大阪府吹田市より「生活困窮世帯の子どもの学習支援教室事業」を受託しました

2018年7月31日 火曜日 投稿

弊社、株式会社キズキ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:安田祐輔)は、大阪府吹田市が実施する「生活困窮世帯の子どもの学習支援教室事業」を受託いたしました(受託期間:2018年8月〜2020年7月)。

本事業では、進学や学習の機会が十分に用意されていない生活保護世帯を含む生活困窮世帯の中学生に対して、学ぶことのできる場の提供、補助学習への動機付けを含めた学習支援を行います。

対象者にあった高等学校進学及び安定した高等学校生活を実現するとともに、社会性や協調性の育成を通して子どもの将来的な自立を促し、貧困の連鎖の防止を目指します。

創業以来、弊社は「何度でもやり直せる社会をつくる」というミッションを実現するため、困難を抱える子どもたちや若者の学びを一貫して支援してまいりました。

今回の「吹田市生活困窮世帯の子どもの学習支援教室事業」においても、弊社の持つ人材や知見を活かすとともに、吹田市や他の支援機関と協働することで、子どもたちを「学び」と「こころ」の両面からサポートし、地域の課題解決に向けて貢献してまいります。


【「生活困窮世帯の子どもの学習支援教室事業」のご利用に関する問い合わせ窓口】
吹田市役所生活福祉室(TEL:06-6384-1350)までご連絡ください。


【「生活困窮世帯の子どもの学習支援教室事業」のボランティア募集のお知らせ】
キズキグループ採用情報サイトをご覧ください。