自分を変えたいあなたへ〜自分を変える8つの方法〜

自分を変えたいあなたへ〜自分を変える8つの方法〜

2019年7月1日 月曜日 投稿

自分を変えたいあなたへ〜自分を変える8つの方法〜

キズキ共育塾の宮野唯です。

自分を変えたいと思うことは、誰しも一度はあることでしょう。

あなたも今、自分を変えたいと思っていませんか

「コンプレックスがあり、こんな自分を変えたい」
「モテるようになりたい」
「叶えたい夢があるから、自分をもっと変えたい」
「何となくこのままではいけない、変わりたいと思う」

自分を変えたいと思う理由は様々だと思いますが、思うように変わらず悩んでいませんか?

自分を変えることは、心の中で思うだけではできず、行動を起こす必要があります

私自身、変わりたいと思っているときほど、気持ちだけが空回りして思い通りにならないことが数えきれないほどあります。

ですが、なりたい自分に変わることができたこともあります。

このコラムでは、私が変わることができた!と実感していることを織り交ぜつつ、自分を変えるための方法(行動)をご紹介します

自分を変えたいと思っているあなたのきっかけになれば幸いです。


自分を変える方法

さっそく自分を変える方法を8つ伝えします。

一部見聞きした内容が含まれていますが、私が効果を感じた方法から順番にご紹介しています。


①断捨離する(整理整頓する)

断捨離する(整理整頓する)

身の回りを整えることで、内面にも変化が出てきます

その一つの方法に、断捨離があります。

断捨離とは、ざっくり言うと、「不要なものを捨てる」という行動です(詳細は、関連する書籍などを読むことをお勧めします)。

私自身、過去に片付けに手が回らない日が続き、散らかった部屋に帰るのが憂うつになったときがありました。

そんな中「片付けられない自分を変えたい」「気持ちよく帰宅したい」と思ったことがきっかけで、断捨離を決行しました。

関連書なども参考にしつつ、数日かけて、もういらないと思った服、本、雑貨などをどんどん捨てていったのです(当時捨てたごみ袋の数は、ものすごい量でした)。

しばらくして、「部屋が片付いたこと」「家に帰るのが嫌じゃなくなったこと」以外にも、大きな副次的効果があることを実感しました。

余計なものがなくなったことで、頭の中まですっきりしたのです

  • どこに何があるかわかるようになったので探し物が減った(毎日の服選び、もとい服探しも楽になった)
  • 余計なモノを増やしたくないという思いが出てきた(無用な買い物に悩まされることがなくなった)

この2つの変化で、「気持ちに余裕が出る」という効果があったのです。

気持ちに余裕が出てくれば、それを足がかりに、さらに自分を変えていくことができます

まずは身の回りを整理整頓すると、自分を変えることに大きく役立ちます。


②イメチェンする(外見から変える)

イメチェンする(外見から変える)

思い切って自分好みのスタイルにイメチェンすることは、手っ取り早く「自分を変える効果」を感じられる方法です

例えば、

  • 髪型を変える
  • 服装を変える
  • 筋トレをする

などです。

女性はメイクを変えるというのもいいですね。

校則が厳しい学生や、職場のルールが厳格な社会人は、好きなようには変えられないこともありますよね。

また、自分をどんなふうに変えたらいいかイメージがわかなかったり、予算の中で何ができるのかわからなかったりすることもあると思います。

そんなときは、美容院やショップのスタッフにアドバイスを求めましょう

規則や予算に制限がある場合も、アクセサリーやめがねをちょっと変えてみるだけでも、十分印象が変わります。

外見が変わると気分も明るくなりますし、自信もつきます

形から入るということでは、

  • 姿勢や言葉づかいを変える

ということも、内面の変化につながります。

ずっと直したいなと思っていた自分の癖を変える、という方法もあります。

「なりたい自分」を目指すのもいいですし、「自分に似合うもの」を本や雑誌などで研究するのもいいですね。

「イメチェンするのは恥ずかしいな…」と思っているようであれば、学生の方であれば進学、社会人の方であれば部署異動や転職などの節目であれば、周囲に自分のことを知っている人が少ないので雰囲気を変えやすいと思います。


③本を読む(情報を得る)

本を読む(情報を得る)

変わりたいと思っていることに関連する本を読むと、ノウハウ、目標、憧れの人の経験などを知ることができます

本でなくても、ネットの情報やその他のツールでもいいですね。

例えば、ファッション誌、ライフスタイル誌、勉強や資格試験の参考書、歴史上の偉人の伝記、有名人のインタビューやエッセイなどです。

自分を変えるための直接的・具体的なノウハウが見つかることもあるでしょうし、これからの目標・行動指針・心がけなどが見つかることもあるでしょうし、「こう変わりたい」というロールモデルが見つかることもあるでしょう。

