受験勉強のスタートは、高3の秋。 効果的な勉強法で現役合格

受験勉強のスタートは、高3の秋。 効果的な勉強法で現役合格

共立女子大学国際学部合格

部活漬けで勉強ができず、高校3年生の秋(11月)からの受験勉強に対応した塾を探していた。そんな中、キズキ共育塾を見つける。どの範囲をいつまでに勉強すればいいのか、ペースがわかる授業で効率的に学習し、無事大学合格を果たす。

受験勉強スタートは、高3の秋。 効果的な勉強法で、無事に現役合格。

部活漬けの高校生活。高3の11月から現役合格対策をしてくれる塾はなかった。

部活漬けの高校生活。高3の11月から現役合格対策をしてくれる塾はなかった。

「大学には行きたい」と、漠然と考えていました。

ですが高校生活は、朝から晩まで部活漬けの毎日。

高校3年生の10月に引退するまで、勉強時間を確保できていませんでした。

そのこともあって、一般入試での受験は難しいと思い、公募推薦で大学へ進学しようと狙っていたのです。

部活を引退した後は、推薦試験のために小論文と面接の対策を重ねました。

学校の評定もよい方だったので、受かると思っていたのですが…結果は、不合格。

家族や学校の先生の励ましを受け、一般受験に切り替えて、勉強することにしました。

志望校は、これまでずっと共学だったこともあって、「共学で英文科のある大学に行きたい」と思い、最初は女子大を敬遠していました。

ですが、ある女子大の英文科の説明会に行ってみると、すごくしっくりくるものがあって、「ここに行きたい」と感じたのです。

その後も、いくつか他の女子大へ見学に行く中で、当初抱いていた女子大に対する先入観はなくなり、また就職率も高いようなので、「いいじゃん、女子大!」と思うようになりました。

だけど、いざ一般入試に向けて勉強しようとしたものの、私は高校も部活の推薦で入学したため、受験勉強の仕方がわかりませんでした。

学校の先生に相談したところ、「今からでも一般入試に間に合う塾や予備校を探してみたら?」と言われました。

私の高校は、あくまで教科書の範囲を終わらせることが大事という考え方。

受験指導に関してはあまり熱心ではなく、入試に出題されるような、応用的な内容を教えてくれるわけではありませんでした。

諸々の事情で、私は浪人できる環境ではなかったため、どうしても現役合格しなければなりませんでした。

そこで、先生に言われたとおり、塾や予備校を探し回ってみました。

しかし予備校では、「高校3年生の11月からの入塾では、今年は無理かもしれませんね」と言われてしまい、途方に暮れていました。

そんなときに、友人の母親経由で、キズキ共育塾を知り、入塾しました。

どの範囲をいつまでにやればいいのか、勉強のペースがわかる。

どの範囲をいつまでにやればいいのか、勉強のペースがわかる。

キズキ共育塾に入ってみて特によかったのは、勉強を進めていく上で、ペースメーカーとなる授業をしてくれたところです。

もし自分一人だけで勉強していたら、膨大な日本史の用語を覚えられなかったかもしれません。

キズキ共育塾のおかげで、どの範囲をいつまでに勉強するのかを明確にした、綿密な計画を立てていくことができました。

また、一対一の完全個別指導形式の授業で、先生の話を聞き流さないよう意識させてくれた点もよかったです。

もし大手予備校の大教室だったら、あまり集中できずに聞き逃し、印象に残らないままだったかもしれません。

キズキ共育塾は、孤独な勉強の中で息抜きもできる塾で、雰囲気がすごくよかったです。

ポイントを絞った授業で、短時間でも効率的に学習。

キズキ共育塾では、先生と相談し、まず受験科目を英語・国語・社会(日本史)の3教科に決めました。

このときに、受験科目や大学の学部に関する情報・知識もたくさん教えてもらいました。

私が志望する大学では、日本史では文化史の出題が多いことがわかったので、授業で重点的に指導してもらいました。

授業は、ときおり雑談を交えながら説明をしていくという流れ。

先生の話によく引き込まれました。

例えば、大頭先生の日本史の授業は、単語の羅列を覚えさせようとする授業ではありません。

日本史のストーリーや面白いエピソードを挟んだ授業をしてくれたので、楽しんで勉強できました。

ポイントを絞った授業で、短時間でも効率的に学習。

試験当日には、キズキ共育塾の授業でまとめたノートを持っていったのですが、授業でやった文化史の内容が大問ひとつまるまる出て、思わずガッツポーズをしてしまいました。

また、別の大学の問題では、最後の授業で扱った範囲がそのまま出題されたこともありました。

そんな日々の中で、ある大学の受験の帰り道に携帯を開くと、母から「先日受験した大学から合格通知が来ているよ」との連絡が。

今まで勉強をあまりしたことのなかった自分も、努力できたんだ!こんな私でも受かったんだ、大学生になれるんだ!と実感したら、思わず涙を流しそうになっていました。

キズキ共育塾の方々にはたくさんお世話になりました。

ありがとうございました。

もしあなたも受験についてお悩みならば、キズキ共育塾にご相談してみることをオススメします。

きっと、あなたにあった指導をしてくれると思います。

(※文中の写真は、全てイメージです。)


以下、キズキ講師が書いた秋からの受験に役立つコラムです。ぜひ参考にしてみてください!

受験勉強が間に合うかなどの不安をお持ちの方は、ぜひご相談ください。ご相談は無料です。


「全日制・定時制高校から大学合格」の他の記事

キズキ共育塾トップページへ

キズキは、不登校・中退・ひきこもり・再受験などもう一度勉強したい人のための塾です。