1. 採用トップ
  2. コラム
  3. 人を支援するとは?

安田祐輔~連載コラム~

プロフィール
安田祐輔(やすだ・ゆうすけ)*1983年神奈川県生まれ。国際基督教大学(ICU)教養学部国際関係学科卒。大学卒業後、総合商社勤務を経てキズキを立ち上げ、現在同代表を務める。中退・不登校経験者向けの受験塾、大手専門学校約6校での学習センター運営に加え、高校・専門学校を中心とした教職員研修、新宿区での就労支援事業、ベトナムでの海外インターンシップ事業など様々なアプローチで若者の後押しをしている。

人を支援するとは?

僕が「人を支援すること」について考えるようになったのは、イスラエル・パレスチナの若者たちを招いた会議がきっかけだった。

その会議は、成田空港でイスラエル人とパレスチナ人が泣きながら別れを惜しむほど成果は出たのだけれども、会議最後の一週間、彼らの東京滞在は大変だった。

大変だった、というのは「イスラエル人とパレスチナ人がケンカしたから」ではない。

安田代表とパレスチナの若者たち
2009年 パレスチナの若者たちと

彼らが六本木で毎晩遊びまわっていたからだ。

「団体を支援してくださった方々のことを考えてほしい」と僕は彼らに伝えたが、「東京に来たのになぜ遊ぶ時間をくれないんだ」と彼らは逆に怒っていた(一応補足しておくと、今でも彼らとの交流は続いていて、当時のことは笑い話になっている)。

僕は、バングラデシュのローカルNGOでインターンとして働いた経験がある。

娼婦街で活動するそのNGOは、彼女ら自身への支援を放棄したことがあった。

貧困から村から売られてきた女性であっても、若くて綺麗な間は農村では手にすることのできない「お金」と「自由」を手に入れることができた。

だからNGOが彼女たちに工場などでの仕事(劣悪な労働環境で、低賃金)を斡旋しても、仕事が続かなかったのだ。

そこで、僕が働いていたNGOは娼婦たちの支援を諦め、その子どもたちの支援にフォーカスすることにした。

また、一年ぐらい前、児童養護施設で学習支援のボランティアをしている方が、ボソッと「みんな、勉強したくてしょうがないのかと思っていた」と僕に話してくれたことがあった。

実際にボランティアで行ってみたものの、そもそも勉強に興味がない子たちがほとんどだったと。

学習習慣がない子が多い以上、勉強に対するモチベーションが低いのはしょうがない。

だから「モチベーションをどう高めるか」が、困難な状況にある子たちの学習支援では重要な課題となる。

でも、そこまで想像力を働かせるのはなかなか難しい。

「ドン底の状態にある誰かを助けたい」と願うとき、僕らはその対象者に一定の振る舞いを要求しがちだ。

そしてその期待が裏切られたとき、「怠け者」「支援なんて必要としていない」などのレッテルを貼ってしまうこともある。

そこには、「彼らも僕らと同じ人間だ」という当たり前の視線が、抜け落ちてしまっている。

例えば、僕だって海外に呼ばれたら、たまには夜遊びはしたい。
給料がよければ、誇りが持てない仕事であっても、辞められないかもしれない。
「毎朝カフェで勉強しよう」とよく計画を立てるが、実行できたことはほとんどない。

支援の対象者だって、それは同じだ。

むしろ、一度困難な状況に陥ってしまうと、「やる気」そのものを削がれてしまうから、なおさら難しくなる(これは過去の僕も同じだった)。

どんな困難な状況にあっても徹底的に努力できる人なんて世の中にほとんどおらず(少なくとも僕はできない)、だからこそ、人の助けが必要なときがあり、ときには行政の助けが必要になる

それらの経験から僕は、支援の対象者だけに清く正しい行動を求めるべきではない、と思うようになった。(2015年10月17日掲載)

キズキ共育塾は挫折した若者が学び直すための個別指導塾です。
現在講師大募集中ですので、ご関心のある方はぜひ講師アルバイトの募集要項をご覧ください。

※2018年4月、安田の自伝本『暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由』が講談社から出版となりました。詳細は講談社公式サイトをご覧ください。

その他の安田祐輔コラムを読む