うつ病から大学受験、合格へ―理解ある講師に助けられた。

明治学院大学国際学部国際キャリア学科合格

中学までは優等生。しかし、中学3年生のときに「勉強をしてもしなくても成績が変わらない」と誤解してしまう。高校に入ってからもその誤解を引きずってしまい、段々授業についていけなくなってしまう。大学受験にまったく気力が出ない「うつ(無気力)状態」、家庭状況の悪化などが重なり最悪の状態に。なんとか立ち直ったころに「どこから学び直せばよいかわからない」という悩みからキズキ共育塾を見つけた。

成績がどん底へ……何にも興味が持てない

小学校のときの僕は「普通」で、どちらかというとクラスの中心的な存在でした。中学校では生徒会長や、部活の副部長をやっていて、いわゆる優等生でした。

今振り返ってみると、この順調な学校生活に落とし穴がありました。中学3年生のときぐらいから勉強に手を抜き出したものの、成績はそれほど変わらない。それで「勉強はしてもしなくても変わらないな」と思うようになっていました。

結局、中学校時代は最後まで成績が落ちず、高校受験はうまくいきました。勉強はしていなかった僕が、第一志望の高校に受かったんです。それもあって、「勉強はしてもしなくても変わらない」という誤解を引きずり、高校入学後も勉強をせずに過ごしていました。

しかし、周りはみんな勉強をしている中、勉強をしない自分は、すぐに高校の授業についていけなくなりました。

ガクンという感じで、成績がどん底に落ちてしまいました。しかし勉強する気は全く湧いてきませんでした。思えばこのころから無気力状態になっていたんですね。「素」じゃない感じで、友人たちとも付き合い、二言目には「興味ない」というのが当時の口癖になっていました。

なんとかして「やる気」をだそうとがんばっても、すぐにその気持ちがなくなってしまう。気持ちを継続させることができず、無気力な毎日がその後の高校生活でもずっと続きました。

そんな状態のまま大学受験もしたのですが、当然というか、現役のときも一浪のときも失敗。しかも、失敗に対して特に何も感じなかったんです。この「何も感じなかったこと」が、無気力状態になっていた証拠だと思います。

家庭崩壊の危機。勉強どころじゃない。

実はこのころ、家庭状況もあまりよくありませんでした。家族がバラバラで、それぞれが孤立していました。精神的にいっぱいいっぱいで、心は瀕死の状態でしたね。

2浪目に入ってからは、大手予備校で受験勉強をしていたのですが、無気力状態だったため何も頭に入りませんでした。かろうじて残っていた意識で「これはやばい」と思い、病院に行ってみました。そこで、薬を処方してもらえたんです。

薬を飲み始めてしばらくは、その影響で寝たきりとなり、体も頭もつらく、大変でした。数か月して、薬がうまく効いてきて、無気力状態から脱するようになってきました。

そこで家族とも話し合いの機会を持てるようになり、家族の状態も徐々によくなってきました。2浪目の冬のことでした。

それまで、受験と家族のことで気持ちが完全にまいっていたのだと思います。勉強も一応していたけど、「どこができていないのか」「どこから手をつければよいか」が一切わからなかった。そんな中、キズキ共育塾を見つけ、入塾しました。

苦しさを理解してくれる先生と出会う。ゼロからはじめた英作文。

初回の授業で、担当講師の方が自分の苦しさを理解してくれて、心が軽くなりました。「無気力状態(アパシー)」と言ってもピンとこない人が多いと思うのですが、先生は即座に理解し、「大変だったね」と声をかけてくださいました。

入塾時点で、入試までの期間がすでにだいぶ限られていたので、勉強時間を確保するのに苦労しました。ただ先生方のアドバイスのおかげでモチベーションを高く保ち、勉強できたと思います。

高校時代から数学と英語が苦手科目でした。特に苦労したのが英語です。虫食い的にちょっとずつ勉強していただけだったので、自分では「何ができていないか」もわからない状態でした。そのため、先生がその都度実力を確認しながら、「自分が理解できておらず」かつ「重要度が高い」部分を集中的に教えてくださり、助かりました。

特に英作文は、それまで全く勉強していなかったのですが、受験予定だった明治学院大学の入試では毎年出題されていたんです。過去問を見る度に「自分じゃどうしようもないな…」と思っていたのですが、授業で英作文の書き方を教えてもらい、なんとか本番に間に合わせることができました。自分が苦手な部分に合わせて授業を行ってくださるのは、個別指導ならではで非常にありがたかったです。

今年(※体験談執筆当時)の明治学院大学の英語の入試では傾向が変わり、「日本語での内容要約」という問題が出ましたが、授業で習った知識を応用し、何とか合格できました。ただ、第一志望だった慶応大学のSFC(総合政策学部)は難しく、一歩届かず補欠合格でした。

大学に合格!今は勉強がとても楽しい。

第一志望にこそ届きませんでしたが、進学予定の明治学院大学国際学部国際キャリア学科は、新設されたばかりの「少人数」「英語教育重視」という望んでいた環境でしたので、満足しています。

また最近は、落ち着いて先のことを考えられるようになって、読書も自発的にできるようになってきました。無気力状態からも脱することができて、「これは関心がある」「これは関心がない」ということも能動的にわかるようになってきました。

昔からの友人たちも、「確かに変わったよね」と言ってくれます。

完全回復ではないけれど、色々なことが楽しいと思えるようになってきました。本当に嬉しいです。大学では、興味・関心を広げながらしっかり勉強したいです。

あなたもお悩みなら、キズキ共育塾にご相談してはいかがでしょうか。きっと温かく迎えられます。

<※文中の写真は、全てイメージです。>


「高卒後ブランクがある状態から大学合格」の他の記事

西野美紀さん(仮名)

国際基督教大学(ICU)教養学部、慶応義塾大学総合政策学部、立教大学社会学部、津田塾大学国際関係学科

高校不登校からうつ病に。苦しみながらもキズキ共育塾で勉強し続け、志望校合格へ。

キズキ共育塾について

キズキは、不登校・中退・ひきこもり・再受験などもう一度勉強したい人のための塾です。