よくある質問

採用に関し、よくある質問と回答を掲載します。気になることがある方は、まずはこちらをご覧ください。

応募・面接・採用について(講師アルバイト)

仕事内容について(講師アルバイト)

給料・設備・職場環境等について(講師アルバイト)

勤務地・勤務手段・勤務時間について(講師アルバイト)

労働環境などについて(教室運営正社員)

応募・面接・採用について(講師アルバイト)

Q

塾講師や支援業務は未経験ですが、大丈夫ですか。

A

キズキ共育塾で必要な指導力や適性等があれば、経験は問いません(能力や適性は、面接でご確認します。資格や経験よりも、学習指導・支援ができる能力を重視します)。

現在働いている講師にも、未経験からスタートした方が大勢います。採用時の経験者と未経験者の割合は、ほぼ同じです(2016年7月現在)。

授業方法(準備・実施)や心構えについては、研修やマニュアルを用意しています。分からないことや気になることは、講師同士や各スタッフ等が気軽に相談できる雰囲気があります。(2016年8月30日掲載)

Q

大学卒業から時間が経つのですが、大丈夫ですか。

A

キズキ共育塾で必要な指導力や適性等があれば、大学卒業からの時間については問いません(能力や適性は、面接でご確認します。年齢に関わらず学習指導のための知識はもちろん必要ですので、不安な方はご自身で学び直すことをおすすめします)。

現在働いている講師にも、大学生以外に、一度社会人となった人、専業主婦から講師になった人、定年退職後に応募した人等、様々な年齢・経歴の人がいます。採用時の所属の割合は、大学生・大学院生が約40%、社会人・社会人経験者が約60%です(2016年7月現在)。

大学卒業以降の多様な経験が生徒にプラスの影響及ぼすことは多くあり、また、自分と年齢の離れた講師を希望する生徒も多くいます。(2016年8月30日掲載)

Q

キズキ共育塾の講師には、「自身が挫折から克服した経験を活かして生徒さんを指導する人」が多いと聞きました。自分にはそうした経験がないのですが、大丈夫ですか。

A

キズキ共育塾で必要な指導力や適性等があれば、挫折及びその克服経験の有無は問いません(能力や適性は、面接でご確認します)。

キズキ共育塾には、不登校、ひきこもり、学校中退など、自身の挫折と克服の経験を活かして生徒さんを指導している講師が多くおります。ですが、そうした経験のない方でも、生徒さんに真摯に寄り添う姿勢があれば、指導はもちろん可能です。

なお、現在働いている講師の、そうした挫折・克服の経験者・未経験者の割合は、約3対7です(2016年10月現在)。挫折・克服経験のある方もない方も、気にせずご応募ください。(2016年10月31日掲載)

Q

他の塾や家庭教師・支援業務、他業種アルバイト等との掛け持ちは可能ですか。

A

弊社での勤務に支障がなければ、弊社としては問題ありません。掛け持ち相手の副業禁止規定をご確認ください。

なお、掛け持ち相手に副業禁止規定がある場合には、ボランティアとして講師になっていただくことも可能です(ボランティアの場合も、アルバイトと同様の業務を行っていただきます)。(2016年8月30日掲載)

Q

面接に当たり、特に準備することや持参するものはありますか。

A

次回面接や研修について、その場でスケジュールを調整することがありますので、ご自身のスケジュールが分かるものと筆記用具をご用意ください。なお、面接は私服でお越しいただいて大丈夫です。(2016年8月30日掲載)

Q

採用後、すぐに働くことができますか。

A

採用後には、最初に研修を行います。その後、生徒の希望があり次第、授業開始となります。生徒の希望次第ですので、具体的な開始日はお約束できない旨、ご了解ください。

なお、英語・国語・数学等の需要が多い教科を担当する講師や、スケジュール調整を行いやすい講師は、早く業務を開始することが多いです。(2017年3月22日掲載)

Q

面接会場はどこですか。

A

基本的には、勤務をご希望された校舎にお越しいただきます。各校へのアクセスについては、こちらをご覧ください。(2017年9月22日掲載)

仕事内容について(講師アルバイト)

Q

他の塾での塾講師業務と違うところは何ですか。

A

学習指導では、勉強にブランクがある人が多いため、科目指導のみならず、勉強の方法や学習習慣についての指導も行います。学習を通じた自己肯定感の回復も大切にしています。

