「キャリアチェンジで即戦力に!」キズキビジネスカレッジがプロフェッショナルコースを新規開講 | キズキビジネスカレッジ

「キャリアチェンジで即戦力に!」キズキビジネスカレッジがプロフェッショナルコースを新規開講

2022年02月09日

うつや発達障害などの方々のための就労移行支援事業所「キズキビジネスカレッジ」は、2022年2月1日から、専門スキルの習得後に実務体験が積める「プロフェッショナルコース」を開講しました。

就労移行支援の現状の課題

就労移行支援を受ける利用者は、障害者雇用の求人を勧められがちです。一方、全員が障害者雇用を望むわけではなく、それぞれの特性や働き方にあったキャリアを求めている方も多くいらっしゃいます。

しかしながら、一般雇用やフリーランスでの実務に活かせるような「専門スキル」の講習を実施している事業所は、いまだ多くありません。さらにその専門スキルをキャリアチェンジ後の業務にまで結びつけられる実務体験を提供している事業所は、より少ないと言ってよいでしょう。

キズキビジネスカレッジの特徴

キズキビジネスカレッジでは、利用者各人に合わせたキャリア支援に留まらず、専門スキルの習得まで、手厚くサポートしています。具体的には、会計・英語・Webマーケティング・Webライティングなど、業務に活かせる実践的な専門スキル講習を実施しています。

このような支援内容の充実によって、令和2年度には、一般雇用での就職実績が44%、就職後の継続率では100%を達成しました。今後、利用者がさらに安心して就職できるように、2022年2月1日から、専門スキルを活用した業務体験が積める「プロフェッショナルコース」を開講しました。

プロフェッショナルコースとは

プロフェッショナルコースの一番の目的は「身につけたスキルを使いこなすこと」です。開講にあたっては、3つの『実』にこだわることをコンセプトとして掲げています。

■実の1…まずは要件に応じた『実物の制作』。専門スキルを活かして、企業に納品する制作物を実際に作っていきます。Webライティングを例に挙げれば、一定の品質基準をクリアすることで、企業HPなどへの正式採用・掲載が認められます。実績と自信を積む絶好の機会です。

■実の2と3…さらには希望職種に応じた『実践的な就労体験』も可能です。Webデザインや動画クリエイティングなど、インターン形式を採用し、ビジネスシーンをよく知る『実際のプロフェッショナル』が、受講者一人ひとりに個別的なアドバイスをします。専門スキルと実務の橋渡しができる環境を整えることで、キャリアチェンジで即戦力になれる支援を実施します。


■各コースの紹介

2022年2月1日に開講したプロフェッショナルコースは、以下の3つです。

Webライティングコース

  • WebライティングにはGoogleなどの検索エンジンで上位に表示されるための「SEOライティングスキル」が必要です。Webライティングコースでは、実際にSEO記事を制作しながら、SEOライターの目の付けどころや実際の働き方を体感していただきます。

Webデザインコース

  • 広告のためのWebデザインには、バナー等の「広告クリエイティブスキル」が求められます。実際に成果物を制作しながら、Webデザイナーとしての働き方を体験していただきます。

動画クリエイターコース

  • 動画クリエイターコースでは特に「eラーニング動画教材」を制作しながら、動画クリエイターとしての実際の働き方を体感していただきます。

今後開講予定のコース

  • プログラミングコース
  • 英語(翻訳)コース
  • 会計(簿記)コース

お問い合わせ先

KBCのプロフェッショナルコースや、通常コースのご利用にご興味のある方は、下記からお気軽にご連絡ください。

相談予約 フォームで相談 LINE相談 資料無料DL 電話相談
新宿代表 (新宿御苑校/新宿校):03-6265-3652

受付:月〜土曜日 10〜17時

横浜校:045-534-9855

受付:月〜金曜日 10〜17時

大阪校:06-6147-2221

受付:月〜金曜日 10〜17時