各校舎・オンライン校開校中!

  1. トップ
  2. 誰のための塾?
  3. 不登校からの受験塾。高校・大学進学を個別指導で徹底サポート
  4. 中高一貫校で不登校になったらどのような進路があるの?

中高一貫校で不登校になったらどのような進路があるの?

中高一貫校で不登校になり、今後どうすればよいのか不安に思っている方もいらっしゃるかと思います。

でも安心してください。
中高一貫校で不登校になっても、あなたに合った進学先は必ずあります。

今回は、中高一貫の中学で不登校になった場合、どのような進路があるのかをまとめました。


高校で不登校、中退になったときの選択肢はこちら


高校から環境を変えることが不登校解消の鍵

中高一貫の中学校で不登校になり、「せっかく中学受験をして入学した中高一貫校なのだから、そのまま付属の高校に進学したい」と内部進学に執着してしまっていませんか?

しかし、中高一貫校でそのまま付属の高校に進学してしまうと、中学と人間関係がほとんど変わらないため、高校でも不登校が続いてしまうケースが多いのです。

中高一貫校で不登校になった場合、高校進学時に環境を一新させることが最も効果的な不登校解消策です。

「不登校で中学の内申点がないのに入学できる高校なんてあるの?」と思っている方にも安心してほしいです。

実際には中学の内申点に関係なく進学できる高校はあるのです。


私立高校

公立高校の場合、入学の審査においては、入学試験の点数だけでなく中学の内申点も考慮されます。

そのため中学で不登校になっていた方の場合、公立高校への進学は難しいです。

それに対して、私立高校の一般受験は、入学試験の点数のみで合否が決まることが多いので、中学で不登校になっていて内申点が取れていなくてもほぼ悪影響がありません。

また、私立高校は受験科目数が公立高校よりも少ないので、比較的短期間で受験対策ができます。

公立高校の場合、国・数・英・社・理の5科目を受験する必要がありますが、私立高校であれば国・数・英の3科目のみの受験が一般的です。

中学で不登校になっていても、3教科の対策勉強さえ適切にすれば私立高校への受験入学ができるのです。

過去のキズキの生徒の中でも、不登校状態から半年程度の対策で私立高校に合格した生徒は数多くいます。

中学不登校から私立高校に進学した生徒の体験談はこちら


通信制高校

通信制高校とは郵便やe-mail、オンライン学習サイトなどを用いて勉強ができる高校です。

郵送やオンラインでのレポート提出、頻度の少ない登校、テストによって高校卒業に必要な単位を取得することができます。

通信制高校の入学試験は筆記テストではなく、面接や作文だけのところがほとんどです。

中学校や高校で不登校になった生徒たちを積極的に受け入れている学校なので、面接で不登校の経験を引け目に感じる必要はありません。

ただ、通信制高校の大学受験対策は手薄なのが実情です。

大学進学を考えている場合は、通信制高校の勉強をしながら、大学受験に特化した対策勉強を別途する必要があります。

通信制高校からの大学受験・進学についてはこちら


中高一貫校で不登校になっている皆さんをサポートします

キズキは、不登校の皆さんの高校・大学受験や通信制高校卒業をサポートする塾です。

いま高校受験をする学力的な自信がない方でも大丈夫です。

完全個別指導なので、小学生レベルの勉強から難関高校の受験対策まで、一人一人の学力に合わせた授業を提供することが可能です。

また、キズキは通信制高校のサポート校でもあるので、通信制高校を卒業するための課題や面接のサポートをすることも可能です。

キズキはこれまで多くの不登校生徒の学習をサポートしてきました。

中高一貫校で不登校を経験し、通信制高校を経て大学進学した講師も在籍しています。

不登校になっている方のサポートをする豊富な経験と当事者目線があるので、勉強に限らず、中高一貫校で不登校になった場合の疑問や不安について相談することもできます。

もし、中高一貫校で不登校になり、次の一歩に悩んでいるのであれば、キズキ共育塾の概要をご覧の上、お気軽にご相談ください。

不登校から大学に行けた

小学校レベルから大学受験対策まで。目的・学力に合わせた完全個別指導。

キズキ共育塾について詳しく見る