1. トップ
  2. コラム
  3. 発達障害について
  4. 学習障害の中学生の子を持つ親御さんへ〜困難解消のためにできること〜

学習障害の中学生の子を持つ親御さんへ〜困難解消のためにできること〜

2019年12月20日 金曜日 投稿

学習障害の中学生の子を持つ親御さんへ

こんにちは、キズキ共育塾の寺田淳平と申します。

中学生のお子さんをお持ちのあなたは、以下のようなことで悩んではいませんか?

「うちの子は、学習障害かもしれない」
「学習障害と診断された我が子は、自信を失ってしまうのではないか」
「成績が伸びないのは、そもそも学習障害のせいだけなのか」
「学習障害だと進路選びが大変なのではないか」

本コラムは、上記のようなお悩みを抱えている親御さんに向けたものです。

学習障害があると、「困難」があることは事実です。

しかし、お子さんの困難を解消するために親御さんができることはあります

一方で、お子さんのことをご家庭だけで抱え込む必要はありません。

お子さんはもちろんのこと、お悩みを抱えた親御さんを支援する人たちもたくさんいます。

進路を考える際の注意点なども紹介しますので、お子さんの状況と照らしながらお読みいただければ幸いです。

学習障害とは?

学習障害とは、知的な発達に遅れはないものの、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」といった、学習面での能力に困難が生じる、発達障害の一種です。(参考:竹田契一『LD(学習障害)のある子を理解して育てる本』)

学習障害についての公式の定義は、「世界保健機関(WHO)やアメリカ精神医学会の定める医学的な定義」と、「文部科学省による教育的な定義」とで内容が異なります。

日本における子どもの学習障害は、基本的に文部科学省による教育的な定義に基づきます。(引用元:文部科学省ホームページ『主な発達障害の種類について』)

  • 学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。
  • 学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。

なお、学習障害は英語名の”Learning Disabilities”を省略して、「LD」と表記されることもあります。

しかし、アメリカなどでは、「LD」を”Learning Difficulties(学習困難)”の略称として、「学び方が異なるだけで、自分にあった学び方さえわかれば学べる」という前向きな意味づけをすることも多いです。

そのため近年の教育現場では、明確な診断がついていなくても、「学習に困難のある子はすべて広義のLD(学習障害・学習困難)として支援していく」という考え方も普及しつつあります

学習障害の種類と症状

学習障害の種類と症状

学習障害には主に以下の6つの種類があります。

①聞くことの障害
②話すことの障害
③読むことの障害
④書くことの障害
⑤計算することの障害
⑥推論することの障害

それぞれの症状を以下に列挙しますので、お子さんが学習障害かどうかを見分ける際の参考にしてみてください。(出典元:宮尾益知『ASD(アスペルガー症候群)、ADHD、LD お母さんができる発達障害の子どもの対応策』)

①聞くことの障害

  • 文章の聞き取りができない
  • 書き取りが苦手
  • 単語や言葉の聞き誤りが多い
  • 長い話を理解するのが苦手
  • 長い話に集中できない
  • 言葉の復唱ができない

②話すことの障害

  • 筋道立てて話すことが苦手
  • 文章として話すことが苦手
  • 会話に余分な事柄が入ってしまう
  • 同じ内容を違う言い回しで話せない
  • 話が回りくどく、結論までいかない

③読むことの障害

  • 文字を発音できない
  • 間違った発音をする
  • 促音(っ)や拗音(小さな「や・ゆ・よ」)をうまく発音できない
  • 単語を読み誤る(「つくえ」を「つえく」と読むなど)
  • 文字や単語を抜かして読む
  • 音読はできるが、意味を理解できない

④書くことの障害

  • 文字が書けない
  • 誤った文字を書く
  • 漢字の部首を間違う
  • 単語が書けない
  • 単純な文章しか書けない
  • 文法的な誤りが多い(てにをはなど)

⑤計算することの障害

  • 数字の位取りが理解できない
  • 繰り上がり、繰り下がりを理解できない
  • 九九を暗記しても計算に使えない
  • 暗算が苦手

⑥推論することの障害

  • 応用問題、証明問題、図形問題が苦手
  • 因果関係の理解、説明が苦手
  • 長文読解が苦手
  • 直接示されていないことを推測するのが苦手

ただし、上記はあくまでも症状の参考例です。

学習障害かどうかの診断は、必ず専門医から受けるようにしましょう

また、こうした学習障害は、一般的には小学校の学習段階で判明します。

しかし、症状が軽度な場合や本人のがんばり次第では、学習内容が難しくなる中学校まで判明しないことがあります

そうした場合には特に早期発見が大切になりますので、保護者の方はお子さんが困難を抱えていないか、どんな困り感を持っているのかに注意するとよいでしょう。

限局性学習障害について

すでに学習障害に関する知識をお持ちの方は、「限局性学習障害」という言葉を目にしたことがあるかもしれません。

限局性学習障害とは、アメリカ精神医学会の定める『DSM-V 精神障害の診断と統計マニュアル』にて示された学習障害のことで、特に「読字障害」「書字障害」「算数障害」の3つに焦点を絞った診断名をいいます

