発達障害の「疲れやすい」その5つの原因と今すぐ使える対策法!

2019年10月11日

発達障害を抱えるあなたは、日々「疲れやすい」と感じていませんか?

「疲れやすいのは、発達障害に由来します。」

こんなことを言うと、驚く方もいるかもしれません。

しかし、音に過敏である、集中しすぎてしまうなどの発達障害の特性から、疲れやすいことに困る当事者は多いと言われています。

そこで今回は、発達障害と「疲れやすい」の関係・原因をまとめるとともに、解決法・対策法について、当事者の方々にインタビューも行いました

この記事が、発達障害による「疲れやすい」に悩むあなたの一助となれば幸いです。

オンライン対応 オンライン対応  

発達障害者が疲れやすい5つの原因

この章では、「発達障害を抱える方がなぜ疲れやすいのか」を説明したいと思います。


原因①周囲に適応しようと無理をしている

原因①周囲に適応しようと無理をしている

発達障害を抱える方は、周りの人や環境に適応しようとする中で神経をすり減らしてしまうことで疲れやすい方が多いです

例えば、ASDの方は、空気が読めないという特性があるために、周囲の人の雰囲気や感じていることを把握するために、頭をフル回転して周りの状況を分析するケースが挙げられます。

このように、発達障害ではない多くの人が無意識にしていることでも、発達障害を持つ人にとっては心身に過度の負荷をかけていることがあるのです。


原因②睡眠をうまく取れない

原因②睡眠をうまく取れない

発達障害を持つ方は、二次的な問題として、睡眠障害を抱えて疲れやすい方が多いです

具体的には、エアコンの音が気になって寝つけなかったり、逆に日中の仕事で疲れ果てて夜に寝すぎてしまったりで、日常生活に支障をきたしてしまう場合がある、ということです。

睡眠不足や過眠は、疲れにつながります。

特にADHDの方は、子どもの場合25%〜50%が睡眠に問題を抱えていると言われています。


原因③感覚が敏感である

原因③感覚が敏感である

発達障害の方の中には、一般的には不快に感じないレベルの音、光、匂いや肌触りなどの刺激に対してとても敏感で、疲れやすい方がいます

例えば職場のエアコンの音が気になって仕事に集中できない、首周りに触れる服(タートルネックなど)を着ると違和感で吐き気がするなどがあります。


原因④身体を上手に動かせない

原因④身体を上手に動かせない

発達障害を持つ方の中には、極端に不器用だったり、力の入れ具合を調節することが苦手だったりするために、身体を効率よく動かすことができないことで疲れやすい方がいます

「電車でつり革を持って立つ」、「靴ひもを結ぶ」といった日々行われる動きを上手にできず、普通に生活しているだけでも疲れてしまう方が多く見られます。


原因⑤集中しすぎてしまう

原因⑤集中しすぎてしまう

発達障害者の方には、注意がそれやすい一方で、自分の興味がある事に対しては過度に集中することで疲れやすい方がいます

締め切り間近の書類仕事を短時間で終わらせたり、学校の試験中に問題へ没頭することで高得点をあげたりといったメリットも見られます。

ですが、過集中は、多くの場合で心身に大きな負担をかけることになります。

発達障害当事者が実際に行う、「疲れやすい」への5つの対策法

実際に発達障害当事者の方々から、上記の「疲れやすい」に関する対策法をインタビューしました。

どれも実際に効果があった方法ですので、あなたもぜひ試してみてください。


対策①周囲への適応を気にせず、社会常識にとらわれないようにする

対策①周囲への適応を気にせず、社会常識にとらわれないようにする

周囲に適応しようと無理をして疲れやすい方は、社会常識にとらわれない考え方を身につけるとよいでしょう

「常識」に無理に合わせないことで、疲れが発生しなくなります。

【具体例】

「人と交流すべきだ」「友達は多い方がよい」のような社交に関する社会常識に流されずに、1人で行動する時間を増やしました。

そのおかげで、周りの人に合わせるために無理をすることが減り、人間関係のストレスも和らぎました。(H.Kさん)


対策②睡眠のためのリラックス法を行う

対策②睡眠のためのリラックス法を行う

睡眠をうまく取れなくて疲れやすい方は、寝る前にリラックスする方法を試してみるとよいでしょう

良質な睡眠を取ることができれば、疲れは発生しません。

【具体例】

入浴時に冷水シャワーと温水シャワーを交互に目へ当てる、「アイシング」と呼ばれるリラックス法を実践しています。

これによって、PC作業で緊張した目の筋肉をゆるめることができています。

目は脳とつながっているため、目の筋肉がゆるむと脳の興奮もおだやかになり、スムーズに入眠しやすくなります。(Hさん)


