自身の「特性」への「気付き」を積み重ねて、今後の力にできるサポートをしたい。

安田裕利

キズキビジネスカレッジ新宿御苑校の支援員。社会福祉士の資格を保有。前職で「障害のある高校生」の支援をしている中で、「より一人ひとりに向き合って、多様な進路への就職支援を実現したい」と強く感じるようになり、キズキビジネスカレッジへ参画。個別面談や一部の講座を担当し、利用者が安心できる雰囲気づくりを意識しながら、通所する利用者のサポートを行っている。

安心して通所できるように個別面談などでサポート

普段は、利用者さんの生活面やメンタル面で不安なことをお伺いする個別面談をしたり、通院中の病院、保健センター、公的な窓口など、関係機関の方々との調整を行ったりしています

面談の場以外でも、挨拶やちょっとしたコミュニケーションを欠かさないようにして、いつも安心して通所いただけるようサポートをしています。

また、利用者の皆さまが、「自分が何を優先して働きたいのか」「自分にとっての適職は何か」を見つけるために、「自己理解を深める」ことを目的とした講座も担当しています

「多様な進路への就職支援」を実現するためにキズキビジネスカレッジへ

安田裕利

キズキビジネスカレッジに参画したのは、キズキの理念や支援内容に共感したことがきっかけです

前職では、発達障害や自閉症などの「障害のある高校生」の支援をしていました。

具体的には、中高生の放課後等デイサービスで進路の相談を行ったり、「障害者雇用で、作業場などの施設で働きたい」という希望を持つ方に、就職に向けたトレーニング行ったりと、利用者に寄り添ったサポートが中心です。

とても充実した経験を重ねていたのですが、そうした中で、「障害者雇用や作業的な仕事だけでなく、それ以外の選択をする人が、幸福につながるような支援を行いたい」「高校生以外の支援も行いたい」と、さらに多くの方を支援したいと思うようになったのです。

いつしか、一人ひとりに向き合って、障害者雇用、一般枠での雇用などの垣根を越えて「多様な進路への就職支援」を実現したいと強く感じるようになりました

キズキビジネスカレッジであれば、きっとその思いを実現できると思ったのです。

「教える」ではなく、「フィードバックをする第三者」して授業に臨む

私が担当する「自己理解を深める」ことを目的とした講座は、「誰でも参加しやすいような雰囲気」を作れるように意識をしています。

また、講座とは言っていますが、私は先生という上の立場ではなく、「フィードバックをする第三者の立場でいること」を心がけて、授業に臨んでいます

自己理解は教わるものではなく、自分自身で理解することが大切で、上から「あなたはこういう人だ」と押し付けて指導するものではありません。

あくまで、その人が自己理解を深めるためのヒントを出して、サポートをすることがこの講座の目的です。

利用者のみなさんが自分のことを考えるヒントを得て、自分で考える機会を持てるようになればよいと考えています

自身の「特性」への「気付き」を積み重ねてほしい

また、「ADHDやうつの人はこういう特性がある」という押し付けもしないように心がけています

人はこれまでの経験、過ごしてきた環境によって価値観が形成されるものです。

もちろん、ある程度共通する「特性」があることは事実ですが、一人ひとりの人間をその「特性」だけで語ることはできないと考えています。

しかし、発達障害に悩む方の中には、その「特性」に悲観する方も多くいます。

例えば、白黒思考で考え方に偏りがあり、答えが出ない苦しさで自分自身を責めた結果、自己嫌悪に陥るなどの経験を持つ方もいるでしょう。

しかし、それは自分自身で「白黒思考になっているな」と気付いてコントロールができるようになれば、きっと自身が培ってきた価値観に基づく考え方をより前面に出せるはずです

そのような気付きを少しずつ積み重ねていけるよう、私たちキズキビジネスカレッジがサポートできればと思います。

「人と違うところ」を受け入れて今後の力に

安田裕利

あなたの中にある人と違うところを自分で受け入れてあげてください

「専門や大学に行かなければいけない」「大学は4年で卒業するべきだ」「仕事にちゃんとつかなければいけない」といったように、自分を責めないでほしいです。

仕事に就いていない時期があったとしても、次の一歩に進むために、私たちキズキビジネスカレッジのような就労移行支援があります

どんな時間を過ごしていても、あなたにとっては、きっと大事な時期のはずだと思います。

自分を否定するのではなく、力を合わせながら前に進むためにも、まずはお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

無料相談に申し込む 03-6265-3652