基本的には診断名が異なるだけで、内容としては従来の学習障害と大きく変わるところはありません。

なお、限局性学習障害は、”Specific Learning Disorder”の略称として「SLD」と表記される場合もあります。

学習障害で生じる二次障害について

学習障害で生じる二次障害について

二次障害とは、学習障害に限らず、発達障害に付随して発生する行動面・情緒面での困難や症状を指します

発達障害のあるお子さんは、障害に伴って日常生活に困難を抱えているため、場合によってはいじめや仲間外れなどを経験することもあります。

そのような経験を通して、自信を失ったり、心に傷を負ったりすることで、二次障害を併発する可能性があるのです。

そのため、ご家族や学校の先生が、いち早く変化に気づいてサポートすることが大切です

具体的には、行動面と情緒面で以下のような様態があらわれます。(参考:竹田契一『LD(学習障害)のある子を理解して育てる本』)

■行動面

  • 引きこもり
  • 不登校
  • 家出
  • 暴言や暴力
  • 素行不良

■情緒面

  • うつ病
  • 社会不安障害
  • パニック障害

二次「障害」と聞くと身構えるかもしれませんが、お子さんが落ち込んだとき、または落ち込みそうなときに、きちんとケアできれば問題はありませんので、ご安心ください

また、二次障害に繋がる「元々の障害」は、学習障害だけでなく、アスペルガー症候群などの発達障害である場合もあります。

正確な診断を求めている方は、必ず専門医にかかるようにしましょう。

ちなみにアスペルガー症候群などの発達障害については、以下のコラムに詳しくまとめてありますので、よろしければ併せてお読みください。

学習障害を持つ子どもとの接し方について:3つの注意点

それでは、親御さんは、学習障害のお子さんと接するときに、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

原則は「学習障害を受け入れること」と、「お子さんに寄り添う」ことです

この2点を前提として、順に見ていきましょう。(参考:竹田契一『LD(学習障害)のある子を理解して育てる本』、小池敏英・奥住秀之『これでわかる学習障がい』)

注意点①:否定せずに受容する

否定せずに受容する

注意点の1点目は、「否定せずに受容する」です。

親御さんの中には、お子さんが読み書きなどの基礎的な学習能力に障害があるのを認めずに、障害を否定し、無理に乗り越えさせようとする方がいます。

しかし、学習障害は脳機能の偏りによって生じる、発達障害の一種です。

原因の多くは脳の性質にあるので、努力だけではどうにもならない面がどうしても出てきます

そのため、否定をせず受容するという姿勢が大切なのです。

また、否定することによって、親御さんや学校が勧める学習方法にどうしても馴染めないお子さんが自信を失い、先述した二次障害につながるケースもあります

保護者の方は否定するのではなく、受容するという姿勢を保つようにしましょう。

注意点②:他のお子さんと比較しない

「他のお子さんと比較しない」というのも、重要な注意点のひとつです。

これは、学習障害を持つお子さんの親御さんに限ったことではありません。

優劣をつけるつもりがなくても、知らず知らずのうちに、よそのお子さんとご家庭のお子さんを比べるような発言をする方がいます。

例えば、「〇〇さんはいい学校へ入った」「△△さんは、模試でいい点を取って先生に褒められた」といった話題を頻繁にすると、精神的な負担を感じるお子さんもいるのです

お子さんの学習意欲が大きく低下する可能性もあるため、他のお子さんとの比較は避けるようにしましょう。

注意点③:「がんばれ」と言い過ぎない

「がんばれ」と言い過ぎない

最後の注意点は、「がんばれと言い過ぎない」ことです。

意外に思われるかもしれませんが、否定するのと同様に、過度な叱咤激励も学習障害のお子さんに悪影響を及ぼす場合があります

先述したように、学習障害は脳の性質によって生じるものですので、「お子さん本人がどんなにがんばったとしても、どうしようもない」ケースがあるのです。

例えば、書字障害のあるお子さんに「やっていれば慣れるはず」とひたすら書き取りを求めても、障害を自覚させられるばかりで自信を失いかねません。

大切なのは、そのお子さんにあった学習方法を見つけるために、親として手助けをすることです

多少の励ましであれば問題ないかもしれませんが、的確な学習方法を示さずにひたすら「がんばれ」と言うことは逆効果です。

折に触れて、ご自身の言動に注意してみてください。

学習障害の中学生を持つ親御さんができること

ここからは、特に学習障害の中学生のために、親御さんができることを具体的にお話しします。

ここに挙げる対処法は、基本的には親御さんができるものです。

しかし肝心なのは、ご家庭だけでなんとかしようとするのではなく、「専門家や支援者などの周囲を適切に頼ること」、そして「お子さんの障害にあった学習支援」を実践していくことです

