-ももだに-)を紹介します。これまでに紹介してきた私立の通信制高校に比べて、学費が安いのが公立の特徴です。

■1:東京都立の通信制課程の例

費目 金額
入学金 500円
授業料 8,400円
教科書代など 20,000円程度
日本スポーツ振興センター共済掛金 165円
合計 29,065円
その他 別途レポート等郵送費が必要

■2:大阪府立府立桃谷高等学校

費目 金額
入学金 500円
授業料 (最大で)9,000円
教科書・学習書・副読本等 20,000円
レポート用バーコードシールの費用 210円
後援会費 1,500円
生徒協議会費 980円
日本スポーツ振興センター加入金 250円
合計 33,340円
その他 選択する科目によって別途補助教材費が必要

学費は、学校によって結構違うんですね。
はい。ただ、学費は「高いから・安いから」「よい・悪い」というものではありません。

高校を選ぶ際には、学費も含めて、「あなたに合いそうかどうか」を総合的に考えましょう。

「合いそうか」を考えるためには、高校に問い合わせをしり、説明会や相談会などで雰囲気を確かめたり、通信制高校に詳しい人に相談したりすることをオススメします

私たちキズキ共育塾でも、通信制高校を探したい方のために、無料相談を行っています。

学費が高くても私立の通信制高校が選ばれるのはなぜ?

通信制高校は私立の方が学費が高いのに、公立よりも私立に通う生徒の方が多いのはなぜなんでしょうか。
学校数や定員の関係もありますが、私立の方が、学費が高いぶんサポート体制も手厚いということもあるでしょう。

一般的に、私立高校には、公立と比べて次のような特徴・傾向があります。

私立の通信制高校の傾向

  • スクーリング日を柔軟に選べる
  • 先生の数が多い
  • カウンセラーがいることもある
  • サポート校がある(サポート校については後で説明します)

通信制高校の、公立と私立の違いについては、コラム「通信制高校の公立と私立の違いを比較紹介!〜学費・サポート・コースなど〜」で紹介していますので、ご興味があればお読みください。

通信制高校の学費を安く抑える3つの方法

通信制高校の学費を安く抑える3つの方法

通信制高校の学費を安くする方法があるらしいと聞きました!
はい。主には次の3つの方法があります。

  • ①就学支援金制度を利用する
  • ②奨学金を利用する
  • ③特待生として入学する

方法①就学支援金制度を利用する

1つ目は、先ほど軽く触れた「就学支援金制度(しゅうがくしえんきんせいど)を利用する」という方法です。

就学支援金制度とは、家庭の収入が基準以下の場合に利用できる奨学金(しょうがくきん)のことです(参考:文部科学省「高校生等への修学支援」)

次の2つの条件で、利用できます。

利用できる条件 ①在学要件:日本国内に在住し、高等学校等に在学する人
②所得要件:家族の年収が、約910万円未満であること

ただし、以下の場合には支給対象者から外れます。

利用できない条件 ①高校などを一度卒業したことがある人
②高校などに、通算で36か月より多く在籍している人(定時制・通信制の場合は、48か月を超える人)

支給額は、次の表をご覧ください。

私立高校 世帯年収約590万円未満の上限支給金額 世帯年収約590~910万円未満の上限支給金額
1単位当たり 12,030円 4,812円
25単位(1年間)当たり 300,750円 120,300円
公立高校 世帯年収約910万円未満の上限支給金額
1単位当たり 336円
25単位(1年間)当たり 8,400円

私立通信制高校の97%は、1単位あたりの授業料が12,030円以下です。

そのため、カンタンにまとめると、次のようになります。

  • ①私立の場合、世帯年収約590万円未満の方は、授業料が実質無償
  • ②私立の場合、世帯年収が約590万円〜約910万円未満の方は、授業料が大きく減額
  • ③公立の場合、世帯年収が約910万円未満の方は、授業料は実質無償

その他のポイントは下記のとおりです。

  • ①このお金は授業料以外の費用には使えないので、入学金・教材費・諸雑費などはご家庭で負担したり、別の助成金などを利用したりする
  • ②基準となる家族の収入は、家族の人数などによって多少上下する

「どうやって申し込めばいいのかわからない」「自分の家庭が支給対象になるかどうかわからない」などの疑問や不安は、次の窓口や、現在在籍している学校の先生、志望校の先生、学習塾などの詳しい人に相談してみてください。

方法②奨学金を獲得する

学費を安くする2つ目の方法は、「奨学金(しょうがくきん)を利用する」ことです。

奨学金とは、多くは「経済的理由によって進学などが難しい人を応援するためのお金」です

奨学金は、まず大きく分けて、次の2つがあります。

奨学金のタイプ

  • 貸与型(たいよがた。受け取った奨学金を、将来的に返す必要があるタイプ)
  • 給付型(きゅうふがた。受け取った奨学金を、返さなくてもよいタイプ)

