コラム執筆で「支援を求める方」と「支援したい方」を応援しませんか


※コラム執筆ライターの募集は終了しました。多数のご応募、ありがとうございました。


■キズキ共育塾がウェブサイトを大切にする理由とは?

キズキ共育塾は、「一度つまずいても、繰り返しつまずいてしまっても、いつからでも、何度でもやり直せる社会をつくる」という理念の下で運営される個別指導塾です。

キズキ共育塾では、不登校・ひきこもりなどの「困難」を経験した方をはじめ、年齢を問わず「人生をもう一度やり直したい」と考えている方が次のステップに進むための授業(支援)を行っています。

さて、キズキ共育塾は、「支援を求める方」と「支援をしたい方」の両方に向けて、ウェブ上で積極的に記事(コラム)を公開しています。それには、以下のような理由があります。

「支援を求める方」、つまり不登校・引きこもり・高校中退の当事者・経験者・保護者などの困難な状況にある方は、他人とのコミュニケーションが少なく、孤独の中で「もうやり直せないのではないか」と自身やお子さまの将来を悲観していることが多くあります。

だからこそ、コミュニケーションが必要な「口コミ」ではなく、誰でもアクセスできる「ウェブサイト」を通じて、悲観的になっている方々が将来に希望を持ち、「やり直し」に向けて前向きになれるような情報を積極的に発信する必要があります

その上で、コラムを読んで「キズキ共育塾の雰囲気や世界観などが自分に合っている」と思えた場合には、キズキ共育塾を社会復帰や将来的な自立のための選択肢とすることができます。

また、「支援をしたい方」にとっても、ウェブでの情報発信は重要です。

支援団体は多く存在するため、理念や手法や雰囲気などの具体的な情報がなければ、「どの団体で働けばいいのか」を判断することができないからです。

そこで、「キズキ共育塾の支援」についての情報を積極的に発信することにより、「キズキ共育塾の支援」に合った方がキズキ共育塾を見つけやすくなり、キズキ共育塾での支援ができるようになります。

実際に、「支援を求める方」「支援をしたい方」ともに、コラムを読んで問い合わせをしてくださる方は大勢いらっしゃいます。


■あなたも、キズキ共育塾のサイトで記事(コラム)を掲載しませんか?

以上を受けて、キズキ共育塾は、記事(コラム)を執筆していただくライターを募集しています。

各記事は、特定のテーマ(キーワード)に基づき、「ライター自身の思いや経験」、「各種データ」、「キズキ共育塾の理念や支援内容、事例」などを合わせ、SEOも意識して執筆していただきます。

テーマは、不登校、引きこもり、高校中退など様々です。

現在のコラム執筆は、キズキ共育塾の講師、自らも不登校や引きこもりや中退の経験者、マスコミ出身者、教育業界出身者など、様々なバックグラウンドを持つ人が担当・活躍しています。

自分の不登校や引きこもりの経験を活かして、いま困っている方の支えになりたい方。
不登校や引きこもりの経験はないけど、そうした方々を勇気づけたい方。
自分の教育(支援)についての思いや経験を活かして、支援したい方の背中を押したい方。
何度でもやり直せる社会をつくりたい方。

そんな方は、ぜひご応募ください。あなたの思いや経験で、困難な状況にある方や支援したい方を応援しませんか?

未経験者も歓迎です!

記事執筆の経験がない方も安心してご応募ください。実際に、現在のコラム執筆担当者のほとんどは、未経験からスタートしています。

また、「キズキ共育塾の理念や支援内容、事例」の具体的な内容については、必要に応じて学んでいただけます(基本的な理念などについては、「会社案内」などをご覧ください)。「SEOを意識した執筆」についても、基本的な研修を行います。

なお、現在公開している「支援を求める方」向けのコラムはこちらをご覧ください(特に「不登校について〜キズキ共育塾の事例から〜」や「引きこもりについて〜キズキ共育塾の事例から〜」などのコラムが、前掲の目的のために執筆されたコラムです)。

