英語の単語と熟語をどう覚える?(半村講師)

英語の単語と熟語をどう覚える?(半村講師)

2013年8月10日 土曜日 投稿

キズキ共育塾・講師の半村です。

今日もやってきた英語の授業。
英語と言えば単語。
単語と言えば暗記。
暗記と言えばやりたくない。
したがって英語はやりたくない…

こんなことを思っていらっしゃる方もきっと多いことでしょう。

しかし、英語は単語だけではありません。熟語というやつもあるのです。

どうでしょう。ますます英語が嫌いになってきましたか?

単語を覚えるだけでも苦痛なのに熟語を覚えるなんて…いったいどうすれば熟語が頭に入ってくるのでしょうか。

今回の文章では、あなたが単語と熟語を覚えるときに助けになることを書ければと思います。


似た意味同士で覚えてみる

walk(歩く)、rest(休む)…色々な動詞がありますが、実はwalkの「歩く」だけを覚えるより、この機会に「take a walk」という表現もついでに覚えてしまいましょう。

この「take a walk」で「歩く」という意味の熟語になります。

実は「take a rest」も「休む」という意味の熟語になります。

これらは見かけもお互いに似ていますが、世の中には見かけは全然違うのに、意味は似ている言葉があります。

たとえば、reachとarrive atとget toは「~に到着する」という意味の表現です。respectとlook up toは「~を尊敬する」という表現になります。

このように意味が似ている表現をまとめて覚えてみれば、いちいち一回ずつ覚えるのに比べれば少し楽になるかもしれません。


短い文で覚えてみる。特に興味の持てる文で

単語でも熟語でもそうなのですが、あなたは、「breakを十回書く」とか「belong toを十回書く」とか単語だけや熟語だけを繰り返し書いていませんか?

単語でも熟語でも、実際の使い方を覚えたほうがいざというとき役に立ちます。

そのためには短い文をまるごと覚えてしまった方が実は楽かもしれません。

たとえば、
My PC has broken down.(私のPCが故障しちゃった)
I belong to Survey Corps.(私は調査兵団に所属しています)
などです。belong toの文ではちょっと流行の素材を使ってみました。

どうですか?あなたにとって文で覚えた方が楽でしょうか?

もし自分にとって面白いと感じる文があったらそれを丸ごと覚えるというのも手です。


自分のタイプを知る

今から「単語、熟語だけ」と「それを使った文」を書いてみます。

自分がどっちが覚えやすいかまずは試してみてください。

自分が単語や熟語だけを覚えたほうが頭に入るタイプなのか、文で覚えたほうが頭に入るタイプなのか、まずは自分を知ることが大事です。

  1. take part in(~に参加する)
    We took part in that project.(私たちはそのプロジェクトに参加した)
  2. pay attention to(~に注意を払う)
    Nobody paid attention to him.(誰も彼のことを気にしなかった)
  3. take a look at(~を見る)
    She took a look at the Great Wall.(彼女は万里の長城を見た)
  4. to tell the truth(実を言うと)
    To tell the truth, that robot is afraid of rats.(本当のことを言うと、そのロボットはネズミが怖いんだ)
  5. be able to do(~できる)
    That titan was able to destroy the wall.(その巨人は壁を破壊することができた)

どうでしたか?この文章があなたの助けに少しでもなれば幸いです。


ゼロからの学び直しや受験勉強のやり直しは、ぜひキズキ共育塾にご相談ください。講師とスタッフがあなたの学びを温かくサポートします。ご相談は無料です。

関連リンク