具体的に、通信制高校生が利用できる代表的な奨学金に、文部科学省が実施している「高校生等奨学給付金」があります。

高校生等奨学給付金は、授業料以外の教育費(教科書代など)に使える、給付型の奨学金制度です

通信制高校の場合には、家庭の経済状況によって、次の金額が支給されます。

■生活保護受給世帯

①公立通信制高校の場合:年額3万2,300円
②私立通信制高校の場合:年額5万2,600円

■非課税世帯(年収約250万円未満)

①公立通信制高校の場合:年額3万6,500円
②私立通信制高校の場合:年額3万8,100円

気になる方は、文部科学省の「高校生等奨学給付金のお問合せ先一覧」のページを見て、ご自身が住んでいる都道府県の窓口に連絡してみてください(親御さんや学校の先生に話してもらってもOKです)。

次に、JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)でも、通信教育課程向けの奨学金を設けています。

こちらは、家計の他に、学力においても基準が定められています。

その他には、学校や都道府県が、独自の奨学金・奨学生制度を設定していることもあります。

気になる人は、(親御さんや中学の先生も頼りながら)高校や役所に問い合わせてみましょう。

方法③特待生として入学する

学費を安くする3つ目の方法は、「特待生(とくたいせい)として入学する」ことです。

特待生とは、勉強・スポーツ・芸術・学業などの特定分野で学校が定めた基準をクリアする、優秀な学生のことです。

特待生制度を設けている通信制高校では、特待生向けの入試に合格すれば、学費が免除されるなどのサービスがあります

何か優秀な分野がある人なら、特待生制度がある高校を探すのも一つの方法です。

私立の通信制高校の学費に関連して~サポート校の利用~

私立の通信制高校生には、「サポート校」というものがあると聞きました。
はい。サポート校とは、「特定の通信制高校と提携した塾」のようなものです

サポート校では、提携している通信制高校のカリキュラムに対応した勉強の支援、独自の授業の実施、体験的な学習の実施、生活面の支援などをしています。

サポート校の例

私立屋久島おおぞら高等学校と提携しているサポート校・KTCおおぞら高等学院には、「進学コース」の他に、次のようなコースがあり、いわゆる「五教科の勉強」以外のことも学べます。
○子ども・福祉コース
○プログラミングコース
○マンガイラストコース
○ネイルコース
○住環境デザインコース
(参考:KTCおおぞら高等学院「コース紹介」)

サポート校では、学費は必要ですか?
もちろん、高校とは別に、サポート校の学費も必要です。

サポート校に通った場合の、初年度の平均的な学費は、次の表をご覧ください。(学費出典:学びリンク『通信制高校があるじゃん! 2020-2021年版』)

   
平均 1日通学コース3日通学コース 5日通学コース
入学金 88,000円 100,000円 74,000円 89,000円
授業料(年間) 502,000円 180,000円 336,000円 544,000円
施設設備費(年間) 66,000円 なし 61,000円 70,000円
その他(年間) 78,000円 なし 77,000円 82,000円
合計 734,000円 280,000円 548,000円 785,000円

なるほどー、高校の学費とは別にお金がかかるんですね。
はい。サポート校は必ず通わなくてはいけないわけではないので、利用しないというのももちろんアリです。

ただ、高校卒業・大学受験・就職を目指す人は、サポートがあった方がよいでしょう。

サポート校ではなくても、通信制高校のことに詳しくて、学費が折り合う塾などを利用することはオススメしておきます。

私たちキズキ共育塾にも、通信制高校の生徒さんが、卒業や大学受験を目指して大勢通っています。

サポート校の詳細は、コラム「通信制高校の「サポート校」って何?〜サポート校の概要・メリット・注意点など〜」で紹介していますので、ご興味があればお読みください。

まとめ〜あなたに合った通信制高校はきっと見つかります

まとめ〜あなたに合った通信制高校はきっと見つかります
通信制高校の学費について紹介してきましたが、志望校を決める際には、学費だけではなく、雰囲気やサポート体制なども確認しておきましょう。

はい、学校見学会なども利用して、自分に合いそうな高校を探していきます!
私たちキズキ共育塾でも、通信制高校への入学・転校や、通信制高校からの大学受験について無料相談を行っていますので、気になるならお気軽にご連絡くださいね。きっとあなたに合う高校が見つかると思います!

さて、私たちキズキ共育塾では、不登校の方や学校が苦手な方のための個別指導塾です。

講師と生徒さんが1対1の授業で、面接の練習もできます。

無料相談も行っていますので、高校受験の面接に不安がある方は、ぜひ一度ご連絡ください(ご自分で連絡するのが不安な方は、親御さんからの連絡でも大丈夫です)。

通信制高校の選び方・受験勉強・入学後の勉強や生活について、無料相談できます

キズキ共育塾を詳しく知る