活用可能な支援機関については後述しますので、まずは親御さんができる取り組みを見ていきましょう。(参考:小池敏英・奥住秀之『これでわかる学習障がい』 )

その①:学習障害について正しく学び、お子さんへ伝える

学習障害について正しく学び、お子さんへ伝える

最初にお話しするのは、「学習障害について正しく学び、お子さんへ伝える」ことです。

学習障害によって困難があるとはいえ、お子さん自身はどの程度が障害によるものなのかを把握できていません

そのため学習障害の影響とはわからずに、「ただ自分の努力が足りないだけ」と、お子さんひとりで抱え込む場合があります。

お子さんひとりで悩みを抱えないように、親御さんが学習障害について学び、その症状をお子さんへ伝えるようにしてください。

そうすると、「これは障害の影響なのだ」とわかることで、お子さんは安心感を持つことができます

同時に、そこから具体的な対策を一緒に考えて、実践していくことが可能になります。

学習障害について、お子さんひとりが抱え込むことのないように、一緒に学んでいくという姿勢を心がけましょう

その②:学校の先生や支援機関に相談する

2つ目は「学校の先生や支援機関に相談する」です。

お子さんの主たる学習の場は、基本的には学校です。

ご家庭で抱え込まずに、学校の先生に相談するようにしましょう

近年では、障害のある児童生徒一人ひとりの特性に合わせて適切な指導や支援を行う「特別支援教育」が活発化しています。

通常学級の生徒でも、特別支援教育制度により、学習障害の特性に合った教育を受けることが可能です(詳細は後述します)。

その際は学校だけでなく、関係する支援機関と協力して、お子さんをサポートすることになります。

学習障害のあるお子さんをお持ちの方は、まずは一度、学校の先生や支援機関に相談してみてください。

その③:親同士のネットワークに参加する

親同士のネットワークに参加する

親御さんができることの3つ目は、「親同士のネットワークに参加する」です。

インターネットやSNSの普及に伴い、お子さんの学習障害について、掲示板サイトなどで相談する方もいらっしゃいます。

そうした方法は、頼りになる情報を手軽に手に入れられる一方、ネットの情報や見知らぬ相手の情報は必ずしも信用できるとは限りません。

学習障害の中学生のお子さんを持つ親御さんと繋がって支援の輪を広げたいという場合は、専門の支援ネットワークに参加することをオススメします

例えば、「NPO法人 全国LD親の会」は、学習障害のあるお子さんの保護者による全国規模の会として有名です。

こうした親の会が主催する勉強会や講演会に参加することで、日々の悩みを共有するだけなく、学習障害に関する正しい知識を身につけることができます

ぜひ活用してみてください。

その④:一緒に予習をする

一緒に予習をする

お子さんが勉強をする際に、「一緒に予習をする」のも有効です。

これは、単にアドバイスができるだけではありません。

算数問題を解いていく過程などを見ることで、「具体的にどのような学習障害を持っているのか」を細かく把握できるメリットがあります

また、先述したネットワークや支援機関からのアドバイスで、親御さん自身が見知った学習方法を教えるよい機会にもなります。

「リビングのテーブルで一緒に勉強する」など、ちょっとした工夫を取り入れて、「一緒に予習をする」習慣をつけるのもひとつの手段です。

中には、お仕事などの事情で、「お子さんと一緒に予習する時間を確保することが難しい」という方もいらっしゃいます。

その際は、後述する支援機関などへ相談すると、親御さんの状況に合わせた代替案を得られるかもしれません。

親御さんがお仕事やご家庭の事情で多忙なことは、決して珍しいことではありません。

「お子さんのために時間を確保できないこと」に悩むでのはなく、状況に合わせた適切なサポートを得るようにしましょう。

その⑤:電子機器を取り入れる

親御さんができることの5つ目は、「電子機器を取り入れる」です。

お子さんの学習障害の症状によっては、電子機器を活用することで劇的に効果が上がる場合があります。

例えば、読字障害がある場合には、タブレットやスマートフォンの「読み上げ機能」を用いることで、教科書の内容が追いやすくなります

また、オンライン図書などでは、画面上の読むべき箇所がハイライトされているなど、読みやすくなる工夫がされています

「どのような工夫があれば学習環境が整うか」をお子さんとお話しした上で、それを満たせる電子機器があれば、取り入れるようにしましょう。

お子さんの特性によっては、「学校でも使用したい」という希望があるかもしれません。