「支援したい方」向けのコラムはこちらをご覧ください(特に「講師応募を検討中の方向けコラム」が前掲の目的のために執筆されたコラムです)。


■ライターの仕事内容・募集要項など

①概要

「支援を求める方」と「支援をしたい方」に向けて、特定のテーマ(キーワード)について、執筆者の思いや経験、各種データ、キズキ共育塾の事例などに基づいたオリジナルの記事(コラム)を執筆していただきます。必要に応じて、テーマに関する市場調査なども行っていただきます。

記事のテーマ、方針、修正・変更などについては、週に1回(1時間)開催する編集会議で話し合います(修正・変更は編集担当者が直接行う場合もあります)。


②想定読者と記事内容について

  1. 「支援を求める方」について…
    不登校・引きこもり・中退などの「挫折」の当事者・経験者・保護者がメインの想定読者です。執筆者の思いや経験などを活かし、彼らが将来について前向きになれるような記事を執筆していただきます。
    また、特に「挫折」を経験していない、通信制高校から大学受験を目指す方、社会人からの学び直しをしたい方、勉強やコミュニケーションの方法を知りたい方向けの記事も執筆していただきます。
  2. 「支援をしたい方」について…
    不登校支援をしたい方、塾講師になりたい方など、教育・支援業務に興味のある方がメインの想定読者です。キズキ共育塾の理念や指導内容、魅力などを伝え、働きたいと思えるような、不安を取り除けるような記事を執筆していただきます。
    また、現時点で支援に興味がない方、塾講師になりたいと思っていない方の興味を引くような記事も執筆していただきます。

③勤務時間について

個別にご相談させていただきます。
目安として、週に16時間程度(月に64時間程度)の時間を確保いただき、5,000文字のコラムを月に3本前後作成していただくとお考えください。


④勤務地について

執筆作業は来社して行っていただく必要はなく、在宅ワークなどとなります。

毎週水曜日の14時半〜15時半に実施している編集会議には、キズキ本部(東京都渋谷区千駄ヶ谷)に来社してご参加いただきます。ただし、スカイプなどによるオンライン参加については相談可能です(面接もオンライン実施の相談可能です)。


⑤勤務期間について

6か月以上勤務可能な方を募集します。
なお、労使双方でお互いのミスマッチをなくすため、研修期間が1か月あります。研修期間の終了後に、労使双方の合意によって、勤務を継続するか否かを決めさせていただきます。


⑥待遇(給料)について

  • 時給980円(研修期間中は960円)です。
  • 来社して編集会議に参加する場合は、別途、1往復1,000円まで交通費を支給します。
  • 副業を禁止されている社会人の方は、ボランティアとしてご活躍いただくことも可能です。ボランティアを希望される方は、応募フォームの「志望動機」欄に「ボランティア希望」とご記入ください。

⑦補足

  • 記事執筆は、ご自身のPCで行っていただきます。
  • 採用決定後は、記事執筆の基本研修を行いますので、未経験者でもご安心ください。
  • 記事の公表にあたっては、本名またはペンネームの利用が可能です。
  • 記事の著作権はキズキが所有するものとしますが、ご相談に応じます。

⑧募集要項まとめ

雇用形態 アルバイト
業務内容 「支援を求める方」と「支援をしたい方」に向けた記事(コラム)の執筆。必要に応じてテーマ(キーワード)の市場調査
1記事の文字数 上限・下限文字数の設定はありませんが、目安として1記事5,000字程度とお考えください
給料 時給980円。1か月の研修期間あり、別途交通費支給
勤務地・勤務時間 9時〜22時の間で、自由な時間の在宅ワーク
毎週水曜日の14時半〜15時半、キズキ本部(東京都渋谷区千駄ヶ谷)にて編集会議に参加(オンライン参加相談可)
応募条件 ①自分の思いや経験を、いま「支援を求めている方」や「支援をしたい方」に活かしたいこと
②半年以上勤務できること
③目安として、週に16時間程度(月に64時間程度)確保し、月に3本前後の記事(コラム)を執筆できること(相談可)
④編集会議に参加できること(キズキ本部に来社またはオンライン参加)
選考プロセス
  1. 書類選考(エントリーフォーム審査)
  2. 面接及び課題作成(テーマに沿って、1,000文字程度の作文を行っていただきます)
その他 ライター経験、教育経験、支援経験、年齢、経歴(学歴・職歴)、各種資格は不問
記事の著作権はキズキが所有(相談可)