安田祐輔プロフィール詳細

2022年7月7日 木曜日 投稿

安田祐輔

安田祐輔

やすだ・ゆうすけ。1983年横浜市生まれ。キズキグループ代表(株式会社キズキ代表取締役社長・NPO法人キズキ理事長)。

発達障害(ASD/ADHD)によるいじめ、一家離散などを経て、偏差値30から学び直して国際基督教大学入学。卒業後は新卒で総合商社へ入社するも、発達障害の特性も関連して、うつ病になり退職。

引きこもり生活を経て、2011年に不登校・中退経験者のための個別指導塾「キズキ共育塾」開塾(2022年7月現在9校+全国対応のオンラインコース)。2015年に株式会社キズキ設立。

新宿区自殺対策総合会議委員、国際基督教大学(ICU)評議員、明治学院大学社会学部社会福祉学科非常勤講師などを歴任。

株式会社キズキとして、うつ病・発達障害の方の就労を支援する「キズキビジネスカレッジ」の運営(2019年開校、2022年7月現在4校)、不登校の子どものための家庭教師「キズキ家学」の運営(2021年にグロップから事業譲受、2022年7月現在関東・関西で活動)も行う。また、法務省・厚生労働省・地方自治体などから委託を受けて、生活困窮世帯の子どもたちへの学習支援など、累積で約80のプロジェクトを行う。

【単著】
暗闇でも走る』(講談社、2018年4月)
ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に勉強するための本』(翔泳社、2021年12月)

【共著】
いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』(日本評論社、2020年5月)

【インタビュー掲載】
生きづらさを抱えるきみへ』(KKベストセラーズ、2019年6月)
2030年の学校をつくるスクールリーダーへ』(教育開発研究所、2022年3月)など

【メディア出演】
日曜討論」(NHK総合、2022年5月、テーマ:「子ども・若者の声 社会や政治にどう届ける?」/野田聖子こども政策担当大臣などとともに)など

日経新聞インタビュー『働けたのは4カ月 発達障害の僕がやり直せた理由』 国際基督教大学インタビュー「卒業生の声」 現代ビジネス執筆記事一覧 プレジデントオンライン執筆記事一覧 東洋経済オンライン執筆記事一覧

電話で相談・問い合わせ専門スタッフが丁寧に対応させていただきます!

0120-501-858

フリーダイヤル受付時間:
火〜金曜・10〜19時、土曜・10〜18時
※休塾日を除きます

LINEで
相談
資料
DL
フォームで
相談
電話
相談