その際は、先生や協力機関の支援員に、電子機器の使用を相談してみてください。

学習障害のお子さんが受けられる支援について

ここからは、学習障害のお子さんが受けられる支援についてお伝えします。

支援①:特別支援教育

特別支援教育

特別支援教育とは、「障害のある児童生徒一人ひとりの教育的ニーズを把握し、生活や学習上の困難を改善・克服するための適切な支援を行っていく」という、教育上の取り組みです。(参考:文部科学省ホームページ『特別支援教育について』)

学校と関係機関が連携しながら、お子さんの支援にあたります。

特別支援教育と聞くと、より重度の障害を持つ生徒が行く、養護学校での取り組みに思われるかもしれません。

しかし2007年度から、重度な障害を持つ生徒に加えて、特別な対応が必要であれば、通常学級に在籍する児童生徒でも支援の対象となりました。

もちろん、学習障害や学習困難のあるお子さんも対象に含まれます。

関心をお持ちの方は、担任の先生もしくは後述する支援機関などへご相談ください。

支援②:発達障害者支援センター

発達障害者支援センターとは、学習障害を含む発達障害のあるお子さんだけでなく、その関係者を含む大人もケアしている福祉センターです

実施主体は、都道府県や指定都市となります。

自治体直営の場合もありますが、特定非営利組織が委託を受けて運営している場合もあります。

障害全般についての相談ができる場所は、他にも更生相談所や児童相談所があります。

しかし、発達障害者支援センターの強みは、「発達障害についての相談」に特化している点でしょう

興味を持たれた方は、お近くの発達障害者支援センターに問い合わせてみてください。

支援③:学習支援機関

学習支援機関

国や都道府県が設置しているセンターだけでなく、学習障害などの発達障害を持つお子さんを対象に、学習指導をする民間の支援機関があります。

発達障害の中でも特に学習障害のお子さんについては、それぞれのお子さんの障害特性に合ったサポートができる個別指導の学習塾を探すといいでしょう

塾探しのポイントとしては、「学習障害のお子さんの指導実績があること」「障害に理解のある支援員がいること」が挙げられます。

こうした機関をお探しの場合は、検索サイトで「発達障害 塾」と検索すると、お近くの学習塾を見つけることができます。

学習障害の中学生の進路を考える際の注意点

学習障害のある中学生のお子さんが進路を考える際、注意したい点が2つあります。

注意点①:学習障害に関連する素行などが、内申点に響いていないか

学習障害に関連する素行などが、内申点に響いていないか

1つ目は、「学習障害に関連する素行などが、内申点に響いていないか」という点です。

お子さんの中には、学習障害が原因で授業内容に集中できず、先生から不真面目だと勘違いされる場合があります

特にADHDのような、注意力の欠如が症状としてみられる障害を併発している場合は、長時間椅子に座っているだけでもストレスになります。

そのため、席を立ったりして「素行不良」と思われかねません。

担任の先生に学習障害の相談をする際には、担任の先生だけではなく、学校や学年での共有について必ず依頼しましょう。

注意点②:志望校の学習障害に対する支援状況

進路を考える際の2つ目の注意点は、志望校の学習障害に対する支援状況です。

本来、先述した特別支援教育は、国公私立の区別なく実施されることが理想です。

しかし、今のところ原則として、各学校の裁量に任せているというのが実情です。

特に私立においては、学習障害や学習困難への手厚い支援があるところと、そうでないところが混在していますので注意が必要です

いずれにせよ、進学先を検討する際には、直接学校を訪問して支援体制を詳しく聞きましょう。

まとめ:学習障害があってもサポート次第で成績は伸びます

高校生の不登校

学習障害の中学生のお子さんを持つ親御さんができることについて解説してきましたが、実践できそうなことはあったでしょうか?

大切なのは、「お子さんの症状にあった学習法を実践すること」、「周囲の支援者を適切に頼ること」です

ご家庭での努力だけでは、どうしても負担が大きくなります。

親御さんだけに留まらない包括的なサポートが必要です。

ぜひ本コラムに記載した情報をもとに、学校の先生や支援員に相談しつつ、お子さんをケアする方法を考えてみてください。

私たちキズキ共育塾は、学習障害に悩むお子さんのサポートも可能です。

ご家庭内だけでお悩みを抱えず、ぜひお気軽にご相談ください。

いまから学び直せる

小学校レベルから大学受験対策まで。目的・学力に合わせた完全個別指導。

キズキ共育塾について詳しく見る