1. トップ
  2. コラム
  3. コミュニケーション・性格について
  4. 学校で嫌われてるあなたへ〜別の居場所で楽しく過ごせますし、自分も周囲も変えていけます〜

学校で嫌われてるあなたへ〜別の居場所で楽しく過ごせますし、自分も周囲も変えていけます〜

2020年9月24日 木曜日 投稿

学校で嫌われてるあなたへ〜別の居場所で楽しく過ごせますし自分も周囲も変えていけます〜

キズキ共育塾の土井です。

あなたは、「学校で嫌われてる(かもしれない)」と悩んではいませんか

なぜ嫌われるのだろうと悩んだり、嫌われてると感じる出来事があるとつらい思いをしたりしているのではないでしょうか。

嫌われてるのは自分のせいだ、自分が悪い、などと思い悩んでいる人もいるでしょう

しかし、嫌われるのはあなたが「悪い」とは限りません。

また、(残念ながら)客観的に見てあなたに原因があるような場合でも、これから自分を変えていくこともできますし、そこから周りの見る目を変えていくこともできます。

そして、「嫌われてるけれど、今の学校でがんばらなければいけない」と無理している人は、新しい「居場所」や「環境」を見つけることも大切です

この記事では、学校で嫌われてるかもしれないと悩んでいるあなたに、学校で嫌われてると感じる場合の対処法として、心のよりどころをつくる大切さと環境を変える大切さについて、私の経験も踏まえてお話しします。

学校で嫌われてるのは、「自分が悪い」とは限らない

学校で嫌われてるのは、「自分が悪い」とは限らない

学校で「嫌われてる」と感じるサインは、いくつかあるでしょう。

少しだけ例を挙げると、次のようのものがあります。

  • 自分が会話に入ると、周りがよそよそしい態度になる
  • 同じグループなのに、自分だけ遊びに誘われていない
  • 話しかけても、話が弾まなかったり避けられたりする
  • 陰で悪口を言われていることを知った

そうしたサインを感じて、学校で嫌われるのは自分に悪い部分があるのではないか、でも原因がわからない、どうして嫌われるのだろう…などと悩んではいませんか

あなたの言動が理由で嫌われてる、という可能性は、残念ながらあります(次の章で紹介します)。

しかし、必ずしもあなたに理由があるわけではなく、あなたが悪くないにも関わらず嫌われる場合も珍しくありません

例えば、周りと違う意見を言ったり、周りと違う行動をしたりするだけでも、嫌われることがあるのです。

「周りと違う意見を持つこと」「自分の意見を言うこと」「(正当なルールの範囲内で)周りと違う行動をすること」などは、悪いことではありませんよね。

しかし、周りと合わせないことで「協調性がない」「空気が読めない」と思われて、嫌われたり、周りと距離ができたりする場合もあるものです

もっと言うと、「特に理由はないけれど、なんとなく嫌い」「生理的に嫌い」「どうしても性格が合わないから嫌い」などと思われることもあります。

また、「嫌いなわけじゃないけど、仲よくなりたいわけでもないから、話しかけない」というパターンもあるでしょう。

不当だ、理不尽だ…と思うかもしれませんし、「嫌いだから」といって、それをあなたに言動や態度で示していいものでもありません。

ですがまずは、「そういう嫌われ方もある」ということをご理解ください。

「嫌われてる」と少し関連して、いじめの場合も同じく、特に理由もなく標的にされることもあるでしょう。

いじめでは、どんな理由があってもいじめをした側が悪いものです

このように、あなた自身が「悪い」わけではなくても、周りとの関係の中で嫌われることは、珍しいことではありません。

「嫌われるのは自分が悪いに違いない」といった気持ちになることもあるかと思いますが、その理由は様々です。

必要以上に自分を責めたり、卑下したりする必要はありません

この場合の対応については、後で詳しく紹介します。

また、学校での友達の作り方については、コラム「友達の作り方、学生向けの方法11選と社会人向けの方法7選〜友達がほしいあなたへ〜」を参考にご覧ください。

自分の言動を振り返ることが「解決」につながる場合もあります

自分の言動を振り返ることが「解決」につながる場合もある

学校で嫌われるのはあなたが悪いとは限らないことについて説明しました。

ですが、あなたの言動を振り返ることが「解決」につながる場合もあります

あなたは、自分では気づいていないかもしれませんし、そんなつもりもないのかもしれませんが、周りにちょっと「迷惑」をかけていたり、周りを傷つけたりしている可能性がある、ということです。

