「引きこもりと病気」の関係と、親にできる対応

「引きこもりと病気」の関係と、親にできる対応

2018年8月27日 月曜日 投稿

「引きこもりと病気」の関係と、親にできる対応

こんにちは。キズキの清水優希です。私には、引きこもりの経験があります。

この記事を読んでいる方は、
「我が子の引きこもりには、何か病気が関連しているのかしら…」
「引きこもりの我が子が毎日ものすごくつらそうなんだけど、これって病気?」
などとお悩みだと思います。

今回のコラムでは、
「そもそも引きこもりって病気なの?」
「引きこもりと病気って関連があるの?」
など、『引きこもりと病気』をテーマに考えていきます

親御さんもお子さんも、一歩ずつ前に進むきっかけになれば幸いです。


引きこもりの定義〜引きこもりは病気ではありません〜

引きこもりの定義〜引きこもりは病気ではありません〜

厚生労働省では、「引きこもり」のことを

「様々な要因の結果として社会的参加を回避し、原則的には6ヵ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態を指す現象概念である」

と定義しています(「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」から)。

つまり、引きこもりそのものは「状態」や「現象概念」であり、「病気」ではないのです。

また、引きこもりというと「ずっと部屋に閉じこもっている」と言うイメージがあるかもしれません。

ですが、平成22年に内閣府が行った「若者の意識に関する調査(引きこもりに関する実態調査)」によると、

「ふだんは家にいるが、近所のコンビニなどには出かける」
「自室からは出るが、家からは出ない」
「自室からほとんど出ない」
に該当した者(「狭義の引きこもり」)が23.6万人、
「ふだんは家にいるが,自分の趣味に関する用事の時だけ外出する」(「準引きこもり」)が46.0万人、
「狭義の引きこもり」と「準引きこもり」を合わせた広義の引きこもりは69.6万人と推計される。

とあります。

一口に「引きこもり」と言っても、行動にかなり幅があることがわかります。

引きこもりとは、単一の「疾患」や「障害」ではなく、様々な要因が背景になって、様々なグラデーションで生じる状態であるということです。


引きこもりになったきっかけは?

引きこもりは病気ではありません。

では、人はなぜ引きこもりになるのでしょうか。

そのきっかけも、また様々です。

身体的なこと、精神的なこと、社会的なことなど、様々な要因が重なり絡み合っています。

言い換えれば、誰もが引きこもりになりうるということです。

次のグラフは、内閣府が行った「若者の意識に関する調査(引きこもりに関する実態調査)」が、引きこもりになったきっかけをまとめたものです。

「不登校の小学生」の親御さんへ〜不登校の要因と当事者からのお願い〜

このグラフからは、「職場に馴染めなかった」「人間関係がうまくいかなかった」など、引きこもりのきっかけは「挫折体験」が多いということがわかります。

「病気」も、きっかけとしては上位にあります。

病気によって、日常生活をうまく過ごすことができなくなったり、学校や職場に通えなくなったりしたことも、一種の「挫折体験」です(「病気と引きこもり」については後に詳述します)。

私たちは、日々自分と他人の相互関係が複雑に絡み合う中で、それぞれが相手や状況に合わせて行動し、様々なバランスを取りながら生活をしています。

しかし、挫折を経験すると、自信をなくしたり、気分が落ち込んだりします。

すると、相互関係のバランスを保つのが難しくなってきます。

そうなるとさらに精神的な負担が増えていきます。

こうして、周囲との関係性を保つことができなくなり「引きこもり」になるのです。

言い換えれば、引きこもりとは、周囲との相互関係が断絶されてしまっている状態であるということです。

引きこもりから次の一歩に進むためには、まずは心のバランスを整えること、必要に応じて体を健康にすること、そして周囲との関係を再構築することが必要です。


「引きこもり」と病気の関係は?

ここまで、引きこもりそのものは病気ではないということを述べてきました。

しかし、引きこもりと病気が関連する場合はあるのです。

内閣府が発表した「引きこもり支援者読本」(以下、「同書」)を参考にしながら、引きこもりと病気の関連について述べていきます。


①元々抱えていた精神疾患・発達障害が、引きこもりに繋がった

元々抱えていた精神疾患・発達障害が、引きこもりに繋がった

もともと抱えていた精神疾患や発達障害は、引きこもりにつながります

引きこもりそのものは病気ではありませんが、「病気の結果、引きこもりになった」という場合のことです。

同書では、主とする症状が引きこもりとなりうる疾患・障害がいくつか挙げられています。

例えば統合失調症です。

統合失調症とは、思考、行動、感情を一つの目的に沿ってまとめていく能力(=統合する能力)が長期間に渡って低下し、幻覚、幻聴、妄想などを生じたり、ひどくまとまりのない行動が見られたりする病態のことです。

こうした病状が、引きこもりの一因となるのです。

統合失調症は、投薬治療で症状を改善できます。

一方で、適切な治療が行われず放置された場合は、さらに病状が悪化したり、長期化したりしてしまいます。

それに伴い、引きこもりの期間も長期化します。

引きこもりにつながる病気の例としては、強迫性障害、うつ病、社会(社交)不安障害、パニック障害なども挙げられています。

また、発達障害も引きこもりの一因となり得ます

発達障害の特性が理解されない環境にいると、つらくなってしまい、引きこもりになることがあるのです。

精神疾患や発達障害が原因の引きこもりの場合は、適切な診断と対応(治療など)によって、次の一歩に進めるようになります。


②引きこもりになったことで、二次的に病気を発症した

引きこもりになったことで、二次的に病気を発症した

引きこもりそのものは病気ではありませんが、引きこもることによって病気を発症することがあります。

前述のとおり、引きこもっている人は心のバランスが不安定になっています。

引きこもったことによって、さらに孤立し、社会との繋がりを失うことにより、精神的な負担は増幅していきます。

「引きこもりを抜け出したいけど、どうすればいいのかわからない」
悩むうちに思考がネガティブな方向に向かいます

そして
「誰かに相談したいけど、世間からの目が怖い」
「私はどうしてこんなにダメなんだろう」
「もう何をやっても無駄だ」
などと考えるようになり、どんどんつらく、苦痛を抱えていくようになるのです。