また、学習指導だけでなく、メンタル支援も行います。メンタル支援では、授業内で様々な内容の相談に乗ることも求められます。

学習指導・メンタル支援ともに、生徒個々の状況に合わせた指導を実施するため、講師の裁量は大きく、また創意工夫が重視されます。(2016年8月30日掲載)

Q

どの程度の授業レベルが求められますか。

A

大学受験合格を目的に据える生徒が大半であり、それに応じた授業レベルが求められます。学習にブランクを抱える生徒に対しては、小学校内容や中学校内容の授業から始めることもあります。(2016年8月30日掲載)

Q

教材はどのようなものを使用していますか。

A

市販の良質な教材を用意しています(生徒さん一人一人に合った教材を選び、生徒さんに経済的負担を軽減するためです)。(2016年8月30日掲載)

Q

受け持ちコマ数、受け持ち生徒数、担当科目数の例や構成について教えてください。

A

こちらをご覧ください。

Q

受け持ち生徒はどのように決定しますか。

A

生徒の希望と特性、講師の特性・スケジュール等を調整の上、決定します。(2016年8月30日掲載)

Q

服装や髪型等に規定はありますか。

A

キズキ共育塾では、講師も、講師以外の職員も、基本的には私服で勤務しています。面接も私服でお越しいただいて大丈夫です。ただし、華美な服装や髪型は禁止しております。具体的に気になることがあれば、応募フォームや面接の場でご相談ください(2016年8月30日掲載)

Q

家庭教師業務や集団授業はありますか。

A

家庭教師業務については、こちらをご覧ください。講師と家庭教師の両方を行っていただくことも可能です(応募フォームは、「より希望する職種」のものをご利用ください)。

集団授業については、経験を積んだ講師に、キズキ共育塾の生徒に向けた少人数授業や提携の専門学校等の生徒に向けた授業を行っていただく場合があります(講師の希望・スケジュール等と調整します)。なお、集団授業のみを行う講師の募集は、現在行っておりません。ご応募は、個別指導講師業務が前提となります。(2017年9月7日掲載)

給料・設備・職場環境等について(講師アルバイト)

Q

給料はどのように支払われますか。

A

毎月、1日始まり月末日締めで給料及び交通費を計算し、勤務翌月の20日に銀行振込でお支払いします(20日が銀行休業日の場合は、その翌営業日となります)。

なお、振込の関係上、ジャパンネット銀行の普通預金口座をご用意していただきます。(2016年8月30日掲載)

Q

生徒の都合で当日の授業がなくなったらどうなりますか。

A

授業がなくなったことが決定次第、ご連絡します。他に授業がなければ、当日の出勤は不要です。すでに出勤していた場合は、往復の交通費を給料に計上します。授業実施に対する給料は、後日、振替授業を実施した場合に計上します(振替授業は発生しない場合もあります)。

なお、なくなった授業の実施に代えて、当日に事務作業や軽作業等を行っていただいた場合には、別途給料を計上します。(2016年8月30日掲載)

Q

将来的に正社員や契約社員となることは可能ですか。

A

可能であり、実例もあります(講師アルバイトから講師正社員、講師アルバイトから講師契約社員、講師アルバイトから教室運営正社員等)。

ただし、正社員・契約社員の募集・登用は、そのときの事業や人員の状況によって行いますので、「希望すれば必ず可能」ということではない旨、ご理解ください。(2016年8月30日掲載)

Q

講師の年齢・所属の構成を教えてください。

A

こちらをご覧ください。

Q

授業を実施・準備するに当たり、校舎で利用可能な設備を教えてください。

A

各種教材(教科書・参考書・問題集等)に加え、ホワイトボード、コピー機、PC、Wi-Fi、スカイプ用機材等をご利用可能です。(2016年8月30日掲載)

Q

授業前の控室や授業内容を準備する場所はありますか。

A

授業前後には、フリースペースの利用が可能です。フリースペースでは、教材やノートPC、コピー機等を用いた授業準備や、講師同士や生徒・各スタッフ等とのコミュニケーション、弁当等を持ち込んでの飲食ができます。(2016年8月30日掲載)

勤務地・勤務手段・勤務時間について(講師アルバイト)

Q

車、バイク、自転車での通勤はできますか。

A

全教室、駐車場・駐輪場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。アクセス詳細については、こちらをご覧ください。(2016年10月31日掲載)