例えば、次のようなことが考えられます。

  • クラスメイトと話しているときに、人の話をあまり聞かず、自分のことばかり話す
  • 人をバカにしたような口調や、必要以上にキツい口調で話す
  • 人の悪口をよく言っている
  • 相手によって態度を大きく変えている
  • 周りと意見が対立したときに、絶対に譲歩しない

「自分は嫌われてるのかも…」と悩むあなたは、「周りと仲よくしたい」「周りと楽しく過ごしたい」と思っているのでしょう。

ですから、「あなたがわざとそういう言動をしている」と決めつけるつもりはありません

また、仮にそういう言動をしていても、あなたを「悪い」と責めるつもりもありません。

しかし、自分の言動(が周りにどう受け止められているのか)は、意外と自分では気づかなかったりする…ということは、覚えておくと、きっと役立ちます。

こちらの可能性について気になる場合は、親・担任・スクールカウンセラー・保健医など、信頼できそうな大人を通じて、自分の言動を確認してみましょう

また、悩み相談を受け付けている自治体の相談窓口やNPO法人などもありますので、インターネットで探してみることも一つの手段です。

お悩みを自分一人で抱え込む必要はありません

そして、実際に「自分に原因があるのかも…」と思い当たる場合は、ちょっとずつ言動を変えてみることを心がけることで、状況は変わっていきます。

こちらが当てはまる場合も、過剰に落ち込まず、これからのことを考えていきましょう。

あなたに合う「別の居場所」はあります。そこで自分を変えていくこともできます

初めにも紹介しましたが、自分に理由がないにも関わらず、学校で嫌われてる場合もあります。

なかなか解決が見えなかったり、学校に行くことがつらいと感じていたりするようであれば、学校以外の居場所(環境)を探してみましょう

学校に通っていると、「自分の居場所は学校(と家庭)しかない」と思い込み、そこでの人間関係が大きな悩みになることもあります。

ですが、学校(と家庭)以外にも、居場所はあります

新しい居場所では、心身をリフレッシュさせたり、新しいコミュニケーションの方法を身につけたり、新しい友達と過ごしたりすることができます。

そして、新しい場所・環境で楽しく過ごすことができるようになれば、学校で嫌われてることが気にならなくなったり、あなた自身が変化して学校の人たちの態度も徐々に変わったりします

この章では、学校以外のオススメの居場所について紹介します。

なおこれらの場所・環境は、自分に「原因」がある場合にも、少しずつ自分を変えていくために役立てることができます。

居場所①塾や習い事

居場所①塾や習い事

まず紹介するのは、塾や習い事です

塾や習い事では、学校とは違った同世代のコミュニティに参加することができます。

勉強・受験という共通の目標がある塾や、興味が共通する習い事では、学校よりも「自分に近い人たち」が集まります。

つまり、自分と仲よくなれる可能性の高い人たちが集まっているということです

また、学校とは違うタイプの「先生」から指導や支援を受けることができます。

学力や趣味が充実していけば、自分に自信をつけていくこともできるでしょう。

居場所②フリースクール

嫌われてるから学校に通うことが難しい・学校に行きたくないなどという場合は、フリースクールもオススメです

フリースクールとは、主には学校に行きたくない人たちが学校の代わりに行く場所です。

フリースクールでは、学校のように決まった時間割がなく、基本的に自分の自由に過ごすことができます

塾や習い事との違いは、その目的が様々なところです。

フリースクールのタイプはいろいろなタイプがあり、勉強に力を入れているところ、コミュニケーションに力を入れているところ、居場所として自由に過ごせるところなどがあります。