参考となる情報が見つかったあとは、行動に移すことが大事です

私も断捨離をするときや服の分類をするときに、いくつかのノウハウ本や気になる人のエッセイを何冊か参考にしました。

持ち運びや保管を考えると紙の本は邪魔、という場合は電子書籍の活用もオススメです

特に電車に乗っている時間が長い人や、一日のうちに決まった予定がない時間が多い人には、有効な方法だと思います。


④生活環境を変える

生活環境を変える

付き合う人や過ごす場所を変えると、気持ちも考え方もがらりと変わります

例えば引っ越しは、人と場所を一新してくれるので、効果は大きいでしょう。

部署や職場を変えるのも大きな変化が期待できます。

また、引っ越しや転職とまではいかなくても、日常を変えるだけでも自分を変えるきっかけをつかめるかもしれません。

部屋の模様替えは、家の中の環境を変えることができます(最初に紹介した断捨離にも繋がります)。

他にも、

  • 運動不足を解消するために朝走る
  • 家で過ごしがちだった休日に、積極的に外出する

などは、時間の使い方も変わりますね。

新たな人・場所・時間との出会いは、自分を変える大きなきっかけとなります。


⑤自分に投資する

自分に投資する

興味のあること、自分を変えてくれそうなことにお金をかけて、自分に投資してみませんか?

例えば、

  • 習いごとやセミナーに参加する
  • カウンセラーやコーチに相談する

などです。

習い事は、例えば「字をきれいに書けるようになりたい」ので、ペン字教室に通うこととします。

そうすると、ペン字の技術はもちろん身につきますし、練習を重ねることで集中力も養われます。

姿勢を正すことも大切なので、日常でも背筋が伸びて凛として見えるかもしれません。

また、同じ目標に向かっている仲間からも、刺激を受けるでしょう

このように、文字の上達のためにしていることが、内面を変えることにもつながってくるのです。

カウンセリングやコーチングは、専門的なメソッドで直接的に自分を変えることができます

前項の「本を読む」も、投資の一つかもしれません。


⑥気の進まないことをやめる

気の進まないことをやめる

気の進まないことばかりしていると、モチベーションが下がってしまうものです。

気の進まないことを思い切ってやめると、日常が楽しくなり、自分を変えることができます

人間関係を例に挙げると、

  • 人の悪口ばかり言う人と一緒にいること
  • 人数合わせの飲み会や集まりへの参加

などがあります。

嫌だなあと思いながら続けている仕事から転職する、
どうしても合わないと思っている学校から転校する、
といった例もあるでしょう。

何となくつき合っているだけ、なんとなく続けているだけ、ということであれば一度距離を置いてみることを考えてみてもいいのではないでしょうか。


⑦なりたい自分をイメージする

なりたい自分をイメージする

自分をどう変えたいのか、具体的に思い描くことが大切です

モデルとなる身近な人や有名人を目標にするのもいいですし、なりたい自分を紙に書きだすのもいいでしょう。

「こうなりたい!」と誰かに宣言するのもいいかもしれません。

逆に、
「汚い部屋で過ごしたくない」
「性格が暗いと思われたくない」
など、「なりたくない姿」から考えてプラスのイメージに変えていくのもいいでしょう

具体的なイメージができると、どんな方法で自分を変えられそうか、どんなことをするべきではないかなど、具体的な筋道も明確になっていくと思います。


⑧自分を見つめなおす

自分を見つめなおす

ここまでは行動面のお話が中心でしたが、最後に、内面に向き合う心理学的な方法を紹介します

アメリカの精神科医エリック・バーンが提唱した、「人生脚本」という考え方です。

今までの自分の価値観を振りかえってみましょう。

その中に、人から植え付けられた価値観がないかチェックしてみてください

あくまで例ですが、
「お前は無能だ」と言う上司
「あなたはできない子」と言う親

…そんなふうに、「自分に対するネガティブな価値観」を植えつけられていないでしょうか。

親の例を続けます。

人は、成長する過程で親からいくつか「〇〇するな」という命令(禁止令)と「〇〇であれ」という命令を刷り込まれています。

例えば、次のようなものです。

禁止令:「成功するな」「大人になるな」
命令:「努力しろ」「優秀であれ」

人はそのいくつかを組み合わせて「私はこのように生きる」という「人生脚本」をつくり生きているのです

「どこにいっても人と対立してしまう」という人は、「自分の意見を通すことを最優先する」などという「人生脚本」を生きている可能性があるのです。

その上で、「すぐに人と対立する自分を変えたい」と思っているようであれば、無意識に作り上げた人生脚本が、今のあなたの価値観に合っていないということです。

自分の「人生脚本」を知り、より望ましい人生脚本に変えていくことが、自分を変えることにつながります

いかがですか?