Q

各授業の開始・終了時刻はどのようになっていますか。

A

1回の授業実施時間は90分です(1コマは準備・報告の10分を合わせて合計100分です)。各校舎の授業時間は以下のとおりです。

  • 代々木校:火〜土曜日10時~21時
  • 池袋校:日・月・水曜日10時〜19時、火・木曜日12時~21時
  • 秋葉原校:火・木・土曜日10時~19時、水・金曜日12時~21時
  • 武蔵小杉校:火・木・土曜日10時~19時、水・金曜日12時~21時
  • 大阪校:火・木・土曜日10時~19時、水・金曜日12時~21時

以上の時間帯で、生徒と講師の希望を教務が調整して決定します。なお、同じ生徒に対する同じ科目の授業は、基本的には毎週同じ曜日・時間での実施となります。(2017年9月22日掲載)

Q

勤務校を掛け持ちする、または勤務校を変更することは可能ですか。

A

基本的には、勤務校の掛け持ち及び変更はございません。ただし、状況によって、ご相談に応じます。また、弊社からご相談させていただく可能性もございます。(2016年10月31日掲載)

労働環境などについて(教室運営正社員)

Q

今○○歳ですが(教育や支援の経験がないのですが)、応募は可能ですか。

A

ご応募にあたり、年齢・性別・学歴・職歴などは一切不問です。キズキでは、様々なバックグラウンドを持った人が働いています。(2017年12月21日掲載)

Q

転勤はありますか。

A

一般的に転居が不要な範囲では、個人の事情や希望に最大限考慮した上で、勤務校舎の変更は通常の異動として行われます(例:代々木校勤務から池袋校勤務へ変更)。転居が必要となる転勤は、原則としてございません。(2017年12月21日掲載)

Q

入社後の研修などはありますか。

A

基本的にはOJTの形で業務を習得していただきます。入社後、まずは事務業務を中心に学んでいただきます。平均して入社半年後から、入塾面談や講師面接などの支援業務の習得を開始する方が多いです。

Q

入社後のキャリアステップはどうなっていますか。

A

個人の希望や会社の事業展開の状況に応じて、様々なキャリアの可能性があります。

具体的な例としては、継続して教室運営業務に従事する、教室のマネージャーになる、他事業に異動する…などが挙げられます。

2017年7月より、定期的な面談でご本人の希望を伺いながら、個々が能力や希望に応じて長期的なキャリアを形成できるようサポートする人事制度の運用を開始しています。

会社として特定のキャリアステップの推奨はしておらず、個々が希望やライフプランを踏まえ納得感を持ち働けることを大切にしたいと考えています。

参考として、これまでの社員のキャリアステップ例をご紹介します。

【キャリア例①】
2016年6月 代々木校の教室運営(正社員)として入社、教室運営業務に従事
2017年5月 秋葉原校に異動、教室運営業務に従事

【キャリア例②】
2016年7月 代々木校の教室運営(正社員)として入社、教室運営業務に従事
2016年11月 新規開校した秋葉原校へ異動、教室運営業務に従事
2017年5月 新規開校した大阪校開校へ異動、教室長に着任

【キャリア例③】
2015年10月 代々木校のアルバイト講師として入社
2017年4月 代々木校の教室運営(正社員)にキャリア変更、教室運営業務に従事
(2018年1月19日掲載)

Q

「塾業界」というと、長時間労働のイメージがあるのですが、労働環境はどうなっていますか。

A

塾業界には「休みを取ることができない」「時間外労働が多い」…というイメージがあるかもしれません。ですがキズキ共育塾では、働く人自身が心身共に健康で安心できてはじめて、生徒さんによい支援ができると考えています。

まだ取組途上ではありますが、教室の中での役割(講師、教室スタッフ(正社員))を問わず、一人ひとりが安心して働くことができる職場環境づくりを進めています。

例えば、教室運営担当正社員の1日当たり残業時間は平均して40分程度となっています。不要な事務作業の削減をはじめとする運営効率向上に向けた努力や、同時間でより高い成果の出せるような支援ノウハウの蓄積と共有などを通じて、一般的に長時間労働者が多いとされる塾業界においても、長期的な勤務が可能な労働環境の実現に取り組んでいます。(2017年12月21日掲載)