インターネットでいくつか候補を探して、見学にも行ったりして、自分が心地よいところを選びましょう。

フリースクールには様々な年齢の「生徒」が通っており、学校では出会わないような同世代、先輩、後輩、学校とは違うタイプの「先生」にも会う機会にもなります。

居場所③趣味のコミュニティ

居場所③趣味のコミュニティ

共通の趣味を持った人たちの集まり・コミュニティも、オススメの場所です

例えばスポーツが趣味であれば地域の人たちで構成されるサッカーチーム、音楽が好きであればメンバーを募って組むバンドなどがあるでしょう。

習い事とも似ていますが、人間関係において、「習い事には先生がいる」「趣味のコミュニティでは、基本的にはみんな仲間」という違いがあります。

私自身も、不登校の時代は趣味のコミュニティにすごく助けられました。

好きなことを通じた人との交流が癒しになったり、自信になったりします

SNSなどインターネット上のコミュニティも、使い方によっては有用な場所になるでしょう(知らない相手と軽々しく合わない、不用意に個人情報を伝えない、などの注意は必要です)。

つらいあなたを支える、5個の「心のよりどころ」

学校で嫌われてる状況について、その原因や、その状況を変えたり気にならなくしたりするための居場所を紹介しました。

それはそれとして、あなたは、「嫌われてるから、学校には行きたくない」と思っているのかもしれませんね

ですが、「学校に行きたくない」と思っても、実際にはなかなか休めなかったり、休むことができてもまた別のつらさや苦しみを感じたりする場合もあります。

実際に、私は中学生の時期に1年半の不登校の時期がありましたが、学校を休んだから楽になるということでもありませんでした。

また、「学校以外に行く場所がない」という環境の方もいらっしゃるでしょう。

そんなときに苦しみを乗り越えるには、心のよりどころとなるものが重要ではないかと思います

学校で嫌われてても、心のよりどころがあると、つらい状況を乗り越えることができたり自分なりの新しい道を歩むことができる場合があります。

この章では、心のよりどころとなり得るものについて紹介します。

①音楽

①音楽

音楽を聴くことを心のよりどころとしている人は、たくさんいます

好きな音楽を聴いている瞬間は、嫌なことが忘れられたり共感できる歌詞に気持ちが救われたりすることもあるでしょう。

現在は月額で聴き放題のサブスクリプションサービスも増えてきており、様々な曲を低価格で自宅にいながら聴くことができます(校則によっては、通学中も可能でしょう)。

実際に私も、不登校の時代はよく音楽を聴いていました。

音楽に勇気をもらったり、励まされたり、つらいときの支えになったりと音楽に助けられたことが多かったように感じます。

②ゲーム

ゲームも、心のよりどころになるでしょう

ゲームに熱中することで、日々の嫌なことが忘れられたり楽しみを感じたりすることができます。

最近はオンラインでの対戦や協力プレイを通じた、プレイヤー同士の出会いや交流もあります

ゲームに熱中しすぎて昼夜逆転になったり、1日中ゲームをしたり、というのはオススメしませんが、日々の楽しみとして、よりどころとしてのゲームは有効ではないかと思います。