対策③敏感な感覚を緩和するため、器具を使ったり服装を工夫したりする

対策③敏感な感覚を緩和するため、器具を使ったり服装を工夫したりする

感覚が過敏で疲れやすい方は、ITやテクノロジーの力を借りたり、身体に触れるものを工夫しましょう

特に、周囲の環境によって症状を大きく左右される方にオススメです。

自分の特性に合う器具や工夫が見つかれば、疲れなくなります。

【具体例①】

音に対して敏感なため、外出中はノイズキャンセリングのヘッドホンをつけています。

このヘッドホンがあると普段大きなストレスを感じる音(人の話し声やクーラーの作動音など)が気にならなくなり、以前よりも快適に過ごせるようになりました。(K.Fさん)

【具体例②】

首もとが詰まった服(タートルネックなど)を着るときや、ネクタイを締めるときに、首に違和感をおぼえて息苦しくなってしまいます。

そこでTシャツのように、首が圧迫されない服装で生活するように心がけ、就職活動も「Tシャツで出勤可能」という条件をつけて行いました。

そのおかげで、服装から起こる身体の疲れは大きく減りました。(Y.Kさん)


対策④身体を上手に動かせないなら、苦手な動作などを避ける

対策④身体を上手に動かせないなら、苦手な動作などを避ける

体を上手に動かせなくて疲れやすい方は、苦手な動作を求められる状況をなるべく避けるとよいでしょう

変えられる動作を見つけて変えることで、疲れなくなります。

【具体例①】

手先が不器用なため、靴ひもをうまく結べません。

対策として、スリッポンやローファーなどの、ひもを結ばずに履くことができる靴を選んで買っています。(K.Tさん)

【具体例②】

人ごみの多い道を歩いていると、向かいから来る通行人の方とぶつかってしまいます。

そうなると身体も心も疲れ果ててしまうので、なるべく人通りの少ない道や、時間帯を選んで通勤するようにしています。

例えば、早起きして通勤ラッシュの時間帯を避けるように心がけています。(H.Wさん)


対策⑤集中しすぎてしまうなら、アラームを使う

対策⑤集中しすぎてしまうなら、アラームを使う

集中しすぎて疲れやすい方は、アラームを使って、意識的に集中を途切れさせるとよいでしょう

特に、自分では集中していることに気づかない人にオススメです。

過集中が発生しなければ、疲れも発生しません。

【具体例】

本を読むときに没頭しすぎることを防ぐため、15分ごとにアラームで区切りの時間を教えてくれるスマホアプリを使っています。

このアプリを利用するようになってから、適度に休憩を取りながら、身体に負担なく読書や勉強をできるようになりました。

また、結果的に1日に読めるページ数も以前と比べて多くなっています。(R.Nさん)

まとめ〜疲れやすいから、とあきらめないで〜

まとめ〜疲れやすいから、とあきらめないで〜

以上、発達障害に由来する疲れやすさの原因と、その対策法をお伝えしました。

同じような悩みを抱えるあなたの一助となったなら幸いです。

発達障害からくる疲れに悩んでいる人は、日常生活の中で様々なカベにぶつかるかもしれません。

しかし、それは多くのことをあきらめなくてはならないという意味ではありません。

疲れやすいポイントがたくさんあるということは、その対策もたくさんあるということです

発達障害の特性がいろいろあるように、疲れへの対策方法も人によってさまざまです。

また、自分ひとりで疲れやすさと向き合う必要もありません。

家族、医師、同じような悩みを持つ人の話、行政のサービスといった周りの力も借りて、あなたなりの「疲れと向き合いいながら自分らしく生きる方法」を探してみましょう。

さて、発達障害を持つ方は、疲れやすいこと以外にも、キャリアプランや人間関係などについても悩みをかかえがちです。

そうした悩みについても、あなた一人で抱える必要はありません。

「自身の発達障害と、キャリアプラン・プライベートでの人生計画をどう考えようか」「発達障害の自分に向いた仕事は何だろうか」といったお悩みがある方は、就労移行支援施設に相談してみましょう。

私たちキズキビジネスカレッジは、うつや発達障害の方のための、就労移行支援事業所です。

就労移行支援事業とは、一般企業での就職や、仕事で独立する事を目指す障害者の方の、本人に適した職場への就職・定着を目的として行われる、障害福祉サービスの1つです。

ADHDであることが診断書から明らかな場合などは、国の補償で最低0円から就労支援を受けられることもあります。

キズキビジネスカレッジの特徴は、会計・ファイナンス、マーケティング、プログラミング、ビジネス英語などの高度で専門的なスキルを学べる講座やプログラムを用意していることです。

少しでも気になる方は、【キズキビジネスカレッジの概要】をご覧の上、お気軽にお問い合わせください(ご相談は無料です)。

【参考情報】

オンライン対応 オンライン対応
無料相談に申し込む 03-6265-3652