そうして心がストレスに耐えきれずに、うつ病などの精神疾患に繋がることがあるのです。

そうなると引きこもりが長期化しやすく、また長期化すればするほど社会に復帰することが難しくなっていきます。

このケースでもまた、疾患に合わせて適切な治療をいち早く行うことが、引きこもりの長期化を避け、社会に復帰する第一歩となります。


病気が関連しない引きこもりで、親御さんにできることとは?

病気が関連しない引きこもりで、親御さんにできることとは?

以上、病気が関連する引きこもりについてお伝えしました。

せっかくの機会ですので、「病気が関連しない引きこもり」についても、親御さんがお子さんにできることをお伝えします。

引きこもりになって不安や悩みを持つと、病気にまではならないまでも、自分でもどうしたらいいのかわからず、身動きが取れなくなることがあります。

「引きこもりを抜け出したいけど、家族とのやりとりがつらいから、部屋から出たくないな…」
「もう一度学校に行きたいけど、友達の目が怖くて行けないな…」
「経歴に空白ができたから、将来が不安。もうダメかもしれない…」

といったように、対人関係の悩みや将来への不安によって、再び外に出ることが苦痛になってしまうのです。

この場合は、
親御さんがお子さんにとって一番安心できる存在になってほしい
お子さんにとって家庭を安心できる場所にしてほしい
と思います。

そうすることによって、お子さんは、社会との繋がり方や人間関係の築き方を再度学ぶことができます。

加えて、引きこもりから前に進む途中で、人間関係で迷ったときに安心できる人や場所の存在は、非常に心強い支えになります。

親御さんとしては、お子さんの将来を心配され、引きこもりの状態をもどかしく感じてしまうかもしれません。

そうしたお気持ちは、お子さんのことを思ってのことでしょう。

ただ、お子さんは、自分自身が一番不安を抱えています

お子さんは、将来について考え、「なんとかしたい」と思っています。

そんなお子さんにとって、親御さんの心配やもどかしさは、ときにプレッシャーになることがあるのです。

また、引きこもりの人は、社会との接点が少なく、視野が狭くなってしまい、
「一度引きこもってしまったからもうやり直せない」
などと将来に対して悲観的になってしまうこともあります。

そんな悲観は、さらなる不安とストレスに繋がります。

親御さんには、ぜひお子さんの「今」に寄り添い、長い目で一緒に将来を考えてほしいと思います。

そして、病気ではない引きこもりのお子さんについても、適切な機関に相談し、支援を受けることをおすすめします。


親は親で生活を楽しみつつ、適切に専門家を頼りましょう

親は親で生活を楽しみつつ、適切に専門家を頼りましょう

これまでのことをまとめます。

まず、引きこもりそのものは病気ではありません

ですが、引きこもりと病気が密接に関連していることもあります。

①元々抱えていた精神疾患・発達障害が、引きこもりに繋がった
②引きこもりになったことで、二次的に病気を発症した
場合です。

病気をお持ちのお子さんについては、適切な治療を受けることが、引きこもりから次の一歩に進む鍵となります

また、病気が関連しない引きこもりの場合でも、引きこもり支援を行う専門機関の支援が必要です。

つまり、病気が関係していてもしていなくても、親御さんだけでなんとかしようとせずに、適切な専門家・第三者の支援を受けることが重要だということです。

そもそも、お子さんが病気かどうかは親御さんでは判断できませんし、何が「適切な対応」なのかもわからないでしょう。

違う言い方をすれば、親御さんだけで全てを抱え込む必要はないということです。

引きこもりのお子さんについて、他人に相談するのは恥ずかしいと思っていたり、家族が責任を取って面倒を見るのが当然だと思ったりしていませんか?

そんなことはありません。

専門家を頼った方が、お子さんにとってベストな治療や支援を受けることができます。

相談機関としては、各自治体の引きこもり支援部署、保健所、教育センター、メンタルクリニック、カウンセラー、NPOなどがあります(キズキ共育塾でも無料相談を行っています)。

公的な施設については、お住まいの自治体の役所に問い合わせてみましょう。

最後に、この記事を読んでいる方に向けて伝えたいことがあります。

それは、親御さんは、親御さん自身も大切にして、自分の時間を楽しんでほしいということです。

親御さんは、引きこもりのお子さんのために尽力していらっしゃると思います。

お子さんにとって、それは非常にありがたいことですが、同時にプレッシャーにもなり得ます。

親御さんにとっても、お子さんのこと「だけ」に注力していると、疲れ果ててしまいます。

そして、引きこもりのお子さんにとって一番身近な親御さんが毎日楽しそうにしていると、お子さんにとって非常にいい影響があります。

ぜひ、もう一度、親御さん自身についても気持ちを向けてほしいなと思います。

お子さんも親御さんも、次の一歩に進めるように祈っています。


引きこもりからの受験体験談



引きこもりだった講師の体験談


関連リンク


※文中の写真は、全てイメージです。