③読書

③読書

本が好きな人は、読書も心のよりどころになるでしょう

読書を通じていろんな体験できたり、世界の広さを感じたりすることができます。

例えば、自分だけが悩んでいると思っていたことを実は多くの人が悩んでいると知ったり、自分の考えや常識が実は多くの中の一つの考えに過ぎないと知ったりなどです

私も、読書を通じて世の中への見方や自分の価値観や評価に変化がありました。

不登校の当時は苦しかったですが、そのときに読んだ本に救われて、ずいぶんと生きることが楽になりました。

活字が苦手な人には、マンガもおすすめです

私は読書が好きで、小説からビジネス書など様々なジャンルを読みますが、大人になった今でも一番読んでいるのがマンガです。

マンガを読んで単純に楽しい、面白いというのはもちろん、人生を考えさせられたり、新しい知識を得られたりと自分の人生に欠かせないものになっています。

④勉強

勉強も、心のよりどころになります

勉強ができるようになれば、単純に知識と自信がついていきますし、今の学校を卒業した後の進路の選択肢も広がります。

進路の選択肢が広がるということは、これから先に「自分に合いそうなところ」を見つけられる確率も上がるということです

今の時点で勉強が好きじゃない・得意じゃないとしても、これから自分に合った勉強法など探していくことで、好きになることができます。

また、他の娯楽と同様に、勉強に集中しているときは「嫌なこと」を忘れることもできます。

ぜひ、勉強にも取り組んでみてください。

⑤その他、自分の好きなことや趣味

⑤その他、自分の好きなことや趣味

やや抽象的ですが、自分の好きなことや趣味がよりどころになる場合も多いでしょう

これまで紹介した、音楽、ゲーム、読書もその一つです。

スポーツが好きならばスポーツをするのもよいですし、スポーツ観戦もよいでしょう。

音楽が好きなら音楽を聴くことはもちろん、自分で演奏してみたり、楽団やバンドに入って他の人と一緒に楽しむのも良いでしょう。

電車が好きなら電車を見に行ったり、電車で全国旅をしてみたり、アイドルが好きな人はアイドルの動画を見たり、ライブに行ってみるのも楽しみになるでしょう。

絵を描くのが好きな人、パソコンが好きな人、料理が好きな人など人それぞれ好きなものや趣味があると思います。

「好き」は、様々なことの原動力になります

自分が好きなこと、趣味を通じて様々な出会いや体験もあるでしょう。

私は趣味の囲碁を通じて、自信を取り戻すことができ、それが不登校から復帰するきっかけの一つとなりました。

自分の好きなことを追求することが結果的に学校や将来に好影響を与えることもあり、心のよりどころにもなってくれます。

いろんな人を頼りましょう

いろんな人を頼りましょう

先ほど軽くお伝えしましたが、「学校で嫌われてること」について、あなた一人でお悩みを抱える必要はありません

仲のよい友人・先輩・後輩、親、先生、スクールカウセラー、保険医など、頼りになりそうな人がいるなら、ぜひ相談してみてください。

「自分が嫌われてる」ということを、人に話しにくいと思う気持ちはわかります。

しかし、思い切って話してみることで心が軽くなったり、具体的な「解決策」が見つかったりすることは珍しくありません

周りに相談したいと思える人がいない場合は、役所やNPOなどが行っている相談窓口に相談してみてもよいでしょう。

これまでに紹介してきた考え方、居場所、心のよりどころなどについても、相談することで、「よりあなたに向いたもの」が見つかると思います。

あなたの味方はたくさんいますので、ぜひ、いろんな人を頼ってみてください

まとめ

まとめ

学校で嫌われてるかもしれないという悩みは、つらいものです。

ですが、あなたを助けてくれる人、あなたの悩みを相談できる人もたくさんいます。

自分が好きなことや自分が落ち着ける場所など自分が心地よいと思えることや場所を探してみてください。

この記事が、お悩みを抱えるあなたの心を少しでも軽くし、「次の一歩」につながったなら幸いです。

さて、私たちキズキ共育塾は、お悩みを抱える方々のための個別指導塾です。

生徒さんには、「学校で嫌われてるかも、勉強だけじゃなくてコミュニケーションの方法も学びたい…」といった方も大勢いらっしゃいます

無料相談も承っておりますので、ご相談いただければ、「あなた」のための具体的なお話ができると思います。

キズキ共育塾の概要をご覧の上、少しでも気になるようでしたらお気軽にご相談ください(親御さんだけでのご相談も承っていますので、あなただけでは相談しづらい…と思う場合は、親御さんにも声をかけてみてくださいね)。

いまから学び直せる

小学校レベルから大学受験対策まで。目的・学力に合わせた完全個別指導。

キズキ共育塾について詳しく見る