少し専門的なお話になりましたが、興味が出た方はカウセリングを受けてみてはどうでしょうか

「人生脚本」及び関連する「交流分析」の他にも、「内観療法」「森田療法」など、自分を変えるカウンセリング技法はいくつもあります。

適切に医療や科学の力を借りながら自分を変えることも考えてみましょう。


自分を変えたい、あなたの敵

自分を変えたい、あなたの敵

前章で自分を変える方法をご紹介してきましたが、気になる方法はありましたか?

方法はわかっていても、行動に移せないこともあると思います

なぜ行動に移せないのでしょうか。

いくつか考えられる原因と解決方法を挙げますので、参考になれば幸いです。

■1.周りの反応が気になる

勇気を出して外見を変えてみたいけど、笑われたり変な目で見られたりしたらどうしよう、というような不安な気持ちです。

学生のときは、「高校デビュー」「大学デビュー」などの、変わろうとしている人をちょっとからかうような言葉もありますね。

でも、想像してみてほしいのですが、進学、就職して大人になるにつれて、昔のあなたのことを知っている人との日常的なつき合いは続いているでしょうか。

ずっと一緒にいる可能性はほとんどないでしょう。

もし「今」何か言われたとしても、あなたの人生の中ではほんの一瞬のことです。

そして、あなたの変化をよい方にとらえる人もいます。

行動すれば、変化を実感できるときがきっとくるでしょう。

自分を変えたい気持ちを大切にしてくださいね。

■2.長続きせずに挫折しないか心配

自分を変える方法に取り組もうとしても、時間に余裕がなかったり、面倒になってしまったりと、途中でやめてしまって結局変われないんじゃないかという心配もあるでしょう。

うまくいかないと落ち込んでしまうこともあるでしょう。

そんなときは、「自分を変える」の内容や目標が大きすぎるのかもしれません。

自分は怠け者だ、と思う必要はありません。

目標を決めるときは、スモールステップを心掛け、小さな部分からスタートするとよいです。

どれだけ疲れているときでも達成できる目標を設定するのです。

例えば、

  • お風呂の前に、腕立て伏せ10回やる
  • 朝、アプリで英単語を10個見る

などです。

毎日必ずすることの前に組み込んだり、無理のない量を手軽な方法でする、というものです。

通勤中の車内など、時間を必ず確保できるときにやるようにするのもひとつの手ですね。

もっとやらなければ、と思うかもしれませんが、時間・体力・やる気があるときにプラスアルファでやればいいのです。

しばらく続けられたら、少しずつ目標を大きくしていけます。

上の例を続ければ、
腕立て伏せの回数を増やしたり、別の部分も鍛えたりできるようになる。
英単語の数を増やしたり、古文単語も見ることができるようになる。

というイメージです。

せっかく決めた目標ですので、叶えられるよう長続きさせたいですね。


まとめ〜習慣を味方にしましょう〜

まとめ〜習慣を味方にしましょう〜

今回は、自分を変える方法についてご紹介してきました。

最後にもうひとつ「自分を変える」方法をお伝えしてこのコラムを終えたいと思います。

それは、「習慣にすること」です

「継続は力なり」という言葉もあるように、なりたい自分になるまで続けてこそ意味があります。

まずは自分を変えたいと思った気持ちを大切にしてください。

次に、なりたい自分を目指してやると決めたらさっそく行動です。

そして習慣にしましょう。

「変わった!」とはっきり感じるときもあれば、じわじわと「変わってきたかも?」と感じるときもあるでしょう。

ご紹介した方法も参考にしつつ、あなたが、自分が変わる喜びを味わうことができる日がくることを祈っています。

さて、私たちキズキ共育塾は、不登校、中退、引きこもりの方々などの学び直しを支援する個別指導塾です。

生徒さんには、「自分を変えたい」と思う方も、授業や勉強を通じて「自分が変わった」と実感した方も大勢います。

もしあなたの「自分を変える」方向性が、勉強や学び直しに関することでしたら、お気軽にご相談ください(ご相談は無料です。また、保護者さまだけでのご相談も歓迎です)。

【キズキ共育塾へのご相談】
キズキ共育塾トップページ
 不登校・中退・ひきこもり・再受験など、
 もう一度勉強したい人の個別指導塾
お問い合わせフォーム
○お電話:0120-501-858(電話受付日時:火〜金曜日の10時〜20時、土曜日の10時〜18時)。